全体表示

[ リスト ]

韓国への輸出規制は、安倍首相の巧妙な「政治判断」だった

7/13(土) 7:01配信

現代ビジネス
「もし日韓戦わば」

 現在の日韓関係は「戦後最悪」と言われているが、かつても「もし日韓戦わば」との言葉がメディアを賑わしたことがあった(1993年に韓国で出版された金辰明著の『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』は100万部を超える大ベストセラーとなった)――。

【現場はパニック!】日本人は知らない、いま韓国でほんとうに起きていること…

 7月10日、フジテレビ系FNNが独自に入手した韓国政府資料から、韓国がこれまでの4年間に戦略物資の東南アジア、中国、中東諸国などへ密輸出が156件あったと、報じた。スクープである。

 韓国の産業通商資源省(日本の経済産業省に相当する)が同日夕、急きょ記者会見を行い、2015年から2019年3月までに不正輸出の摘発が156件に上ったことを認めた上で「我が国の戦略物資輸出管理制度が効果的かつ透明性をもって運用されている反証だ」と開き直った。

 事実に即して言えば、4日に日本政府が発動した半導体材料の対韓輸出規制の対象3品目(フッ化ポリイミド、フッ化水素=エッチングガス、レジスト=感光材)のフッ化水素が焦点となっているのだ。

 韓国政府が「摘発」したとする不正輸出は、核兵器(ウラン濃縮)製造や化学兵器(サリン)の原料となる「フッ化水素酸」がアラブ首長国連邦(UAE)向けであり、やはり化学兵器(サリン)原料にもなる「フッ化ナトリウム」がイラン向けだったのである。

 こうした「不正輸出」(密輸出)が、安倍晋三首相が7日午前のフジテレビ「日曜報道ザ・プライム」で語った「(対韓輸出規制を導入した理由について)不適切な事案が発生したからだ」と発言した根拠となったのである。中東経由で北朝鮮に渡った可能性を示唆したのだ。

韓国企業サイドは冷ややか

 韓国側は9日、世界貿易機関(WTO)の物品貿易理事会でこの輸出規制について「自由貿易の原則から逸脱している」と批判、即時撤回を求めた。と同時に、日本の措置が元徴用工訴訟問題など政治目的で行われた「経済報復」であると強く非難した。

 一方、日本側は禁輸ではなく、安全保障上の管理のためこれまで簡素化していた手続きを中国、台湾並みの通常に戻しただけであると説明した。この手続き論に従えば、欧州連合(EU)が韓国に対して行っている「通常の扱い」にしただけ、即ち「特別待遇」(ホワイト国指定=簡略化された輸出申請制度の適用先)から外すということである。

 加えて、韓国側がこの3年間、貿易管理問題について実務当局者による再協議を行いたいという日本側の要請に応じなかったことも事実だ。そうしたこともあって、韓国の半導体大手のサムスン電子、SKハイニックス、LGディスプレイなどが禁輸措置によって多大なダメージを被るのは不可避でありながら、10日午前に文在寅大統領が大統領府に財閥トップを緊急招集して政府への協力を求めたものの、企業サイドが冷ややかな反応だったとされる。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 8:55


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事