華麗に舞った剣士たち

剣道で記録と記憶に残る少年〜青年〜中年剣士を追いかけます

全体表示

[ リスト ]

水戸葵陵高校の父母懇親会に急きょ乱入した。

水戸葵陵杯の打ち上げと、関東大会優勝祝賀会と、玉竜旗・IH壮行会を兼ねた会だった。

いばらき少年剣友会出身の渡辺さんから連絡をいただき、私はいてもたってもいられず水戸まで100km車をぶっ飛ばして乱入。
約50名の父母・OBが集まる楽しく有意義な時間を過ごすことができた。


葵陵杯は、決勝でいばらき少年剣友会主体の青葉中を大将戦で制した戸塚中学が優勝。

さて、懇親会では、
我が尊敬する偉大なる後輩・君島監督をはじめ、
葵陵の父母会長の杉田さん、貝塚さん、高倉さん、高木さん、遅野井さん、海宝さん他。
OBでは最年長?の冨山さんをはじめ、木村太一、小橋、遅野井3兄弟、神部、中山、飯塚大河、大関、遅野井凌、大坂、納屋誉、若旅一貴などなど(名前が漏れている方がいたらごめんなさい)錚々たるメンバーが一堂に会した。

私にとってはヨダレが垂れるばかりの面々で興奮しっぱなし。


乾杯後しばらく、君島監督と話が弾む。
共通の少年時代からの思い出話でひとしきり盛り上がる。
そして、君島監督の剣道指導に賭けた壮絶なる人生。

私が再認識したのは、君島は命を懸けて剣道の指導者をしているということ。
その凄まじい情熱は、私のようなお気楽なブロガーには踏み込めない世界だと思った。
詳細はここでは書けないが、少なくとも、剣道時代の今回の葵陵特集DVDは、
君島ismの1割も表現されていないということだ。

杵築中の高倉先生(高倉兄弟の父)と杉田父は君島監督と国士舘大学の同期。
最後の挨拶での、あの奔放な高倉先生の君島に対する涙は、命のやり取りをした男同士にしかわからない感情だったのだと思う。

ブロガーとしての剣キチは、あくまで中立的な立場で、全国の有力選手に注目し記事を書くように心がけているが、今年の葵陵は冷静な目で見ても仕上がりは特段良いように感じる。

また、杉田選手の父である杉田龍彦先生と初めて話をさせていただいたが、
父から見ても、杉田選手のここ数か月で別人のような仕上がりになっているという。
私も昨年の新人戦の時の杉田と関東大会の杉田は別人に見えたが、
あれから1か月でさらに進化しているようだ。
今や、寒川とツートップとなった杉田。この成長は葵陵にとっては大きい。


さて、奇しくもこの日、IHの組み合わせが行われた。

葵陵は、なんと予選リーグで東海大札幌と激突する。
おいおい、こんな組み合わせがありうるのか。
何でもかんでも平等に抽選だけで決めるのは厳しいなあ。
私は、今度のIHの優勝候補は、葵陵、九学、島原、東海大札幌が有力と考えていた。
その葵陵と札幌が予選リーグで当たるのですか?と。

君島監督は、ありがたい組み合わせだと、いたって前向き。

さらに、個人戦では優勝候補の寒川が4回戦で岩切と対決。
この世代を牽引する2人が4回戦で当たるとは、
うーんこれももったいない。。。


まあ、愚痴はこのぐらいにして。

今回君島監督に最も聞きたかった、葵陵の歴代オールスターチームを決めてもらった。
葵陵のオールスターは私にはとても予想できないくらい錚々たるメンバーが揃っている。
ちなみにIH個人チャンピオンの高校別ランキングを作ってみると、
1位がPL学園の8人。ついで2位が葵陵と九学の4人。



PL学園IH個人チャンピオン
1964 福本英男
1966 蒔田実
1976 山本雅彦
1978 山中洋介
1982 石井健次
1983 若井聖人
1987 鍋山隆弘
1999 宮川覚次

水戸葵陵のIH個人チャンピオン
1995 平岡右照
2001 鴻巣晃男
2011 高倉寛矢
2014 中根悠也

九学のIH個人チャンピオン
1959 坂本正豊
1998 内村良一
2002 〆一司
2016 星子啓太


葵陵のオールスターチームに
IHチャンピオンを全員入れるとあと1人しかメンバーに入れない。

宮本がいる、遅野井直樹がいる、山下渉がいる、そして寒川がいる。
これ、どうやって収拾をつけるのか。
私には答えが出せなかった。

それは君島監督も同じだった。


そこで、君島監督と相談した結果、最近10年と、それ以前の2期に分けて
オールスターチームを作ってもらった。


その前に、葵陵の歴代の大将と有力選手をここに並べてみる。(全員を紹介できずにすみません)

