華麗に舞った剣士たち

剣道で記録と記憶に残る少年〜青年〜中年剣士を追いかけます

全体表示

[ リスト ]

インターハイ雑感(2日目)

今日はほんとに雑感です。
本来ならまとめて記事にするのですが、
とても書かずにはいられなくて。

昨日、50分20秒という史上最長の激戦の末、
決着がつかなかった岩切と林。
剣道で再試合というのは私も聞いたことがない。

今日に疲れを引きずらないか若干心配していたのだが、
案の定、2人とも今日の団体戦での動きがあまりよくないように見えた。
九学も高千穂も予選リーグを突破したものの、
林は2引き分け、岩切にいたっては2敗。
岩切が一つの大会で2敗するのは初めてじゃないだろうか。

そして、17:15。
女子個人戦の合間を縫って2人が再び登場してきた。
昨日引き分けで終わったので、
今日は再試合であって延長戦ではない。

さてどんな試合展開となるのだろうか。

ちなみに、私の目の前にはパソコンが3台とタブレット1台
そしてスマホが1台。
4つの会場を同時に映し、左右に別々のイヤホン。
そして、スマホで速報結果をチェックする。

忙しいなどというものではない。
あっち見たりこっち見たり。
はたから見たら不気味なオタクでしかない。

そろそろ再試合が始まるが、
実は、第4会場も気になる。
女子の妹尾舞香(中村学園2年)vs柿元冴月(守谷1年)戦が次の次だ。
3回戦だが事実上の決勝戦かもしれない。
この2人のガチンコ対決は楽しみにしていたから。
(結果はやはり延長戦となり最後は妹尾がメンを決めて勝利)

おっと岩切vs林が始まった。

この2人は本当に相性が良いというのか悪いというのか、
互いに決着がつかないタイプなのだろうか。
そういう相手って必ずいるのだが、この2人は特にバッチリなのかもしれない。
案の定、今日も延長戦となる。

しかしその時は思ったよりも早くやってきた。

延長戦の開始まもなく、

林が前に出ながら思いっきり
逆ドウ!
岩切の胴を捉えたかに見えた
次の瞬間、
あらわになった林の頭めがけて
岩切が竹刀を振り下ろす!
メーン!

主審が赤旗(岩切の方)を挙げる。
副審の1人が一瞬迷いながら赤旗を挙げた!

岩切勝利。
1時間近い勝負にようやくピリオドが打たれた。

私の見る限り、岩切の竹刀は部位を外し、打ちも軽く見えたが、
タイミングとしてはバッチリだったのだろう。

ただ私のこの何ともやるせないような
もやもやとした気持ちは何だろう。

まさに命がけで死闘を戦い抜いた2人。
そして決着をつけるために再び臨んだこの大舞台。
観客の多くが、2人とも勝ち上がらせてやりたいという
気持ちで応援していたに違いない。
その2人に対して。。。
せめて両者ともに納得のいく1本であってほしかった。
しかし、こうなったからには、
明日、岩切は林の分まで頑張って欲しい。



決勝トーナメントの抽選結果を見て、
「あぜーん。。。。」
しばらく開いた口がふさがらなかった。

なぜ?
なんで?
どうして?
Why?
Puor quoi?


抽選の結果
1回戦 九学vs水戸葵陵

「それだけはやめて!」

と抽選する前から誰もが思っていたのではないだろうか。

九学にとってみれば、
「どこが来ようと同じだ」と言うかもしれないが、
今日の予選の九学を見ると、
少なくとも今日は今年最悪に近い状態なのではなかっただろうか。
試合を見ながら「どうしたんだ九学」と何度も心の中で尋ねた。
九学は、辛うじて予選リーグ突破という厳しいスタートを切った。

