ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

英彦山神宮の御朱印

 なんだかyahoo!ブログのアタマが変わってイマイチなれないので、なんだか勝手が悪く不慣れですが、これもなれないといけませんね(^.^)

 頑張っていきましょう!!

 昨日の霊泉寺で参拝をした後、腰が悪いのでスロープカ―で神宮に行きましたが、その前に国の重要文化財でもある「銅の鳥居(かねのとりい)」をご覧ください。
イメージ 1

 字の通り、銅でできています。

 寛永14年(1637年)佐賀藩主鍋島勝茂公の寄進によるもので、高さ7m、柱の周囲3mの堂々とし鳥居です(^.^)

 叩いても金属の音がしません!それだけたくさんの胴の量を使っているのでしょう!!

 そういえは、吉野山にも「銅の鳥居」がありました\(^o^)/

 写真を探すものの、何度も吉野山に行っているにもかかわらず「銅の鳥居」の写真は一枚も撮っていなかった(T_T)

 まあ、たいして違いがないといえばそれまでですが…(爆)

 こちらのほうは高さが7.5m、柱の周りは3.3m。

 大きさ的にはこちらが大きいようですが、これ叩くと金属の音がするんですね(^.^)

 ということは、英彦山のほうが…ということになりますが、こんな険しい山道を車もない江戸時代に佐賀からここ英彦山まで運んできたわけですから、そらそら驚きますね!!

 額もすごい額が掛けられています。
イメージ 2

 享保19年(1734年)霊元法皇の勅命を受けてから掛けられたものです。

 菊の御紋があちこちに…

 さて、空しくもスロープカ―で神宮境内に登って行きます(T_T)

 これがうわさのスロープカ―!!
イメージ 3

 境内までの階段は800段以上!!

 しかも段の高さが25cm〜30cmぐらいあるのでお年寄りはちょっと無理。

 ということで6年ほど前にこのスロープカ―の登場になったわけなんです。

 これの登場により車いすでも参拝が可能になり、なんと小型犬も乗せられるというすぐれもの!!(わんこは次の乗り換え地点から可能。指定のゲージに入れること。人と同じ料金です)

 便利な世の中になったもんじゃわい!!

 きちんとしたガイドもついて、乗り換えもスムーズ!!抜群のロケーションを堪能できます。

 このスロープカ―ができたのはほかにも理由がありそうなのです。

 これは推測ですが、スロープカ―の経路、昔は修験者の住居跡だったということです。

 明治の廃仏毀釈が行われるまで、約3000人住んでおりましたが、現在では200人ほどしか住んでいません。

 で、このように荒れているのです…。

 なんとか残そうとしているものの、やはり荒れてしまうので、花を植えたりスロープカーを作ることで、現場保存をしているのでしょう。

 スロープカ―で楽チンチンで境内へ行くものの、やはり10段ほどは階段を登らなくてはいけませんでした(T_T)

 鼻息荒く、「フン、フン!」いいながら、よじ登るように登って行きます。

 同じスロープカ―で来たどっかのオバチャンは「こげんか年寄りに厳しか階段はなか!!」とまあ、大声で大変ご立腹…(+o+)

 「オバチャン、あんたの生まるる前からここはこげんあったとよ。だいたい昔の年寄りはオバチャンの年になるまで生きとる人は少なかったちゃけ、こげなとこに参拝は来られんやったとよ。」と言ってやりたかったが…まあ言わぬが花ですな(^_-)-☆
 
 階段を上がるとどでかい境内が…そしてでっかい奉幣殿が!!
イメージ 4

 国の重要文化財でもある英彦山の奉幣殿…よくもまあこんな大きいものを…っていうくらいの大きさです(^.^)

 よく見ていただくとわかると思いますが、奉幣殿の屋根を支えている支柱があるのがわかりますか?色が塗っていないところ…それだけ重たいのでしょう\(^o^)/
 
 御朱印をいただくために社務所へ…ここの社務所も立派な建物\(◎o◎)/!
イメージ 5

 ここは社務所というより神社の拝殿のような建物です(^.^)

 さあ、神社に参拝へ…ということなんですが、実は拝殿はここより山の上にあります(T_T)

 この鳥居の先に、下宮、中津宮、中宮、上宮があるんです(^.^)

残念です…非常に残念ですが、今の私には下宮に行くこともままならず、ここで断念しなければなりませんでした。
 
 これから先はしっかりとした登山用の靴もはかないといけませんし、きっといつか近いうちに登ろうと決意したのでありました。

 参道を後に…

 おっと、マイダーリンと、一緒に行った叔母たち…

 よく見てください、先の方を歩いている人も手すりを握っているでしょう。

 それだけ、この階段が急な階段かがよくわかると思います(^.^)

 さて御朱印…
イメージ 6

 ここにも御朱印帳は売ってありましたが、鹿の表紙だったのでイマイチかなと思い、買うのをやめました。

 ツチノコの表紙だったら買うのに…

 そうなんです、ここ英彦山はツチノコの生息場所として知る人ぞ知る地域なんです(*^^)v

 ツチノコマニアな私は2000年の目標に「ツチノコの生け獲り」をあげていたので、ぜひともお目にかかりたいと切に願っておりました。

 登山する機会に恵まれたなら、ぜひともツチノコに遭遇でき、運よく捕まえることができたら、真っ先にこのブログでご報告しますゼ!!

