ここから本文です
11月11日(日)

先々週末に自分が企画したGN倶楽部のツーリング『河口湖、晩秋の紅葉ツー』が中止になってしまったので、リベンジというか、少しアレンジした企画の

山梨『吉田“の”うどん を食べに行こう!ツー』

に行ってきました。

前回の企画では12人が参加表明してくれましたが、今回は緊急に発表したので、それでも3人が参加してくれましたよ。

朝6時に実家の埼玉・朝霞を出発、神奈川・宮ヶ瀬のコンビニで2人、山梨・道の駅「どうし」で1人、自分を含め計4人が集まりました。

「どうし」に向かう道で、待ち合わせしていたメンバーさんが走る姿を撮ってくれました。

イメージ 1

うわっ!自分は思い切り通勤スタイルですねっっ!!

道の駅で全員が揃ったので、R413からK24の紅葉に彩られた峠道を走ってうどん屋さんに向かいます。

この時期の山道って色とりどりで目に楽しく、ワクワクして走れるんですよ!

うどん屋さんの前に『田原の滝へ』寄ります。

イメージ 4

バイクの写真、ボケてますな。

イメージ 5


ここには松尾芭蕉の像と

イメージ 2

彼の俳句
「勢あり氷柱消えては滝津魚」
が書かれた看板が設置されています。

イメージ 3

田原の滝の氷柱も消え、富士の雪解けで水量が増し勢いある流れの桂川で泳ぐ魚を見て、春を喜ぶ心情を表現してるとか。

江戸の大火事で住居を失った松尾芭蕉が、弟子を頼ってここ都留市(つる)に来たときに詠んだらしい。

震災やらで当時とは滝の地形が変わってしまってますが、今はキレイに整備されています。


そして、向かった「吉田“の”うどん」のお店は、人気ランキングの上位にある『くれち』。

イメージ 6

“くれちうどん”を注文しました。

馬肉とキャベツのトッピング、醤油と味噌を合わせたつゆでいただきます。

麺は固めで歯応えがあります。卵黄、油あげ、わかめ も入っていてミックスして食べると、おいちかったです。

自分はずっと「吉田うどん」って言ってたんですけど、メンバーさんから「吉田“の”うどん」だよ〜!って教えてくれたので、ネットで調べてみたら本当にそうでした。
https://www.fujiyoshida.net/about/udon.html

鋭い観察力をお持ちのこのメンバーさんはとてもトークが面白いんですよ。

うどんを食べたあとの計画はそのまま河口湖に行く予定だったのですが、紅葉真っ盛りなこの時期なので、前回の企画で行こうとしていた御坂峠まで足を運ぶことにしました。

お山の紅葉を楽しみながら天下茶屋前に到着。

雲が多かったので富士山は諦めました。

イメージ 7


誰だ!?自分のGN君にケリを入れてるヤツは!!ぷんぷん!!!

イメージ 8


再びお山を降りて紅葉狩りをします。

三つ峠登山入り口でパシャり。

イメージ 9

紅葉のグラデーションが素敵ですね。

イメージ 10


山を降りて給油、河口湖のハーブ館でソフトクリームを食べながら、しばしくつろぎながら歓談します。

ソフト3兄弟!

イメージ 11

自分は手前の巨峰&イチゴミックスです。おいちかった。

ハーブ館のテラスで、面白いメンバーさんの脱⚪…いやいや、健全なハーブの話題で盛り上がりましたよ。

11月としては暖かさを感じました。
雲の切れ間から富士山が姿を見せてくれて嬉しかったです!

イメージ 12


帰路は道に詳しいメンバーさんに先頭をお願いし、秋山を通って津久井湖で解散しました。

途中のコンビニで休憩。

イメージ 13


面白いメンバーさんのGN君、気合いの入ったカスタム。センス良くまとまってます。

イメージ 16

写真にはないですが、フロントキャリパーにはブレンボがついてます。前はABSが付いてたんだとか。

イメージ 14


特に自分が気に入ったのはこれ!

イメージ 15

ヘルメットです。

中華製だそうですが、デザインの良いカッコいいヘルメットですね。


今回、自分の企画で決行した初のマスツー、GN君のトリップメーターは268キロでした。

大きなトラブルもなく概ねイメージ通りに走れたと思います。

決行できて嬉しかったですし、自信がつきました。また企画しちゃうかも。

今回の企画もそうですが、前回決行できなかったにも関わらず協力してくださったGN倶楽部のメンバーさん、本当にありがとうございました。

イメージ 17


(終)

この記事に

BMWに乗っていた同僚が、クルマを替えたばかりと言うので、昨日のお昼休みに見せてもらいました。

アルファロメオ MITO(ミト)

イメージ 1

うわ、また、マニアックなクルマを!