一方の水戸葵陵は、
驚くことにあの東海大札幌に5-0勝利、
桜丘に4-0と、予選リーグを驀進突破。

いやあ、特に寒川が廣澤に最後に決めたメンにはしびれた。
岩部が桜丘戦で決めたツキなどは鳥肌が立った。
貝塚は相変わらず調子いいし、
杉田も小田相手に一歩も引かず、引き分けでもよい場面なのに
最後にメンを決めるし。
青木も動きが今一つと思っていたが
目の覚めるような飛び込みメンを決めるし。

昨日までは、
九学vs水戸葵陵だったら
8-2で九学という感じだったが、
今日の様子を見ると水戸葵陵が一歩リードしたように感じる。

さあ、これで明日が益々楽しみになるが、
それにしても1回戦で当たることないよなあ。

君島監督に聞けば、きっとこう答えるだろう。
「優勝するために、どうせいつか当たるのだから、
早いとこやっといた方がいいっすよ!」



今日しびれた試合は、
水戸葵陵vs東海大札幌の他にもいくつもあったが、
特に印象的だったのが浜名。

このブログでも何度も登場する2枚看板の長田、楠だが、
今日の試合を見てあらためて「こいつらやっぱりただ者じゃないぞ」と思った。

特に長田のイケイケな突進力。
いや、ただのイケイケではない。
決定力が半端じゃないから怖い。

浜名の緒戦は興南。
長田が豪快な飛び込みメンを2本決めた。試合時間2分4秒。
さらに2戦目が八頭。またまた豪快なメン2本。試合時間なんと41秒。
あっという間の出来事だった。
これだけの決定力を持つ選手は全国見回してもなかなかいない。
打たれることを考えれば、なかなかこれだけ豪快には攻められないはずだ。
長田を見ていると、なんだか国士舘の落合を思い出す。

そして豪快さでは長田に一歩譲るが、
メンの鋭さというか遠間から一歩で打ち抜く飛び込みメンの鮮やかさは
何と言っても楠だ。
今日、興南戦で「はじめ」の合図と同時に決めたメン、
また八頭戦でのメンなど、惚れ惚れする。

そして、浜名はこの2枚看板だけではない。
中堅の米澤が力をつけてきた。
玉竜旗そして今日の予選と実によい働きをしている。
前衛2人の出来次第では上位入賞もありうると思えた予選だった。

ところが、
運命とは残酷なものである。
浜名にとってみれば、明日のトーナメント1回戦の相手が島原。
もし島原に勝ったとすると次の準々決勝では、九学と水戸葵陵の勝者と当たる。

トーナメント上のこの4校のかたまりは、
インターハイ史上でも珍しいくらいに強豪が一か所に集まったものだ。
もっとも、浜名に聞けば「関係ないですよ」と言うかもしれないが。
ちなみに浜名は選抜では龍谷を破っている。



さて、この塊(右下)以外を見ると、

左上はやっぱり高千穂か。
しかし安房もポテンシャルは高い。また仙台育英が地元の意地を見せるか。

左下は、本日桐蔭学園を破って勝ち上がった育英と、
個人団体ともに大平が絶好調の佐野日大。

右上は、やっぱり龍谷か。
本庄第一とPL学園との一戦も面白い。
そして、南東北という意味では地元の平工業が
明豊を破って予選突破したのは立派である。

泣いても笑っても、
明日すべてが決まる。

乱筆乱文、そして乱心
失礼しました。
【文中敬称略】

この記事に

閉じる コメント(13)[NEW]

顔アイコン

剣キチさん
よくぞ言ってくれました。岩切選手のあのメンを1本にしてしまったら、何より1時間死闘をしてきた2人に対して失礼だと思います。審判は絶対だから批判するなとは言いますが、この大舞台でしかも歴史に残る死闘のピリオドがこれですかと、日本中の剣道ファンががっかりしたでしょうね。岩切選手はまったく悪くありません。これは勝った岩切選手にとっても後味がわるかったのではないでしょうか。岩切選手は「勝ちさえすれば何でもいい」というような選手ではないと思いますし。 削除

