ここから本文です
GSX-R1000(L0)なゴル、ファ〜〜ッ!(たまにトイプ〜)
アラフィフおじさんが、GSX-R1000(L0)でツーリングやサーキット(初心者)とちょっとトイプーの事を好き勝手に書いてます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

関東地方では、「梅雨は何処?」って位、今日は天気が良いです。

って事で、ほぼ一か月ぶりのアップです。


さて、今月末は夏の一大イベント8耐が開催される訳ですが、

今年もいつもの様に「テレビで観戦」です。


で、
そろそろ各チームのライダーが発表され
主要処はほぼ出そろったんですかね。

今年は、motoGPライダーはジャック・ミラーだけになってますけど、
その他の各カテゴリーから沢山のライダーが参戦されるので
例年に増して楽しみなのであります。

そして何といっても驚いたのは、
team KAGAYAMAが、
現在moto2に参戦しているシャハリン選手を起用した事です。

正直何故?って思いました。

確かに、
たまに上位を走って居る姿を見る事はありますが、
安定しているとは言い難いですし....。

例年は「おっ、そう来たか!やるなぁ〜!!」
と思わせてくれてたんですけどね。

まあ、
アジアロードに参戦しているTeam KAGAYAMAとしては、
....
そんなとこかと勝手に思いこんでます。



それはそうとして、
ついにGSX-R1000も新型となり、
当然8耐もスズキの各チームは新型での参戦となる訳で、

全日本ロードを見ると、
セットアップも順調に進んでいる様で
40周年記念大会をスズキ勢が飾る事が出来るんじゃないかと
いやでも期待してしまいます。

今年は、4メーカーの新型が出そろった訳ですので
熱い戦いを見せてくれるに違いありません。


この記事に

開くトラックバック(0)

そろそろ梅雨入り?

って事で、
チェーンがいい加減汚れていたので、
洗う事にしました。

今まで、いろんなチェーンクリーナーを使って来たのですが、
どれも今一納得のいく物が無かったです。(´-ω-`)ウムー

で、
結構前にWith Meの丸山さんが動画で紹介されていた
イメージ 1


Wako'sのチェーンクリーナーとチェーンルブを使って見る事にしました。


もう、
結果から言いますね。

これ良いです。

イメージ 2

これ、
清掃まえのチェーン&スプロケです。

ちょっと分かり辛いですが、
結構汚れてます。

Wako'sのチェーンクリーナーとチェーンルブを使った処。

イメージ 3


これだけ綺麗になりました。(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ


そして、

ドライブスプロケ周りの
ヘドロ状の油カスも

イメージ 4


ご覧の通り!(って見え辛いか?)


チェーンクリーナだけでこれだけ綺麗になりました。


使い方は簡単で、

①チェーンクリーナーをチェーン&スプロケットにスプレー。
②付属のブラシでゴシゴシ
③後は、水で流すだけ。

この”③”がポイントで、
油を溶かすタイプだと思うんですけど、
水で綺麗に流せるんですねぇ。

(o^ω')b グッ!

で、
さらにここからが良い所。

普通、チェーンを洗ったあとは、
水を拭いて→乾かして→ルブを塗布

ですよね。

乾かしている開いたに、
チェーンが錆びて来ちゃったり...(ノω`)・゜・。

でもですね。
wako'sのコンビ。

まず、
チェーンクリーナは、
水で流したあとでチェーンを錆から保護してくれるそうです。

そして、
ルブですが、
チェーンが乾かなくても塗布してOKです。

水置換性だとかで、
チェーンについている水を押しのけて
チェーン面に付着してくれるそうなのす。

なので
ルブを塗布した後、
ウエスなのでチェーンの余分な油分を拭くと
結構水が着きます。

そして気になる

”ルブの飛び散り”

ですが、

まだ走ってないので分かりません。ヾ(°∇°*) オイオイ 


ただ、
リアタイヤを空回りさせた(大体60km/hまで上げて)時は、
飛び散りは無かったですよ。

最後に
潤滑性ですが。

結構リアタイヤがスムーズに回るようになりましたね。

良い感じです。


ただ
一つ難点を言うと。

クリーナーは、
チェーン清掃、2回分くらいしか持たないでしょうね。

コスパは悪いです。


でも
これだけ綺麗になればOKです。

リピートすると思います。


ご使用の際は、
注意事項、用法をまもって
正しくお使いください。


この記事に

開くトラックバック(0)

もてぎに行こうと思っていたのに

雨!!

って事で、
先日の皮むきに続き、
皮むき後のインプレッション動画を貼り付けましたので
良かったらこれも見て下さい。


動画の中でも言ってますが、
比較対象は、レーステックRRK3です。

感じ方は人それぞれだと思いますし、
比較対象によっても感じ方は違うと思いますので
その辺は、ご勘弁ください。

あくまでご参考程度で。


で、結論を申しますと。

グリップ力は申し分無いです。
(RAKENレベルでは)RRK3に引けを取らないと思います。

そして、曲がります。

なので、
楽して曲がりたい人にはお勧め出来ると思います。

逆に、タイヤに任せたく無い人には向かないですね。

タイヤの特性(操作性)には慣れが必要かと思われますが、
α-13から乗り変える人にはすんなり受け入れられるもですね。



街乗りの感想等はおいおいお届けします。


この記事に

開くトラックバック(0)

稲取の金目鯛 後篇

って事で、

海老名SAを後にした訳ですが、

この後
二人に悲劇が襲い掛かる事など
知る由もなかったのでした。



久々の東名道、
平日で周りにトラックが多い
インカムの調子が今一


って事が重なって。



「あっ、厚木!」

と思った時には時すでに遅し、

RAKENは追い越し車線をばく進中。

息子はトラック2台を挟み、走行車線。

「秦野中井」まで行くことにしました。

しかし、
海老名と厚木ってこんなに近かったけ?


