ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

 真如堂の美しい紅葉を後にして、金戒光明寺へ…。

 で、その後にすぐ下の岡崎神社に参拝に行くわけですが、ここで宮司…いや、オッサンの怨念を聞かせられるとは…(+o+)

 その怨念とやらは後でじっくりお話しするとして、真如堂から坂道を下っていくと、黒門が見えてきます。

 そこはすでに金戒光明寺だったんですね。

 「黒谷さん」って親しまれているこのお寺…最初は黒谷さんって人が開いたお寺と思っていましたが、全然違った…(+o+)

 本当は山門から入るべきなのですが、私たちは真如堂からはいってきたので、ここは山門から入ることにしましよう。
イメージ 1

 写真は山門の裏です。

 表の方は駐車場に観光バスがいて撮影できなかった!チクショウめ!!

 しかし裏の方が紅葉があってきれいでした。

 ブロ友の雪夜さんはここに登ったとか…。

 かなりの絶景らしく私も勧められたのですが、蕎麦屋で叔母が尻もちをついて腰を痛め、私自身も出発前に体調を崩していたので断念!!

 左に階段が見えます、あそこから登るんですよ(^.^)

 さて、振り返ると御影堂が…
イメージ 2

 やっぱり、これまたでかいのだ…。ウ〜ン…。

 ここから真如堂に向かう人もいるし、私たちのように真如堂から来る人もいて、境内は賑やかです。

 ちょっと新しい感じのする御影堂だと思ったら、昭和19年に再建されたとか…。

 御影堂の左にはかの有名な「熊谷直実の鎧かけの松」がありました。
イメージ 3

 実に見事な松です!!松マニアにはたまらん!!

 参拝し、せっかくなので『紫雲の庭』を見学…。

 浄土宗の開祖法然上人が比叡山の修行だけでは物足らず、真如堂の本尊に祈願し念仏を唱えたところ、「紫雲たなびき光明赫奕、四辺を照らす」という瑞相が現れたので、ここに草案を構えたのが始まりだったとか。

 それで紫雲の庭っていうんじゃね(^.^)

 お庭に行く途中、勅使門が…
イメージ 4

 そして謁見の間…
イメージ 5

 撮影禁止ってなかったけど、写してよかったなかな?

 それにしても見事です(^◇^)

 ここは京都守護職を務めた松平容保(かたもり)が本陣を敷いたところで、新撰組の舞台になったところですね。

 バブル崩壊の頃、よくこの松平容保のことがドラマになったりしましたよね。

 会津藩の財政を立て直したことで有名で、小泉さんもよくコメントをしていたっけ。

 しかし、悲しい最後になっちゃうんですが…。

 それはさておき、『紫雲の庭』です(^.^)全部は載せきれないので、紅葉の部分をどうぞ!!
イメージ 6


 平成23年の法然上人800年大遠忌記念として整備されたお庭なので、まだ新しいためか、周りの自然と交わっていないところもあります。

 あと5〜10年もすれば、しっくりなじんだいいお庭になることでしょう(^−^)

 それにしても素晴らしいお庭です。

 後ほどHPを掲載しますので、詳しいお庭の風景はこちらでご覧ください。

 さて御朱印をいただいて、このお寺の下にある岡崎神社に参拝に行きました。

 今日はじめての神社への参拝で期待していたのですが…ここで、恨み節を聞くとは思わなかった!!

 拝殿です…(^◇^)なかなか立派な神社です。
イメージ 7

 外国人の方も熱心に見学していました。よかことですね〜(^.^)

 ここはご祭神がスサノオノミコト、クシイナダヒメノミコト、八柱御子神の三神。

 ヤマタノオロチの神話に基づいて、縁結びの神様、安産の神様として祀られているようです。

 で、安産ということでうさぎさんが祀られています。

 ちょうど、私のかわいいお友達が出産間近(11/20に女の子を出産)だったので、安産を祈願…。

 そして御朱印をいただこうと社務所へ行ったのですが、ここの宮司さん…いや、この際オッサンと呼ばせていただこう!!

 このオッサンが御朱印の字は書かないと言い出したではないですか!!

 いったいどういうわけか…要するにお寺さんが書いてくださる達筆の御朱印と比べられるのが嫌なわけです。

 このオッサンの言うことをそのまま書きます!頭にくるどころか、呆れてしまったので…。

 「京都のお寺は字のうまい人を高い給料を出して、御朱印を書いている。」んだと。

 だからなんなんと私は言いたいのです<`ヘ´>

 「だからって書かないよりはいいではないか!!」と!!

 もう、口先まで出かかるのをこらえつつ、腹の中で叫んでおりました。

 たしかにお寺さんのほうが神社よりも達筆な人が多いのは事実です。

 それは京都だけではなく、九州もそうです。

 もともと御朱印の意味を考えると、字のうまい下手は関係ないと思うし、少なくとも私たちは、うまい字を求めて御朱印をいただいているわけではないのですよ!!

