【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 天正十年(1582年)六月二日、家臣の明智光秀の謀反によって、天下布武を目前にした、織田信長は、炎の中で、自害した。本能寺の変である。

 この時、信長の家臣の羽柴秀吉は、中国地方の大大名、毛利家との決戦、備中高松城攻めの最中であった。

 主君の信長の死を知ると、秀吉は、心の底から泣いたと言われる。

 当然であろう。秀吉は、信長に出会わなければ、一生、農民のままであったに違いない。

 いかに戦国の世とはいえ、秀吉が、いかに智謀に優れていたとはいえ、農民出身で、個人的な戦闘能力=武術に劣る、秀吉を、大名にまで、出世させてくれる、戦国大名は、信長以外にはあり得ない。

 しかし、泣き叫ぶ、秀吉に対して、軍師の黒田官兵衛が、信長に代わって、秀吉自身が、天下人になる、好機が到来したと説得する。

 そして、怒涛の中国大返しによって、秀吉は、山崎の戦いで、明智光秀を討ち、「主君の仇討ち」という、絶大な功績を手にした。

 主君の信長が、存在する限り、秀吉が、天下人になることは、あり得ない。

 その信長を、秀吉とは無関係に、明智光秀が、勝手に殺してくれたのである。

 信長の死によって、最早、日本には、秀吉を越える、天下人の器の持ち主は、いなくなった。

 確かに、信長の死こそが、秀吉に天下を獲らせたことは、間違いない。

 しかし、ある男が、生きていれば、信長と共に、死んでいなければ、秀吉は、決して、天下人にはなれなかった。

 その男とは、織田信長の嫡男、織田信忠である。

 「織田信忠」という名を、知る日本人は、どれほど存在するのであろう。

 偉大過ぎる父、信長の影に隠れ、羽柴秀吉、柴田勝家、丹羽長秀、滝川一益、明智光秀などの有能過ぎる、織田家の家臣団の名の前に、歴史上、信忠の存在は、霞んでしまっている。

 しかし、織田信忠こそは、信長の嫡男であり、信長から、後継者として、認められていた。

 そして、余り、知られていない、事実であるが、本能寺の変の六年前、天正四年(1576年)、信忠は、織田家の家督を譲り受けて、織田家の当主となっていたのである。

 即ち、1582年(天正十年)の本能寺の変の時点で、織田家の当主は、信長ではなく、信忠であった。

 無論、織田家を実質的に動かしていたのは、父の信長であり、信忠は、織田家の家督と、岐阜城、美濃国・尾張国などの領国の一部を譲られたに過ぎない。

 しかし、例え、信長が、死去しても、信長の後継者は、信忠であることが、明確に定められていた。

 故に、信忠が、信長と共に死ななければ、次男の信雄、三男の信孝、そして、信忠の嫡男の三法師の内の誰が、織田家を相続するかなど、織田家の家督相続争いは起こるはずもなく、織田家の家督相続を決める、清州会議など、必要なかったのである。

 織田信忠は、二十五歳、もしくは、二十七歳の若さで死去し、かつ、事実上は、信長が、織田家を支配し続けていたため、天下人に相応しい、の器量の持ち主であったか、否かは、不明である。

 しかし、秀吉の器量が、信忠を大きく上回っていたとしても、信忠は、既に、織田家の当主であったため、秀吉が、信忠を殺害すれば、明智光秀と同様、主君を殺した、謀反人となり、決して、天下人にはなれなかったであろう。


[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ranking.html にほんブログ村 戦国時代]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事