1995年 平岡右照(3年大将)、外之内貴洋(3年)
1996年 有宗聖二(3年大将)、冨山武志(3年)
1999年 木村太一(3年大将) 、遅野井瑞広(3年)、小橋直亮(3年)、黒澤尚希(3年)
2000年 鴻巣晃男(2年大将)、海老原秀則(3年)
2001年 鴻巣晃男(3年大将)
2002年 遅野井裕樹(3年大将)、広瀬圭介(3年)
2003年 滝口優(3年大将)
2004年 生沼学(3年大将)、神部栄司(3年)
2005年 遅野井直樹(2年大将)
2006年 遅野井直樹(3年大将)、金井佑太(3年)、小曽納匠(3年)、戸崎聖(3年)、中山直樹(2年)
=IH優勝チーム
2007年 中山直樹(3年大将)
2008年 山下渉(2年大将)、篠崎幸人(3年)
2009年 山下渉(3年大将)、高倉聖矢(3年)、飯塚大河(3年)、遅野井凌(3年)、青木祐喜(3年)=IH優勝チーム
2010年 大坂浩一朗(3年大将)
2011年 高倉寛矢(3年大将)
2012年 宮本敬太(2年大将)、菊池竜成(3年)
2013年 宮本敬太(3年大将)
2014年 中根悠也(3年大将)、安井奎祐(3年)
2015年 福居義久(3年大将)
2016年 寒川祥(2年大将) 、遅野井匡(3年)、高木英亮(3年)
2017年 寒川祥(3年大将)、杉田龍太郎(3年)

この中から10人に絞り込むだけでもいかに大変かがわかる。



さて、お待たせしました!

君島監督が選ぶ、
水戸葵陵高校歴代ドリームチームメンバー
いよいよ発表!!
(カッコ内は高3時夏の年)


■2008年以降ドリームチーム

先鋒 寒川翔(2017年)

次鋒 中根悠也(2014年)

中堅 宮本敬太(2013年)

副将 高倉寛矢(2011年)

大将 山下渉(2008年)


■2007年以前ドリームチーム

先鋒 遅野井直樹(2006年)

次鋒 遅野井裕樹(2002年)

中堅 遅野井瑞広(1999年)

副将 鴻巣晃男(2000年)

大将 平岡右照(1995年)


す、すごすぎるメンバーだ。

誤解がないように念を押すが、あくまでも高校3年生の夏現在の実力によるメンバーだ。
この2チームならばどの大会に出ても優勝間違いなし。
それでは、この2チームが当たったらどうなる?と遅野井3兄弟に質問をぶつけた。
すると、「先鋒勝負ですね!」と。直樹が寒川に勝ったら年長チームの勝ち、
直樹が負ければチームは負け。
まあ、あくまで想像上の世界だが楽しい妄想だった。

玉竜旗・インターハイを間近に控えたひと時。
本当に楽しい時間を過ごすことができた。

【文中敬称略】

イメージ 1
水戸葵陵 指導陣、父母会、OBの皆さま

この記事に

閉じる コメント(6)

インターハイの個人戦、第一会場に九学岩切、葵陵寒川、浜名楠、東福岡中山、札幌廣澤、奈良大附高山、島原林田、立教中嶋、航空比留川とこちらも死のリーグになってますね。
また、第4会場も九学長尾、札幌小田、葵陵杉田、島原志築、航空河合、高千穂清家とこちらもなかなか激しいですね。
早々に強豪同士が潰し合うというのは全国大会の見ものですが、ここまで早く当たるとより一層波乱の展開が期待されますね。
また、ここまで注目されている選手(私が独断と偏見ですが)が多いとなると九学一強から徐々に群雄割拠の時代に戻り始めてる、というのもあるかもしれないですね。
長文失礼しました。

2017/7/10(月) 午前 9:58 [ はやと ] 返信する

顔アイコン

始まりますね。楽しみです

2017/7/10(月) 午前 11:55 [ ima*ys*u ] 返信する

顔アイコン

剣キチさん、初めて投稿します。今回の記事は熱いですね。
私も水戸葵陵オールスターズを妄想したことがありますが、やっぱり1チームに絞るのは無理ですよね。こうやって見るとすごいメンバーです。金井君や安井君ですら入らないのですから。玉竜旗、インターハイの活躍を楽しみにしています。 削除

2017/7/10(月) 午後 2:41 [ ポチ ] 返信する

ドリームチーム…すごいですね
名前からもうインパクトがあります!

2017/7/11(火) 午前 0:18 [ 黒剣 ] 返信する

顔アイコン

寒川くんの名前違いますよ 削除

2017/7/12(水) 午後 9:49 [ 名無しさん ] 返信する

顔アイコン

全日本学生選手権、玉竜旗、インターハイをうらなうを期待しています(^^)
でも、無理をしない範囲で良いですよ(^^) 削除

2017/7/17(月) 午後 1:00 [ 福井県民 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事