指圧師 鈴木林三のブログ

指圧業界の100年後をめざして

全体表示

[ リスト ]

指圧理論についての一考察 その2

前頚部指圧はどこを圧すのか?
頚動脈は圧さない。
胸鎖乳突筋も圧さない。・・・ではどこを?
広頚筋、舌骨筋群を通じて頸椎前面等に付着する頸長筋、頭長筋まで達するように圧す。
(頸長筋、頭長筋は重い頭を支持するのが主な働きである。)
教科書では何故頚動脈洞を一点目として動脈を圧すとしたのか?
浪越徳治郎先生が説明しやすいのでそうなった。しかし実際に先生の指圧は頸長筋、頭長筋まで圧が達する指圧であった。浪越徳治郎先生は指圧を世界に広めることを第一義とされていた。その為小さいことまでこだわらず、解りやすくを心掛けた結果か?しかし、これからは違う。理論的にも納得のいく正しい指圧を広めるべきだ。
内弟子時代、毎日のように先生の前頸部を圧させていただいた。それもほとんど持続圧であった。動脈は圧していない。底の方で固いものに降れる処まで指が沈み、それから圧がはいってゆく。そんな圧し方であった。受け方の姿勢が特に大切である。(気管と動脈が母指の入るくらい離れる姿勢)そして力が抜けて圧せること。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事