【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

No.350【アオハライド】

 評価:80点/公開:2014年/邦画/ジャンル:恋愛/監督:三木孝浩


 2011年〜2015年まで、『別冊マーガレット』にて連載されていた、咲坂伊緒の原作漫画の実写映画化。

 2014年には、全12話で、アニメ化もされている。

 タイトルの「アオハライド」は、「アオハル(青春)+ライド(ride)」=「青春に一生懸命乗っていく」との意味を込めた、作者の造語である。

 本作は、月9を思わせる、青春王道恋愛ラブストーリーである。

 本作の最大の魅力は、主人公の吉岡双葉を演じる、本田翼の愛らしさであろう。

 彼女は、元気に走る姿が、本当に良く似合う。正直、本田翼の演技は、下手としか言いようがない。

 しかし、その下手さが、更に、彼女を愛らしく感じさせてしまうのは、何故なのか、不思議でしょうがない。

 主人公の双葉が、好きになる、馬淵洸を演じるのは、東出昌大。

 彼もまた、少々、ひねくれた、性格の役柄が似合っている。

 洸は、母を肺癌で亡くしたという、辛い過去を背負っている。

 その洸の苦しみを、双葉と仲間達が、取り除こうとするのが、本作のメインストーリーである。

 双葉と同じく、洸を好きになる、親友の槙田悠里を演じるのは、藤本泉。

 筆者は、彼女を本作で、初めて見たような気がしたが、2010年から、本格的に多数のドラマに出演しており、筆者も何本か、彼女の出演ドラマを見ている。

 しかし、全く、印象に残っていなかった。

 双葉と悠里の親友、村尾修子を演じるのは、新川優愛。

 彼女は、学園ドラマの常連で、2012年の『GTO』、2013年の『35歳の高校生』、2014年の『夜のせんせい』『水球ヤンキース』など、多数の学園ドラマに出演し、2015年の『恋仲』では、主人公の同僚役で出演していた。

 洸の親友、小湊亜耶を演じるのは、吉沢亮。

 彼は、2013年の『仮面ライダーフォーゼ』において、仮面ライダーメテオ役として出演していた、仮面ライダー俳優である。

 仮面ライダーフォーゼ役の福士蒼汰には、差をつけられてしまったが、主人公の友人や同僚役など、配役順位五位程度で、多数のドラマに出演している、若手の名脇役と言えるであろう。

 双葉を好きになる、菊池冬馬役は、千葉雄大。

 彼は、2010年の『天装戦隊ゴセイジャー』にて、主人公のゴセイレッドを演じた、戦隊シリーズ出身俳優である。

 吉沢亮と同じく、数多くのドラマに出演しているが、主演経験の無い、若手の名脇役の一人である。

 主人公達の高校の先生で、洸の実の兄でもある、田中陽一を演じるのは、小柳友。

 実は、彼は、バブルガム・ブラザーズのブラザートムの息子で、2006年以降に、多数のドラマに出演している。

 しかし、主演経験はなく、吉沢亮・千葉雄大と同様、名脇役の一人である。

 洸の長崎時代の友人で、洸を愛している、成海唯を演じるのは、高畑充希。

 彼女は、2007年の『金八先生』に生徒役で出演し、2014年の大河ドラマ、『軍師官兵衛』では、黒田長政の妻、糸を演じた。

 更に、2016年の朝ドラ、『とと姉ちゃん』のヒロインである。

 洸と陽一の母親役は、岡江久美子。彼女の死こそが、洸が背負った、重い十字架であり、本作のメインテーマである。

 筆者は、本作を見終わった後に、爽やかな気持ちになった。

 42歳の筆者に青春時代を思い出させてくれた、青春映画の決定版と言えるであろう。



[https://movie.blogmura.com/moviereview/ranking.html にほんブログ村 映画評論・レビュー]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事