  • 顔アイコン

    下宮までも達してないのですね。
    なるほど大きな神社だ。

    ぜっと

    2008/10/22(水) 午後 9:24

  • ぜっと。師匠、そうなんですよ。
    私たちが行ったのは奉幣殿だけだったんです。
    ここを完全制圧となると、早朝から来ないといけないようです(>_<)
    とにかく、スケールの大きな神社です!

    ふぅ

    2008/10/22(水) 午後 9:38

  • 顔アイコン

    銅の鳥居も額も奉幣殿も社務所も立派ですね!
    そして、下宮、中津宮、中宮、上宮への鳥居越しに見える階段の急勾配!
    身体堅固な人がしっかり身支度してもきつそうですね!

    スロープカーの謎、解けました・・・
    下りは無いのですか?

    ここの御朱印も立派な文字ですね!
    そして、この山に「ツチノコ」が生息してるんですか?
    捕獲すると賞金が出るのでは???

    無一

    2008/10/22(水) 午後 10:23

  • 吉野にも銅の鳥居ってあったんですね・・・もう疲れ果てて、全然記憶にございません(/_;)
    しかし広い広い境内に立派な社殿ですね!!!
    比叡山とか醍醐寺なんかを思わせます^^
    完全復活の際には、ぜひともテッペン目指してください!ツチノコもね(^_-)-☆

    [ - ]

    2008/10/22(水) 午後 10:33

  • 無一さん、スロープカ―、下りもしっかりあります。
    全然揺れなくて、体に優しい乗り物ですが、のろい…(+o+)
    上宮に上る途中は奇岩がたくさんあり、見ごたえがあるそうですよ!!
    御朱印はかきなれた感がありますね(^.^)
    そして何より、私の愛する(?)ツチノコがいるということでドキドキしたのですが、とにかく何かいそうな雰囲気のあるところですね!!
    2000年のニュースにツチノコを捕まえると2億円の賞金が出ると聞きました\(^o^)/
    それでハマったのですが…次登るときは絶対見つけねば!!

    ふぅ

    2008/10/22(水) 午後 10:34

  • ゆきよさん、修験道の山らしく、まったく人にやさしくない山ですが、景色は最高によく、空気の美味しいことといったらありませんでした(^.^)
    完全復活したら、絶対登って見せます!!
    そしてツチノコも必ずやGETしてみせます!!
    全国ニュースに出て、流行語大賞も狙いますけん、期待してくんしゃい!

    ふぅ

    2008/10/22(水) 午後 10:40

  • 顔アイコン

    こんばんわ、今日もご訪問ありがとうございます。あなたさまのような人気のあるブログでは、応対もさぞお忙しいことと思います。私にまでいつもお気遣いいただきありがとうございます。腰痛は人にわからない辛い病です。お気を付け下さい。

    [ 竹田の里 ]

    2008/10/22(水) 午後 11:59

  • 顔アイコン

    ヤフブロのHP、違和感ありますよね〜。
    なるほどこれがスロープカーですかー。
    私も階段を使わずにこれに乗っちゃうかも♪

    daizu

    2008/10/23(木) 午前 0:30

  • すごい霊験あらたかなお山ですね。
    一緒に参拝したような清々しい気分になりましたよ。
    スロープカーにワンコも乗せてくれるだなんて、なんて心が広いのかしら。

    [ - ]

    2008/10/23(木) 午前 5:52

  • 竹田の里さん、こちらこそいつもご訪問ありがとうございます。
    腰痛だいぶ回復してきました。
    軽い運動ならしてもいいと許可が出ましたので、そろそろ散歩も始めようかと思います。
    ご自愛ください\(^o^)/

    ふぅ

    2008/10/23(木) 午前 7:49

  • daizuさんもそう思われますか?
    慣れるしかないのかな〜(>_<)
    まあ、便利な部分はありますけど、違和感はありますね。
    とにかくここは階段がかなりきついので、お子さん連れはスロープカ―で登る方が多いですね(^.^)
    もちろんお年寄りも…でも、空気もきれいですし、食べ物もおいしかったですよ(^.^)
    紅葉シーズンにいかれてはいかがですか(^_-)-☆