 そんなに観光客や参拝者に恨み節を言うくらいなら、自分が寝る間も惜しんで習字の練習をすればいいではないか!!まったく…。

 そのくせ、この朱印は珍しいだのなんだの言って自慢し、志納かと思えば、しっかり300円って言って金はとる!!

 もう呆れたので、金戒光明寺とお宅の神社の御朱印を並べて掲載するわい!

 ほら!!
イメージ 8


イメージ 9


 日本古来の神道が、お寺さんに恨み節を言ってどうするのよ…( 一一)

 ちょっぴり嘆かわしい気分になりながら、永観堂へ…

 そこには岡崎神社のうっ憤を晴らしてくれるほどの、素晴らしい紅葉が私たちを迎えてくれました\(^o^)/


 金戒光明寺…http://www.kurodani.jp

  • 顔アイコン

    二つの御朱印並べたら、
    じゅ〜うぶん、鬱憤が晴れたのでは?

    スタンプラリーでもお金取るの???

    三門も御影堂、勅使門、謁見の間もそして松も立派ですね!
    立派な物を見た後に貧弱な者・・・
    ギャップ?ショック??が、大き過ぎますね!!

    無一

    2008/11/24(月) 午後 4:34

  • おぉ!お庭も ずいぶん染まってますね。ここのお庭、なかなか良かったでしょ〜^^
    山門へは急な階段を上らんとアカンので叔母様の腰を考えると止めておかはって正解かと。しかも寒かったですし^^;
    岡崎神社は前を通るばかりで行ったことないんですけど・・・そんな怨み事を言うなら最初から「ご朱印してへん」って言えばいいのに。
    地主神社ではそう言われましたよ。
    神仏に仕える身として、参拝者の気を悪くするような言動は謹んでいただきたい・・・(-"-)

    [ - ]

    2008/11/24(月) 午後 4:45

  • 無一さん、御朱印の件は一生忘れないでしょう。
    何分、中途半端なんですよね。
    するならする、しないならしないできちんと対応していただきたかったのですが…。
    黒谷さんのお庭は素晴らしかったですよ。
    あと10年もしないうちにもっともっとよくなっていくと思います。
    そのころまた訪れてみたいと思いました(^◇^)

    ふぅ

    2008/11/24(月) 午後 5:20

  • ゆきよさん、ここのこと事前に教えていただいて助かりました。
    何も知らなかったら、山門に上ることでした(^.^)
    後のことを考えると、無理をしないでよかった…(^◇^)
    岡崎神社って、結構由緒ある神社なんですよね。
    それがたったそんなことにこだわってどうするんだって言いたかったです、マジで…。
    そういう恨みつらみは直接お寺さんに言えばいいのに、立場の弱い参拝者に言うことではありませんね(-_-メ)
    ああ、一言文句いっときゃよかったわい!!

    ふぅ

    2008/11/24(月) 午後 5:25

  • 顔アイコン

    今晩は。
    真如堂から金戒光明寺へ。
    このお寺,風格のあるお寺ですね。紅葉も綺麗だし,「熊谷直実の鎧かけの松」,「紫雲の庭」などの名所もありして,行った甲斐があったですね。
    でも,岡崎神社ではちょっとがっくり・・・・。
    まあ,色々ありますね。
    さて,このあとは・・・・??

    [ しげよあゆみ ]

    2008/11/24(月) 午後 7:47

  • しげよあゆみさん、真如堂に比べれば紅葉の数は少ないものの、御影堂の天井の龍など、素晴らしい絵画や襖絵などがあります。
    幕末の激動の歴史も感じられる素晴らしいお寺さんでした。
    この後の岡崎神社はがっかりでしたが、永観堂では素晴らしい景色と感動の「みかえり如来」が待っていてくれましたよ(^.^)

    ふぅ

    2008/11/24(月) 午後 9:52

  • 顔アイコン

    御朱印ってのは旅の記念なんだから,とにかく書けばいいのにね。300円かあ,わはははは。

    だいたい,書の上手・下手ってのは,そうそうわからんもんよ。実はうちの表札,萩の土と釉薬で焼いた自作なんですが,書体はかの書聖・王羲之(おうぎし)のものから私の名字をピックアップして写したもの。自分では最高の出来だと思ってるんですけど,ところがぎっちょんちょん,ご近所には字体の評判があまりよくなくてねえ。わはははは。そんなものです。

    書聖といえば,漢字ってのは舶来の物だよね。かんながらのみちには,文字は存在しないわけだ。じゃあ,御朱印がなくて正解かも。わはははは。

    それはともかく,せっかくの京都の紅葉,穏やかなこころもちで眺めたいですね。

    ぜっと

    2008/11/24(月) 午後 10:46

  • すばらしい!お天気も良さそうでよかったですね。
    日本に帰りたくなりました。

    uetsuharam

    2008/11/25(火) 午前 0:43

  • ぜっと。師匠、まあなんというか…そんなにお寺に対抗心むき出しにしなくてもって思うんですけどね(T_T)
    師匠みたいな考え方で充分だと思うんですけど…。
    それはともかく、師匠の家の表札見てみたいものですね(^_-)-☆
    王義之なら見ごたえもあるでしょうし、アヤシイ外国人窃盗団も逃げていくのでは?(笑)

