全体表示

[ リスト ]

Ken's Diary

  今年(2016年)のノーベル文学賞は、日本の村上春樹さんが授賞すると思っていたが、はずれて米国の歌手であるボブ・ディランさんが受けた。

 意外だった。なぜ、村上さんではないのか。選ぶ基準が変化したのか、それは分からない。

 興味があるのは、村上さん自身の気持ちだ。賞をうけることよりも、今まで以上の作品を書き続けるのがベストだ、と思う。賞なんか、辞退するくらいの気持ちをもって書き続けてほしいと思うが。

 作家にとって作品がすべてであり、それにいつも集中すべきだろう。

 作家といってもいろいろいる。自分の作品だけでは食べていけず、安易な講演会や学校の教師になったりする者も多い。作品で勝負できない、作家が大半だ。

 作家はいつも自分の書いたもので勝負する。それをいつも忘れないでほしい。

この記事に


.


みんなの更新記事