ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

田島神社の御朱印

イメージ 1
 
 本当はしばらくはお寺の記事の予定でしたが、越前屋さんのリクエストに応じ(笑)、佐賀県唐津市呼子町に鎮座する田島神社を投稿します(^.^)
 
 田島神社は最近はやりのパワースポットらしく、女性が良く訪れるそうで、上の写真のように、私よりちょっとブサイクな(爆)女性の参拝が多かったです。
 
 こちらは呼子大橋を渡って加部島というところにある神社で、あまり知られていないようですが、九州で最も古い神社の一つだそうです。
 
 創建年代は不明…しかし、遣隋使や遣唐使が航海の安全祈願のために立ち寄った記録もあるそうです。
 
 ご覧のように船着き場がある神社なんですね(^.^)
 
 こちらには佐賀県で最も古い肥前鳥居、「頼光鳥居」があります。
 
イメージ 2
 
 大江山の鬼退治で知られる源頼光が、肥前守でこちらに赴任した時に寄進した鳥居です。
 
 本来ならば重要文化財級の鳥居だと思うのですが、残念なことに一度倒壊しています><
 
 場所が海辺で台風の通り道…まあ仕方がないですね…。
 
 元寇の舞台となった地域ですので、蒙古船の碇石もあります。
 
イメージ 5
 
 船着き場になっている鳥居のところには比較的新しいエース狛犬がいます。
 
イメージ 6
 
 新しいとはいえ、海辺ということで傷みが激しいですね…。
 
 ここから見上げる楼門は美しく…
 
イメージ 7
 
 大正時代に一度改修されているせいか、新しく感じます。
 
 階段を上って反対から…
 
イメージ 8
 
 やはり美しい…シンプルだけど、シルエットが私好み❤
 
 ここには力石(ちからいし)があります。
 
イメージ 9
 
 ここは肥前名護屋城に近いことから、秀吉をはじめ、秀吉恩顧の大名たちも参拝しています。
 
 で、ここで大名たちが力石を持ち上げ力自慢をしたという記録が残っており、今ではこの一つしか残っていません。
 
 加藤清正や福島正則などが力自慢をしたのかもしれませんね(^.^)
 
 拝殿です。
 
イメージ 10
 
  こちらの神様は宗像大社の神様と同じ神様、宗像三神(田心姫尊、市杵島姫尊、湍津姫尊)です。
 
 田島神社という名前はこの辺には「田島」という地名もなく、宗像大社のある地名が「宗像市田島」というところから、宗像大社から勧請してきた神社ではないか…と考える人も多いようです。
 
 こちら、拝殿の狛犬はかなり悲惨なことに…
 
イメージ 11
 
 吽像の狛犬はなんかギラついてむき出しになっている感じ…(^_^;)
 
 阿像の方はあまり傷みはないようです…。
 
 ここの狛犬の配置が問題なのかな…阿像の方は狛犬の前にソテツが繁って、燈籠があるので海風から守られている感じでした。
 
 吽像は楼門をくぐりぬけてダイレクトで海風が当たる感じでした。
 
 そしてここの末社には有名な佐用姫神社があります。
 
イメージ 12
 
「肥前国風土記」松浦郡の條に、宣化天皇の御代、任那平定・百済救済のため、 大伴狭手彦が派遣され、この村に到着し、篠原村の弟日姫子(佐用姫)と結ばれた。
そして、別れの日、鏡を彼女に渡す。弟日姫子は、鏡山に登り、
任那へ船出する大伴狭手彦へ褶(ヒレ)を振り続ける。
すると大伴狭手彦が戻って来て、弟日姫子と夜を過ごす、が早朝には帰ってしまう。 
地元の伝承では、大伴狭手彦を追って加部島までやって来てとうとう石(神石望夫石)になって、夫を思い続けることになる。
 ということで、この中には石になった佐用姫(望夫石)が祀られています。
 
 そんなに思われて大伴狭手彦も男冥利に尽きますが、私は石にはなりたくないなぁ〜(笑)
 
 石になってたまるか!と思いますけど(爆)
 
 そしてこの神社の奥には太閤祈念石があります。
 
イメージ 3
 
 秀吉が槍で突いて割れたとあります。
 
 が、この時秀吉もいい年だったはず…槍で突けるほど力があったとは思えないし、やはり伝説の域なのかな…。
 
 この辺りは秀吉にまつわる逸話が非常に多いですね。
 
 そしてこの神社周辺は原生林保護区に指定されています。
 
 自然の中にある神社なので、パワースポット的な感じがするのかも?
 
 確かに癒されるような、優しい雰囲気のある神社でした。
 
 怖さはないのだけど、不思議な感じ…。
 
 御朱印です。
 
イメージ 4
 社紋は「桜」だそうですが、なんで桜なのかは宮司さんもよくわからないとのことでした。
 
 ここに行くには公共交通機関では不便なので、車かレンタカーなどが良いかも?
 