2017/8/11(金) 午後 7:56 [ 酔剣 ] 返信する

顔アイコン

水戸葵陵と九学が一回戦なんてある?
もう少し抽選方法も考えて欲しいなあ。
玉竜旗の組み合わせはすごくバランスがとれているのに。 削除

2017/8/11(金) 午後 7:57 [ いばじん ] 返信する

顔アイコン

妹尾さんに勝てる女子高生はいるのでしょうか。風格が漂いすぎてて怖いです

2017/8/11(金) 午後 9:34 [ ima*ys*u ] 返信する

顔アイコン

観戦記お疲れ様です。
私も明日は現地に行きます。
筋書きの無いドラマの感動の瞬間を瞼にやきつけます。 削除

2017/8/11(金) 午後 9:36 [ 佐藤 ] 返信する

顔アイコン

高千穂高校、林選手は、十分頑張りました!

個人の悔しさは、団体で晴らしてください!

高千穂高校が九州学院を倒して、26年ぶりの男子団体での優勝を成し遂げることを期待しています。

剣キチさん、明日もよろしくお願いいたします。 削除

2017/8/11(金) 午後 10:19 [ 高千穂ファン ] 返信する

顔アイコン

私も決勝トーナメントの右下ブロックを見たときは驚愕でした!!!静岡県民としては浜名の初戦が島原というのは痛すぎる...
考えてみると数年前までは全国でほとんど相手にされなかった静岡の高校が、剣キチさんがブログで取り上げてくださるのは嬉しい限りです。
浜名、磐田東など全国で上位を狙える高校にこれからも期待大です!! 削除

2017/8/11(金) 午後 11:45 [ 静岡 ] 返信する

浜名の記事ありがとうございます!静岡人として嬉しいです。長田の県大会決勝磐田東との試合での突きは震えました。動画ユーチューブにのってます。今年は上位!と思ったら、抽選が…笑でも、やってくれるはず。
そして、浜名は実は米澤なんです。あの子がしっかりつなぐから長田が活きてくる。さすが、気づいていただき嬉しいです。さあ、最終日、よろしくお願いします!

2017/8/12(土) 午前 7:03 キスケ 返信する

顔アイコン

高千穂高校、優勝おめでとう!
林&清家を中心に、本当に1人1人頑張った!
代表戦は、どんな面だったのか知りたいです。 削除

2017/8/12(土) 午後 3:21 [ 高千穂ファン ] 返信する

話が変わりますが、ユーチューバーの「僕の剣道日記」と言う人がけんきちさんのブログをコピペして、動画にしてYouTubeにアップしてましたよ😅

2017/8/12(土) 午後 3:57 [ mun***** ] 返信する

顔アイコン

岩切対林、剣キチさんにしては、珍しい言葉ですね。これは審判批判ではなく、一大人として、一剣道人としての心の叫びだと思います。剣道は人が判断することなので仕方ないところもありますが、子供のつちは正しい判断をしてやりたいものです。 削除

2017/8/13(日) 午前 2:28 [ 天キチ ] 返信する

はささ

2017/8/13(日) 午前 8:10 [ 重兵衛 ] 返信する

王者九州学院を破った水戸葵陵を破った島原を破った高千穂が久々の優勝でしたね。なんだか高校剣道らしい結果ですね。
最後の清家選手の面は優勝を決めるにふさわしい見事な面でした。
また、個人では岩切選手の優勝、そして2年生が久々に決勝に出ましたね。
長尾選手に勝っての決勝進出は立派です、プレッシャーもあると思いますが来年も優勝目指して頑張って欲しいです。

2017/8/13(日) 午前 8:48 [ はやと ] 返信する

顔アイコン

選抜の記事を読み直していたのですが、そういえば岩切選手は選抜準決勝の森山戦、決勝の寒川戦でも相手が逆胴を打ってきたところへメンを打っていましたね(寒川戦では一本にはなりませんでしたが)。
岩切選手には、大舞台で相手に逆胴を打たせる何かがあるのでしょうか。 削除

2017/8/18(金) 午後 5:37 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事