    ふぅ

    2008/11/25(火) 午前 8:34

  • uet*u*ar*mさん、日本に帰ってきたくなったですか\(◎o◎)/!
    まだまだこんなもんじゃありませんよ(^.^)
    今日の投稿、お楽しみにしていてくださいね(^−^)

    ふぅ

    2008/11/25(火) 午前 8:36

  • 顔アイコン

    (ふぅ)健康さん、松マニア?
    紅葉がきれいです〜(^_^)
    提灯?のウサギ、かわいいですね♪
    金戒光明寺の御朱印、立派ですね〜。

    daizu

    2008/11/25(火) 午後 1:38

  • daizuさん、松は嫌いじゃないですけど、マニアまでは行っていません(*^_^*)
    松も奥が深くて勉強せんといけません…。
    金戒光明寺のお庭は新しいけど、なかなかいい紅葉でしたよ(^.^)

    ふぅ

    2008/11/25(火) 午後 1:44

  • すんばらしいお天気でよかったね♪


    あらあら御朱印 並べられちゃったのね (*^m^*)

    朱印だけで300円とは 宮司さん もうかりますな〜アヒャャ

    モーちゃん

    2008/11/26(水) 午前 10:27

  • モーちゃん、こういうときは志納とかが多いんですよ。
    それにスタンプだけだったりとか、字を書かないときは200円っていうところもあって、ちょっと悲しかったです(T_T)
    妙な哀愁すら感じてしまった…。
    並べるくらいしないとわからんとよ(^_-)-☆

    ふぅ

    2008/11/26(水) 午前 11:14

  • あははは。(´-ω-`;)ゞポリポリ
    そういう言い方をしなくっても良いのにねその神職さん、確かにカチンと来るよぉ・・・でもねーこれ良い方かもよぉー。東京周辺の神社では墨書きじゃなくて黒の文字スタンプにするところあるから。あれは幻滅だよねー。下手でも良いから真心込めて書いて欲しいです。

    もう一つ。浄土真宗はご朱印を否定するところが実は多いです。そういうお寺は、赤く染まった思想があるようです。家の神棚を捨てろって指導したり、赤い政党に入れ込んでいたり・・・でも変な思想に染まっていない昔ながらの浄土真宗さんは、ちゃんとご朱印もやってくれるとこ多いです。残念なことに戦後、浄土真宗は東本願寺の本山が赤に乗っ取られて以来大きく変わってしまったんです。詳しくはここ↓
    http://www.honganji.or.jp/rekishi.html (昭和の法難を参照)

    keinoheart

    2008/11/29(土) 午後 5:16

  • なるほど、それで東京の本願寺は御朱印をしてくれるのですね(^.^)
    我が実家はもともと東です。
    ま、先祖が徳川幕府の天領の役人だったということもありますが…。
    今どうなっているのかわからない…(爆)

    ここの神社さんのいうことはわからなくもないのですが、さんざん恨み節を聞かせておいてしっかりと「300円!!」って言いますからね〜、もう…。
    どうせなら何も言わなくて300円って言ってくれたほうが良かったです。

    ふぅ

    2008/11/29(土) 午後 5:25

  • 神職さんってそういう人、たまに居るよね。
    ○| ̄|_.. OTL.. orz.. 。......
    墨書きの達筆でもお金要らないって神職さんも居るのにね・・・
    でも、 神様は別ですから神社を怨まないでね。(*- -)(*_ _)ペコ

    実は私の実家も浄土真宗の東です。神棚捨てろって言われた時は、マジでムッとしました。真言宗に宗派替えしようか真剣に悩んだこともありました。でも東京の本願寺さんは、神棚はあっても別に良いよって言ってくれたので、留まっています。

    keinoheart

    2008/11/29(土) 午後 5:42

  • keiさん、そうそう、まだ投稿していない稲佐神社の神主さんはそういう人でした。
    まったくド田舎の神社はこれなのに、観光地の神社はって言いたくなりますね(>_<)
    神様は大好きなスサノオノミコトですからね〜、きっと今頃くしゃみしているかも(^◇^)
    実家はもともと大工なので神棚は絶対必要!!
    でも、神棚は捨てろって言われたことはなかったみたいですよ〜。
    まあ、田舎だし檀家が減るのが困るからかな?(笑)

    ふぅ

    2008/11/29(土) 午後 6:08

  • アバター

    こんばんは^^
    あは〜w
    こんな楽しい記事を見逃していたなんて・・・・><
    やっぱり寺院の御朱印最高っすね^^☆

    橘朝臣幸麿

    2012/3/10(土) 午後 5:36

  • 幸麿さん
    九州以外でお泊り旅行はこちらの書庫に書いています。
    こちらはきっと幸麿さんの参考になる記事があるかもですね。
    もっとも東京以北はないですけど…><

    ふぅ

    2012/3/10(土) 午後 5:40

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事