取りあえず、秦野中井で下りて、
小田厚道を目指すべくナビをセットしますが、
「もう一度東名に乗れ」と....。

一般道を優先で再検索。

が、これがさらなる失敗の始まり。

ナビの指示従い発進。

しばらく行くと
道路案内板の「小田厚道 右折」。
ナビ直進。

????

取りあえず、看板に文字に従い右折。


しばらく進むとナビ左折、道路案内無。

ナビの指示で進むと....、


住宅街。

「何処に向かってるん?」
「小田厚は何処?」

 この時RAKENは、
 ナビでは、小田厚を高速道路として扱う事を
 認識していないのでした。

もう頼みの綱はナビしかないので
ナビの仰せのままにしばらく行くと

「国道1号」の文字

ほっと胸を撫で下ろし小田原方面へ。


さらに行くと「西湘バイパス」看板。

「おー、結果オーライじゃねっ」と看板の指し示す方へ。

しかしそこには

「横浜、平塚」

(♪他に道は無しぃ〜♫。)


”全然オーライじゃねぇ〜!!”



海を右手に東進。
目的地は西。

次のI.CでUターン。
無料区間だった事がせめてもの救い。


なんとか、
ターンパイク入口に到着。

2台分の料金を払い、一路大観山へ。

  所で「大観山」って、
  「だいかんやま」「だいかんざん」?

イメージ 1


さて、ここからいよいよ「伊豆スカイライン」へと進む訳ですが、

幾度となる試練に道を阻まれ、
時間がかなり押した状況。
(ほぼ、RAKENのミステイクなんですけどね。)


と言う事で、
景色を楽しむ間もなく、一気に走り抜けてしまったので
割愛。


予定より2時間遅れで、なんとか目的地の稲取に到着。

途中、
海岸線にでてからの渋滞もあり、
すでにヘトヘト。

イメージ 2


今回、金目鯛をご馳走になるのは、

イメージ 3

網元徳造丸本店さんでございます。

小田原とか、伊豆周辺にもいくつかお店がある様です。

ですが、
2時過ぎにも関わらず、
ご覧の様に並んでます。

ここで諦めたら、
何の為に250kmを走って来たのか...。


イメージ 4

看板メニューを見ながら、
妄想を駆り立て。


待つ事30分。

店内に通されしばらくすると。


頼んだ料理が....。
イメージ 5

「迷ったらこれ」

って事で、「金目鯛彩り三膳」でございます。

金目鯛の煮つけに
金目鯛のしゃぶしゃぶ。
金目鯛のあらの味噌汁

とまさに金目鯛尽くし。(刺身は....)

房総でも金目鯛は食べられますが、
どことなくこちらの方が
身が締まっている気がしました。
(案外、漁場は同じだったりして...(笑))


美味しい金目鯛も頂き、
お土産も買って...

また250km走って帰りますか。


ハイ、日帰りです。

往復500kmです。

翌日、
体中が痛くて家から一歩も出なかった事は
言うまでも有りません。
(息子は元気に仕事に行きました)


(一日300kmまでにしよ。ぽちっと一押しお願いします)

この記事に

開くトラックバック(0)

稲取の金目鯛 前篇

先日、伊豆稲取にいって、金目鯛を食してまいりました。

事の発端は、
「伊豆スカイラインを走りたい」って息子の一声からなんですけどね。

で、
その後をどうするか。

天城を超えて西に出る事も考えたんですが
帰りが遠くなる。

「ならば」て事で、

稲取まで下って名物「金目鯛を食そう」

って事になった次第です。


予定より、1時間遅れで家を出発。

この時点から、
ちょっとずつ何かが狂い始めてました。

圏央道→常磐道→首都高

と順調に進み、

途中、息子のリクエストでレイブリを経由

5号線で若干の渋滞はあったものの

順調に東名道→海老名SAに辿り着きました。
イメージ 1

この日は、天気も良く。

イメージ 2

富士山は、若干霞んでましたが、

周りでは、子犬が走り回り。

空には、F/A-18ホーネットが舞う

長閑な風景でした。


息子によると、
なにやらメロンパンが有名らしい。

って事で、
店に向かうと、

何やら撮影の様。

イメージ 3

「テレビ?」

良く見ると、
イメージ 4

マイクに「ZIP」の文字が...。


先を急ごう。

って事で、メロンパンを調達。
イメージ 5

人気は、
この緑のメロンパンと

イメージ 6

こちらの北海道メロンパン(だったかな?)だそうです。

...ファミマに売ってた様な...。(失礼(;^ω^)ゞ)


ん、
普通に美味しいメロンパンです。


LAWSONだったけな....。(._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; ) ォィォィ


それにしても、
何年振りかに海老名にきましたが、
(そもそも、R1000で東名を走るのは初めてかも)

ずいぶんと変わりましたね。

前は、ファミレスと売店と屋台だけだった様な記憶が...。

ここを目当てに来るのも良いかもですね。

てっか、
近所の「守谷SA」にも行ってないや。
あそこは、近すぎて寄った事が無い。

とまあ、
本日のメインは「金目鯛」なので
メロンパンを食して出発です。

長くなるので
一旦切ります。


そしてこの後....。





この記事に

開くトラックバック(0)

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事