  
  田島神社
 
 佐賀県唐津市呼子町加部島3956

  • 神社、狛犬が気になりだしたのは、ふぅさんの影響かしら〜!^^。
    きっと、そうですね〜^^。

    ☆アヤ☆

    2010/5/6(木) 午後 11:14

  • 立派な神社ですね♪たしかにパワーもってそうな雰囲気です。
    あはは(笑)、謙遜しちゃって〜。九州の女性は美人が多いじゃないですか〜。(*^_^*)

    船着き場があるなんて珍しいですね。
    楼門の写真、荘厳ですね〜。空の青さがまた美しい!
    九州で一番古いだけあって、数々の逸話があるんですね。
    歴史上の人物がこうして足跡を残されて、それを子孫が語り継ぎ
    現代に至る・・・ロマンですね。(*^_^*)
    ポチ☆!

    しまひろ

    2010/5/6(木) 午後 11:32

  • ょしきさん★
    エースは場所的に潮の被害を受けやすいので何度も代えられているのかもしれません。
    鳥居と神紋と楼門の説明しか聞いていなかったのでしまったと思いましたが…><
    拝殿の狛犬は猛烈ですよね…(爆)石があまり良くないというのもありますが、古さも相当でしょうね。

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午前 8:07

  • 幸麿さん★
    アハハ、ありがとうございます!
    あまり固い文章でも面白くないので、笑いを取る文章や、やわらかい表現を心がけています(^.^)
    女性の神様なので、女性が参拝しやすいのかな〜って思いますが、普通は女性の神様は嫉妬深いので女性受けしないんですよね…。
    やっぱり、パワースポットの影響でしょうか?

    拝殿前狛犬は石があまり良くないのでしょう。
    砂岩系かもしれません…ただ、味わいがありますよね(^o^)丿
    最近の狛犬にない味わいが❤

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午前 8:11

  • 幸麿さん★
    Wポチありがとうございます!

    この書庫の更新、どんどんしていかないといけません><
    とはいえ、調べながらの作業なので思ったように更新できないんですよ…。
    百人一首も作らないといけないし(爆)
    でも、本来は神社仏閣ブログからスタートしてので、へこたれずに更新していきますね!
    少なくとも今月はあと二つは!!(笑)

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午前 8:14

  • アヤさん★
    ありがとうございます!照れくさいです…❤
    古い神社…特に九州は多いですよね(^o^)丿
    神話に関係する神社や勝運守護の神社など、「イケイケ」な神社っていうとわかりやすいでしょうか?(笑)
    変わり種の狛犬は特別に編集している記事がありますので、後ほどゲストブックにお邪魔させていただきますね(^o^)丿
    私も勉強しながらの投稿ですので、こちらこそ勉強させてください。
    ポチありがとうございます!

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午前 8:20

  • アヤさん★
    ありがとうございます(^.^)
    そうおっしゃっていただけると励みになります(*^。^*)

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午前 8:21

  • しまひろさん★
    そういえば、九州出身の女優さんや歌手は美人が多いですね(笑)

    船着き場から即楼門がある神社は全国的にも珍しいでしょうね。
    階段は急なように見えますが、登りやすかったですよ(^o^)丿
    太古の昔から、中世、戦国時代、日露戦争と節目節目に歴史がある神社ですので、ぜひこちらに来られることがありましたら、お立ち寄りいただきたい良い神社です☆^(o≧▽゚)oニパッ
    原生林に包まれているので、優しい雰囲気がある良いところです。
    ポチありがとうございました(^o^)丿

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午前 8:25

  • いい雰囲気が伝わってきますね♪
    霊感はまったくありませんが、雰囲気や気の流れ?
    訪れて気持ちがいいな〜と自然に思えるところありますよね。
    そんないい雰囲気が、パワースポットと言われたりするのかしら。
    先日訪れた足柄山にも、念が固まったと言われる石がありましたよ。
    さすがに石にはなりたくないけど、それだけ思えるよか男に会ってみたい(笑)

    [ あやちゃん ]

    2010/5/7(金) 午前 10:01

  • あやちゃん★
    うん、私も霊感もないし、幽霊さんとかに会ったことがないからわからないけど、でも、気持ちの良い空間とか、身が引き締まる雰囲気とかは感じるよね☆^(o≧▽゚)oニパッ
    ここもそういうところだと思うよ(^o^)丿
    私も…石になるほどいい男に会ってみたい(笑)
    ( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午後 0:19

  • 顔アイコン

    歴史あるのですね〜。
    いつも勉強になります。
    ふう様が癒されたのならパワースポットなんですよ〜。
    私の場合、元気いっぱいのパワーを頂いたら全てパワースポットです。
    力石に挑戦は?
    ☆ポチ☆で〜す。

    カサブランカ

    2010/5/7(金) 午後 1:46

  • カサブランカさん★
    私も今回こんなに古い歴史があるとは知らなかったので、良い勉強になりました(^o^)丿
    私はぼ〜っとしているので霊感などはないのですが、なんとなく柔らかな雰囲気のある神社だな〜って感じました(^−^)
    自分で感じることができれば、それが一番ですよね☆^(o≧▽゚)oニパッ
    力石…かつて失敗していますので今回はパスです><
    ぽちありがとうございます!