    ふぅ

    2008/10/23(木) 午前 7:52

  • 狸〜菜さん、バーチャル参拝いかがでしたか?
    外国人の方はスロープカ―で行かず、しっかり登っている方が多かったですよ。
    いま、海外は巡礼ブームらしく、ここも何人か来ていました。でも…日本語がうまくてつまらんやった(爆)
    今度はわんこも連れて行きます!!ツチノコも捕まえるぞ!!とぅ(*^^)v

    ふぅ

    2008/10/23(木) 午前 7:55

  • こんばんは!(* ^ー゚)ノ-☆
    立派な神社ですね!しかも奉幣殿が大きい!まるでお寺さんみたい。それに8枚目の鳥居のところの後ろにある杉の木も高くて素敵!これはきっと森の空気も美味しいでしょうね。ご朱印も「英」の字の力強さが特に出てる気がする。スロープカー、面白そうだし、ここも行ってみたいリストに入れておきます。φ(。。)メモメモ
    でも、九州は行きたい神社さん多すぎて回り切れそうも無いなぁー。
    佐賀だと特に祐徳稲荷神社さん行ってみたいし…

    そうそう。腰の具合ちゃんとお医者さんに行って下さいね。長引くと良くないと思うから。
    ヾ(;´▽`Aアセアセ

    keinoheart

    2008/10/23(木) 午後 10:13

  • keiさん、腰の心配をしていただきありがとうございます。
    やっと、医者から運動の許可が出ましたので、また少しずつ鍛えようと思います。
    奉幣殿、いいところに気が付かれましたね(^_-)-☆
    じつはおっしゃるとおり、もともとはお寺のものだったんです。
    この前の記事にある霊泉寺のものだったんですが、廃仏毀釈によってこのような形になったようです。
    修験道のシンボルというべき奉幣殿は素晴らしい建物で、ここから上宮に上るのにふさわしい大いなる存在だと思います。
    ここはぜひとも行かれてください!
    神秘的な何かを感じること必定ですよ\(^o^)/

    keiさんほどの知識はないものの、私が推奨する神社は神秘さ100%は「天の岩戸神社」、「霧島神宮」、「宗像大社」。壮大さ100%は「筥崎宮」、「阿蘇神社」、「宇佐神宮」ですね。
    面白さでは、「櫛田神社」!何が面白いかは…お楽しみに!ぜひいらしてくださいませ〜!

    ふぅ

    2008/10/23(木) 午後 10:32

  • 【「天の岩戸神社」、「霧島神宮」、「宗像大社」。壮大さ100%は「筥崎宮」、「阿蘇神社」、「宇佐神宮」】

    なぁ〜〜るほど。φ(。。)メモメモ

    宇佐神宮さんは実は参拝しているんですよ。私の大好きな神社ベスト5の内、NO2に入ってました。最近参拝した神社さんが増えたので、ちょっと順位が変わったかな。(笑)記事も書いてますよ。http://blogs.yahoo.co.jp/keinoheart/20257502.html
    http://blogs.yahoo.co.jp/keinoheart/20470252.html
    お暇になったときにでもどうぞ。

    霧島神宮さん、阿蘇神社さんはぜひ行きたいのリストにもう既に入ってます(笑)面白さの「櫛田神社」???うぅ〜〜〜ん。なんだろうぉ??(´-ω-`;)ゞポリポリ

    keinoheart

    2008/10/23(木) 午後 10:56

  • keiさん、さっそく記事を読ませていただきました\(^o^)/
    下手くそな学者が書いた本よりもわかりやすくて面白かったです。
    天照大神のの墓が宇佐神宮…極端すぎる説かもしれませんが、案外ありうるかもわかりませんね。
    面白いことに卑弥呼の墓は「高千穂神社」の中にあるという説を唱える人もいます。
    そうなると天照大神=卑弥呼にはならないわけで…はて、こういう話は面白いですね(^_-)-☆
    いろいろな説をひも解きながら、国の成り立ちを考えるのはいい勉強になりますね(^.^)
    さて、紹介し忘れたのですが、福岡県大川市に「風浪宮」という神社があります。
    ここも候補に挙げてください。
    実はここ、磯良丸の先祖が代々宮司をされて、今に続いているんです。
    天皇家と同じ万世一系なんですよ!
    のぞいてみてください!!
    http://blogs.yahoo.co.jp/kennko4shida.13509401.html
    櫛田神社の面白さ…これは神社さんと氏子さんのしゃれ?とでも申し上げておきましょう(^.^)
    後は…お楽しみです(^.^)

    ふぅ

    2008/10/23(木) 午後 11:30

  • 顔アイコン

    すんません、keiさん\(^o^)/
    こっちが正解です。よく間違ってすんまっせん!!
    http://blogs.yahoo.co.jp/kennko4shida/13509401.html

    ふぅ

    2008/10/23(木) 午後 11:34

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事