指圧師 鈴木林三のブログ

指圧業界の100年後をめざして

全体表示

[ リスト ]

100年後には、指圧業が医学界から正式に医業と認められるようになる。
現状はどうか?
法律上は指圧業という医業に認められている。(注1) しかし、医学界からは医業と認められていない。
むしろ、
医業類似行為(注2)と間違われることが多い。

医業と認められれば医師の同意又は指示なしで健康保険が適用できることになる。
保険制度の改革を条件に予防で受ける指圧にも適用され、全身指圧をして7〜8割保険が適用され
2〜3割が現金払いとなる。
この制度が適用されれば、健康保険財源も黒字化が現実のものとなる。
すなわち、
病気の予防がかなりの割合で実現され高額医療費の割合が減少するようになる。

このような社会をめざして100年計画をたててみたい。
10年後、20年後では実現不可能とみる。

しかし、100年後に私はこの世にいない。
したがって、これを公開することによりこの主旨を引き継いでくれる人が出て来ることを期待する。

その目的に向かって何をどうすればよいかを考えてみたい。
先は、指圧師の技術向上が第一である。
このあたりから話を進めていきたいと思う。

(注1)
◎あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律
第一条
医師以外の者であん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゅうを業としようとする者は、
それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許、きゅう師免許を受けなければならない。

◎柔道整復師法
第十五条
医師である場合を除き柔道整復師でなければ業として柔道整復を行ってはならない。

◎医師法
第十七条
医師でなければ医業をしてはならない。

これらの条文により医師は特別に免許を受けなくても、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう、柔道整復それぞれを業として出来るということ、すなわち医師が業として出来るということは
あん摩等をそれぞれが医業であるということになる。
それゆえ医師法第十七条の例外規定といわれている。


(注2)
昭和29年、仙台高等裁判所判決で「医業類似行為とは疾病の治療又は保健の目的でする行為であって
医師、歯科医師、あん摩師、はり師、きゅう師又は柔道整復師等の法令で正式にその資格を認められた者がその業務としてする行為でないものをいう。」
(あん摩師とあるのは現在ではあん摩マッサージ指圧師のことである)

この記事に

閉じる コメント(5)

指圧業界の100年後をめざして

大きなテーマなので、おれからも楽しみにしています。

2008/8/8(金) 午後 11:46 五指研所長 返信する

顔アイコン

ブログ開設おめでとうございます

今後楽しみに閲覧させていただきます。先生の想いが世界中を駆け巡るなんて素敵ですね

NPO法人基本指圧研究会 代表理事 村岡曜子 


追伸 
『基本指圧に憧れて』  村岡曜子のブログもよかったら読んでください 削除

2008/8/9(土) 午後 7:30 [ 村岡曜子 ] 返信する

顔アイコン

鈴木先生の指圧技術と効果を知る者からみれば、このブログは机上の空論ではありません。先生のような効果の出せる指圧技術があれば、疾病の多くに効果が出せるし、疾病予防も可能です。
とにかく技術があるか、無いか。効果の違いはそこにしかないですよね。
指圧には、せっかく鈴木先生というすばらしい指導者がいるのだから、今のうちにできるだけ多くを吸収しておかないともったいないです。
ブログの今後の展開も楽しみにしております。 削除

2008/8/12(火) 午前 11:47 [ 山本明子 ] 返信する

顔アイコン

 鈴木林三先生が冒頭に書かれている「法律上は指圧業という医業に認められている。(注1) しかし、医学界からは医業と認められていない。むしろ、医業類似行為(注2)と間違われることが多い。」については、現在指圧を学んでいる私たちからすると、本当に残念で悲しい屈辱的な現実かも知れませんね。
 今、私たちが何もしなければ、100年後も恐らく何も変わっていないと思います。それで、鈴木林三先生の理念に基づいて一人一人が浪越基本指圧の技術向上に取組み、浪越指圧のポジションを揺るぎないものにするよう目的を持って、日々研鑽しなければならないと考えさせられました。
8/22 田中 慶篤

2008/8/22(金) 午前 11:53 [ あおによし ] 返信する

顔アイコン

鈴木林三先生が、おっしやる通り、「医業」に認められると指圧師は念願の夢のうような事です。

しかしこの問題提起は大切です。

予防医学により国家の財源に寄与するということ、いわば、国もお金が不足して赤字です。そこを考えても良いご提案です。
しかし現実的には政治的関与が大切です。ある時に元厚生大臣を指圧した事がありますが、大臣いわく、「医者は指圧は、筋肉を指で押して、体を治す力を信じていない、しかし、頚椎のこり、肩こりは、神経ブロック注射より、指圧は良いよ。指圧を受けたことない医師には、この良さはわからないだろう」と、言っていました。


100年後には、指圧師の方から国会議員が出るということが、一番早い、近道のような気がします。浪越徳治郎先生が国会議員を目指したような志ある指圧師に夢をかけます。
浪越徳治郎先生はTVで「指圧」の良さを広めたように、次なる指圧の師匠が現れることを楽しみにしています。
(未熟者、愚か者の一指圧師より) 削除

2008/9/5(金) 午後 7:54 [ 西谷幸治 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事