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午後 2:39

  • 和泉と戦った鈴木健想の事ですかね。このレスラーは新日プロを離れ駄目になりましたね。
    体も大きく俊敏で期待の存在だったのに、 ハッスルに参戦し落ちぶれてしまいました(−−;

    権中納言・宇喜多

    2010/5/7(金) 午後 6:46

  • 顔アイコン

    権中納言宇喜多さん★
    はい、そうです(^o^)丿名前が出て来なかった…(爆)
    ハッスルに行ったんですか…目先の餡パンに食らいついて失敗しちゃったんですね><

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午後 7:59

  • アバター

    うん十年ぶりにアルバムを見たわ〜
    ここも行っていた!
    懐かしかぁ〜〜〜!

    yoh

    2010/5/7(金) 午後 10:09

  • ようさん★
    ありがとう〜〜〜〜〜〜❤
    どう?あまり変わっていない?エースの狛犬は以前行った時のままかな?
    神社ってあまり変わらないと思うけど、どうだろう?
    この後ツボ焼で一杯?(爆)

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午後 10:11

  • 顔アイコン

    はじめまして。
    こちらでは九州の神社関連の記事が、地元の方目線で書かれているのでちょくちょく拝見させてもらっています。

    やはりこうした古い土地の由緒ある神社というものはいいものですね。佇まいだけで絵になります。お社もあまりに大きくなりすぎると、どうにも人工的で権威的な感じがしてしまいますから。
    ただ、宗像大社からの勧進云々という説はおそらく誤りでしょうね。

    現在宗像三神と呼ばれている神々は、いわゆる「天津神」と呼ばれる神々とは直接関係のない、沖の島を望む東シナ海に面した地域一帯にもともといた在来の機能神・自然神ですから。
    そうした人神以前の古い神々は、崇拝されている地域内において、同時期に複数の場所で、時として同じ神が違う名前で祀られていることが多々あるのです。それに、神々の御霊を分けてそれを別の場所へと祀るという感覚が生まれるのは、神々が神殿という祭祀施設にその存在の一端を留められるようになる「神社」が誕生して以降の話なんです。

    ちょっと長くなってしまいましたが、おそらくこちらのお社は宗像の方と同じ時期から祀られていたものだと私は思いますね。

    [ snow_egret ]

    2010/5/7(金) 午後 10:27

  • 顔アイコン

    snow_egretさん★
    ご訪問ありがとうございます。
    なにぶん、神社の方も創建当時のことはよくわからないので、推測の域を出ないのは仕方がないのですが、いろんな説があるということは、ある意味固定観念でなく、ロマンがあってよいと思います。
    きちんとした記録や文献があればまた別でしょうけど、神社はそういったおおらかな部分が良いところですね。

    ふぅ

    2010/5/7(金) 午後 10:32

  • 顔アイコン

    今日は。
    佐賀県唐津市呼子に鎮座する田島神社って、最近はやりのパワースポットになっているんですか。
    同性の悪口を言ってはいけませんよ。後が怖いですよ。よくお分かりですね(大笑)。
    九州で最も古い神社の1つですか。それは凄い。
    船着き場がある神社です、熊野本宮大社、熊野新宮大社にそっくりですね。
    佐賀で最も古い肥前鳥居は寄進の由来伝説から「頼光鳥居」といわれているんですか。
    元寇の際に使われた元船の碇石もあるんですね。これは珍品です。
    楼門は確かに美しいですね。
    佐用神社もあるんですね。この話は昔、聞いたことがあります。懐かしいです。
    力作にポチです。

    [ しげよあゆみ ]

    2010/5/8(土) 午後 1:50

  • しげよあゆみさん★
    ( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \
    そうでした、そうでした(笑)そしてここは、女の神様ですね(^o^)丿
    最近BSで放送されていたのですが、パワースポットのようなことを言っていましたね。
    確かに潮のベトベトしたようなこともなく、日当たりが良いし緑も多いので、気持ちよい感じがします。
    熊野も船着き場がある神社なんですね…。
    やはり、当時の世相を反映して航海の安全のために立ち寄る場所というのは、こうして船着き場があるのですね…以前、鳥居のついた船を見た時に思いました。
    蒙古船の碇石は他にも筥崎宮や櫛田神社にもあります。
    形や大きさはほぼ一緒ですね(^.^)かなり本格的に計画を練ってやってきたのでしょう。
    楼門のシルエット、素敵でしょう(^.^)
    ぜひ九州に調査の折にお立ち寄りください。美味し海の幸もありますよ(^.^)
    ポチありがとうございます!

    ふぅ

    2010/5/8(土) 午後 1:59

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事