全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

新幹線並み 台風21号、暴風70メートル 大阪・難波のビル街
昨年9月、台風21号が日本列島を縦断した際、大阪市中心部の市街地で秒速70メートル近い暴風が吹いていた可能性があることが分かった。
京都大のチームがスーパーコンピューターを使った分析で明らかにした。JR難波駅(浪速区湊町)周辺の高層ビル街や、御堂筋など市内を南北に走る大通りで特に風が強かったという。
台風21号は昨年9月4日午後、非常に強い勢力を保ったまま近畿地方を北北東へ縦断した。
気象庁の記録計では、大阪市中央区で最大瞬間風速47・4メートル、関西国際空港で同58・1メートルを観測。
空港連絡橋がタンカーの衝突で破損するなど各地で大きな被害が出た。
竹見哲也・京大准教授(気象学)らのチームは、ビルが建ち並ぶ中心市街地ではさらに強い突風が吹いた可能性があるとみて、独自開発した気流解析ソフトに同市中心部(南北3キロ、東西2キロ)の建物の高さなどのデータを組み込み、風の様子を三次元で再現した。
その結果、JR難波駅周辺では上空の強い風が高層ビルの谷間を抜けて地表に吹きつけ、瞬間風速は70メートル近くに達していた。
また、ビルに面した広場や、南北に延びる御堂筋などの大通りでは、その風が周囲から集まり、さらに強まる傾向がみられた。
建物の配置や高さの違いが気流を乱れさせ、猛烈な突風を吹かせたと考えられるという。
風速70メートルは新幹線並みの速さで、人が立っていられないのはもちろん、木造住宅の倒壊や鉄骨構造物の変形が始まるとされる。
竹見准教授は「大都市特有の暴風リスクが潜んでいることを認識すべきだ」と話している。
研究成果は6日付の日本気象学会のオンライン国際学術誌に掲載された。

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事