外車修理とスローロリスの冷汗と油汗

kenken0517@yahoo.co.jpにてお問い合わせなど受け付けております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

売り払うため、場渡り的に修理をされた車を掴んでしまうと後が大変である。

今回はその典型的パターンだと思われる。

オペルザフィーラ。
台数は少ないようだが中身を見てみると共用されているものが多いのでコストはかかってはいないと思う。色々な意味でご存知のエコテックエンジン搭載車である。

半年前に5万キロで車検と同時にTベルト交換された履歴がある。

それから6千キロ走行したものを買ったわけである。お買い得か?
見事にウォーターポンプから水漏れを起こしたのだ。

このエンジン構造と弱点を把握していれば当然ウォーターポンプは同時交換が好ましい。

しかしながら近いうちに売り払うと思えば必要最低限の整備となるのか?

それともこれらの弱点を知らないで依頼事項のみの対応をしたのか?
不明だが、形跡をしっかり見極めてわかることは、非常に整備レベルの低いことだ。

外車を知り尽くしているには程遠い。
ベルトを合わせるマークもメーカーが決めた物があるのだが、読めていないので自分でマークをした跡がある。

こうなると今後のことを考えて色々な方向から点検しなくてはならない。

ベルト、プーリー、テンショナー全てを疑いながら慎重に交換作業を進めた。

どう見てもディーラー整備ではない。社外部品も見られる。
安い買い物が高くなることもある。それが中古外車の一番のリスクであると思う。

今回使用したウォーターポンプ。これは弱点であるが、出来るだけ長持ちさせるようにしたい。

テンションのかけ方も整備解説書よりほんの僅かゆるめ。

(これはどの程度と書けない。自分の手先が頼りである。緩すぎたら直ぐにコマが飛ぶので経験の少ない方は絶対にマネしないでください。)


ポンプのシャフトにはドライフッ素パウダーをしっかり吹き付けておいた。

これだけでも手で回した感じが遥かに軽くなる。

こんなことはお客さんに自慢するようなことではなく、弱点を知っていれば少しでも回避したいが一心で我々が考える事でもある。

いわば当然の行為でもある。

また、プーリーひとつも大切で20グラム軽量の物を選択した。
回転するものなので少しでも軽いほうがいいことはご理解いただけよう。

このように小さいことではあるが、積み重ねることでライフを延長できればと、ぼくは考えている。
最初から弱点を把握していればそれを出来る限り回避する方法を考え実践していくのが我々技術者の本当の仕事ではないだろうか?

マニュアルどおりならディーラーへどうぞ。
しっかりその通りにやってくれると思います。(笑)

閉じる コメント(20)

顔アイコン

こんばんは!ご訪問 ありがとうございます。 / Saturday night ・・・ 一週間の お疲れを 労えますように。微笑。

2008/1/26(土) 午後 8:24 [ taku_m_2 ] 返信する

顔アイコン

バイクの場合、そのディーラーさんのあてにならないところが・・・オールドのバイクに乗るにはオーナーがそのバイクの弱点長所を知っておくべきですね。大きく壊さないで済みますものね。

2008/1/26(土) 午後 8:48 てんとう虫 返信する

顔アイコン

ドライフッ素パウダーとはどの様な物ですか?チョット気になります。

2008/1/26(土) 午後 9:39 [ rivierablue ] 返信する

顔アイコン

ポンプのシャフトにはドライフッ素パウダーをしっかり吹き付けておいた。
ここなんですよね・・・どの仕事も同じですな。

2008/1/26(土) 午後 9:39 ハセオ 返信する

顔アイコン

私もドライフッ素パウダーが気になります!