以前の記事にも書きましたが、この同僚はこれまたマニアックなBMWのクーペ(マニュアルトランスミッション、以下MT)に乗っていました。

今回、BMWに不具合が生じ、車検の期日が迫ってきたと言ってたので、

自分が冗談混じりに「じゃあ、次ぎはオサレなフランス車かイタ車にしたら?」

って言ったら、本当にイタリア車にしちゃった!

リモコンキーでロックを開けるとウェルカムライトでテールランプが点灯します。

イメージ 2


コンパクトな2ドアハッチバックです。

イメージ 4


アルミホイールは大径な18インチが入ってます。

イメージ 3

ブレーキはイタリアの名門ブレンボ社製です。

中もミト、ミト…いやいや、見て見て!って感じだったので見せてもらいました。(※オヤジギャグに書き換えちゃったよ〜ん。

運転席のコックピットです。

イメージ 5


ギアは6速のMT、走るの好きなんです、この人。

イメージ 10


ステアリングのホーンパッドにはアルファロメオのマークが入ってます。

イメージ 6

創業地ミラノ市の紋章である十字と、貴族ヴィスコンティ家の紋章の大蛇が組み合わさっているんだって。

ミトという車名は、ミラノでデザインされてトリノで製造されたから、MILANOとTRINOのアタマ組み合わせてミト…

イタリア人は何でも組み合わせる文化なのかよ!?おいっ!おいっっ!!

取り乱して失礼しました。m(__)m

シートは本革のレザーシート、

イメージ 7

ここにもアルファロメオのマークが入ってます。

イメージ 8


リアシートも広いですね。

イメージ 9


またキーがオサレで、これが、

イメージ 11

シャキーン!って、ジャックナイフのように飛び出します。いざとなったら戦える?

イメージ 12


で、また外へと。

フロントフェンダーにはクアドリフォリオ(四つ葉のクローバー)のマークがついてます。

イメージ 13

このシンボルマークは1923年に登場。

優れた経験を持ってしても、しばし不運に泣かされたアルファロメオのレーシングドライバーが自身のマシンのノーズにクアドリフォリアを描いて幸運のお守りにしたことから始まったそうです。

そしてそのご利益は即座に現れ、彼は総合優勝を果たすことができました。

その数か月後、このドライバーはレースの予選でコースアウトして落命しました。

その際、彼が搭乗していたマシンにはクアドリフォリオが描かれていなかったそうです。

アルファロメオはその後レースに参加するすべてのワークスマシンに、護符としてクアドリフォリオのマークが掲げられることになったそうな。

三角の白ワクも最初は四角でしたが、彼が欠けたので三角にしました。

アルファロメオのHPの受け売りですが。

四つ葉のクローバーって、イタリアでも縁起がいいんですね。

さぁて同僚さん、これからも安全に、イタ車でオサレに楽しく走りを楽しんでちょうだいよ〜!



(終)

この記事に

今日、初めて企画したマス ツーリングが、天候不良のため中止となりました。

イメージ 1


あ〜、お天気が良ければ、こんな富士が見えるはずだったのにな〜!





(終)

この記事に

29日(月)

今年3回目のリアタイヤの釘トラブルを発見。

イメージ 1

2回目まで修理したけど、もうスリップサインが出ていたので新しいタイヤに履き替えることにしました。

古いタイヤを外すと、こんな釘が出てきました。

イメージ 2

道路で横向きに落ちている釘はフロントタイヤで踏んで浮き、リアタイヤに刺さるケースが多いんだとか。

道の端っこにはこのパンクの原因となる釘がたくさん落ちているようです。

クルマで渋滞している時、出勤で急いでいる場合はやむなく道の左端をすり抜けて走ります。

なので、これからもこの釘たちと闘わなければならないのかも知れませんね。

パンク修理した穴と、外れたパンク修理剤。

イメージ 3


裏から見るとこんな感じで穴を塞いでたんですね。

イメージ 4


新しいタイヤと交代です。

イメージ 5

イメージ 6


古いタイヤ君、ありがとう。

30日(火)

GN君の話題ではありませんが…。

既に退職している元同僚が亡くなりました。55歳でした。逝くにはまだ早すぎますね。

いろいろお世話になりました。ありがとう。


(終)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事