2008/1/26(土) 午後 9:46 [ michiharu_99 ] 返信する

顔アイコン

タイミングベルト交換済み、一見安心して乗れそうに思える車なのに考えさせられる事例です。

2008/1/26(土) 午後 9:56 メルツェ 返信する

顔アイコン

単にマニュアル、交換だけの整備では無く、常にオーナー側にたっての仕事って素晴らしいですね!
逆に予算との都合で悶々とする事もあるとは思いますが。。。
kenkenさんのところで診てもらっている車は幸せ(^^

2008/1/26(土) 午後 11:30 meguro 返信する

顔アイコン

画像の上が新しいプーリーでしょうか?インナーレースの径が下より小さいように見えます。
転動部分が大きいとそれなりにフリクションを発生するように思います。最近のベアリングの傾向ではローラー系を小さく数を多くして耐荷重性能を上げてきている気もします。でも、その方がフリクションは大きいですね。...

2008/1/27(日) 午前 0:13 [ tma*ot*121* ] 返信する

顔アイコン

takuさん、いつもお世話になっています。また和ませていただきに伺いますね。ありがとう!

2008/1/27(日) 午後 10:54 kenken 返信する

顔アイコン

てんとう虫さん、車も同じです。ディーラーの体質として若手を現場に配置するのでキャリアが長い人間が乏しいんですよね。長所短所を把握することは非常に大切だと思います(同感!)

2008/1/27(日) 午後 10:58 kenken 返信する

顔アイコン

jj_rivierablueさん、元々デュポンの特許製品であると思われます。早い話がドライシリコンスプレーなどと称されて売られているはずですよ。初期のかじり防止などには絶大です。

2008/1/27(日) 午後 11:01 kenken 返信する

顔アイコン

haseo_stileさん、気休め程度かもしれませんが、できる限りの努力は
しておくのがぼくの取り組み姿勢でもあります。

2008/1/27(日) 午後 11:03 kenken 返信する

顔アイコン

michiharu_99さん、説明は上記を参考にしてください。
使い道はかなり色々あると思い、ぼくは多用しています。

2008/1/27(日) 午後 11:04 kenken 返信する

顔アイコン

メルツェさん、本当に文字で判断したら「お買い得!」なんですが構造と弱点を考えたら怖いことですね。

2008/1/27(日) 午後 11:06 kenken 返信する

顔アイコン

メグロさん、こんなことお客様には自慢げに話せることではありませんが、このアイデアを使って取り組んでくれる若い技術者が出てきて欲しいと思い記事にしました。コメントこそ無いけど見て感じてくれている方は必ずいると思います。

2008/1/27(日) 午後 11:09 kenken 返信する

顔アイコン

tmakoto1217さん、相変わらず読みが深いですね!!本職顔負けです。今回は書かれたようにベルトの保護優先と考えこれを選択してみました。ベルトの外側でなく内側に位置するならこれまた考えを変更することになりますね。

2008/1/27(日) 午後 11:12 kenken 返信する

経験に裏づけされた技術は素晴らしいですね。
うちも昨年タイベルと同時交換しました。水漏れはなかったですが同時交換しないと工賃がまた掛かるし・・・で外したポンプはシールが痛んでました。走り方と距離からアドバイス頂いての結果ですが、とても満足しています。
お客さんの要求するレベルを上回るサービスを提供する、プロとしての誇りでしょうね。記事見ていてワクワクします!

2008/1/29(火) 午後 1:22 ちゃりだー 返信する

顔アイコン

ちゃりだーさん、やはり弱点や経費など色々な観点から総合判断して行くと安心して長く維持できると思うことが多いですね。出先のエンコが一番高いです。(苦笑)

2008/1/29(火) 午後 8:05 kenken 返信する

顔アイコン

訪問記録からやってきました。
オペル・ベクトラに乗ってます。もうすぐ14万キロになりますが、まだまだいけます。「色々な意味のエコテック・エンジン」と書かれていますが、どういう意味か教えてください。シロウトなもので^^;

2008/2/2(土) 午前 5:03 sva*t*gris 返信する

顔アイコン

くろぶたさん、この手のエンジンは非常に多く生産され他のメーターにも供給されたりしていますがエンジンの補器類などに不具合が多く見られます。エンジン本体の耐久性とパフォーマンスはいいのですがね。

2008/2/3(日) 午後 1:50 kenken 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事