ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

イメージ 1
 
 時期外れの梅とはこんなにきれいなものかと、悔しいぐらいに咲き誇る太宰府天満宮の梅…。
 
 昨日、るしゃなさん一家とお友達の方とご一緒に、太宰府天満宮で「雲上麒麟之図」の奉納と、3月27日から黒崎井筒屋ギャラリーで行われる卓空さんの個展の成功祈願にお邪魔させていただきました。
 
 だいたい、私のような悪党がご一緒してよいものかと思いましたが(爆)、るしゃなさんご一家の温かいお誘いもあって、カメラマンを兼ねていったのですが…。
 
 途中で参道でお会いしたるしゃなさん一家と立ち話の中、なんと卓空さんが「私のため」にザビエルを描いてくださったそうなんです!
 
 繰り返しますが「私のため」です^^;
 
 お父様がとても素晴らしいと、あのごった返す参道の中で広げて見せてくれたのがこちらのザビエル…。
 
イメージ 2
 
 すごくステキなザビエル!ハガキサイズなのですけど、バックの金がものすごくて(写真ではどうしてもくすんで見えてしまいます)、シルバーの額縁がこれまたステキ!
 
 この日のため、「私のため」に描いてくれたんだそうです。それがただただうれしくて…。
 
 るしゃなさん一家に迷惑がかからないように、今日はおとなしくしていようと固く心に誓っていた私ですが、すっかりハイテンションになってしまいました(* ̄m ̄)
 
 麒麟の前で記念撮影…そのあと、社務所の控室で奉納手続きをしました。
 
 終わってホッとした卓くん(*^_^*)
 
イメージ 3
 まだまだ拝殿での祈願が控えているせいか、硬くなっています(*^_^*)
 
 そこがまたかわいいんですよ〜。
 
 
イメージ 4
 実物の麒麟と作品の麒麟。
 
 いかつい麒麟の顔が、卓君の手にかかるととってもかわいい!
 
 足元とかよく観察していますよね〜、私はこの足がとっても好きなんです。
 
 今回お世話をしてくださったM宮司さんと。
 
イメージ 5
 
 ちょっとだけ梅の花を入れて撮りましたが、M宮司の後ろからオーラが出ています!!不思議〜〜。何枚か同じ写真を撮ったんですけど、どれもオーラが出ていて、別の方が撮った写真は二人ともオーラに包まれていたそうです。
 
イメージ 6
 
 控室から見た梅の花。今が見ごろとは…。
 
 時間になって拝殿で祈願が始まりました。
 
写真はOKでしたが、祝詞が上がっている間は控えるように言われたのでなし。
 
 祝詞が終わってお父様が玉串をささげています。
 
イメージ 7
 
  この赤い御簾の向こうに菅原道真公の廟があります。 
 
 そのせいか何だかわからないけど、写真の色が変…。光線の関係かもしれませんが、この赤い御簾の部分を撮ったこの写真だけこんな感じ。修正をしたのですけどなかなかうまくいかなかったです。
 これも天神パワーなんですかね…ちょっとびっくりでした。
 
 参拝が終わって…。
 
イメージ 8
 
 奉納が終わりました。この麒麟之図は黒崎井筒屋にて展示されるので、いったんまた手元に戻りました。
 
 祈願が終わってホッとしたのでしょう。
 
 るしゃなさんと卓君の笑顔です(*^_^*)
 
イメージ 9
 
 よかった、よかった。無事に終わりました〜。
 
  今回はすっかりお邪魔虫でしたけど、本当に素晴らしくて楽しい奉納式でした。
 
 卓君、るしゃなさんご夫妻、そして人生の大先輩のお二人、本当にありがとうございました。
 
 個展まであと少しですけど、また元気にお会いしましょうね(*^_^*)
 
 卓君がますます好きになった私でした(^_-)-☆
 
 

  • 幸麿さん
    ワハハ、ジェラシーですか(^_-)-☆
    卓君はとってもかわいい、心のきれいな人でした。
    思っていた通りの、それ以上だったでしょうか、ますます好きになりましたよ(^−^)
    あ、幸麿さんも好きですよ〜。

    写真では伝わりにくいのですけど、金色がとってもきれいなんです。
    幸麿さんからいただいた、あの殿の甲冑の銀色のような、とっても神秘的な色なんです。

    そうそう、3年分…マンホールも同じくらい(笑)
    ポチありがとうございました!

    ふぅ

    2012/3/21(水) 午後 10:18

  • 顔アイコン

    GIGIさん
    そちらの事情はよくわかりませんが、おっしゃることは良くわかりました。

    ふぅ

    2012/3/21(水) 午後 10:20

  • ザビエルの絵とても上手く出来ていますね。奉納式ご苦労様。いいことがありそうですよ。

    マーシャ2

    2012/3/21(水) 午後 10:26

  • マーシャ2さん
    このザビエルは傑作だと思います。
    今日病院に持っていったら、みんな見に来て驚いていましたよヽ(^。^)ノ
    片時も離したくないザビエルです(^_-)-☆
    そうですね、きっといいかとがあると思います。
    卓君の作品がたくさんの人のところへ「婿入り」「嫁入り」できますように…それが一番の願いです(^_-)-☆

    ふぅ

    2012/3/21(水) 午後 10:30

  • こんばんは。
    ザビエルの絵、とっても素敵ですね、ポチ。
    何よりも、ふぅさんのために描かれたこの世に一枚だけのオリジナルですものね。
    何とも言えない慈愛に満ちた表情に、作られた方の心が映し出されているようです。
    卓空さん、とても純粋そうなすてきな方ですね。
    宮司さんの後ろにオーラ、確かに見えますね、人格の優れた方なのですね。
    卓空さんの個展の成功を遠い空の下よりお祈り致します。

    [ soty ]

    2012/3/21(水) 午後 10:49

  • 顔アイコン

    長い事ご無沙汰しておりましたm(__)m

    大宰府の梅も今が満開なんですね〜
    写真のあちこちに梅の花を入れていい感じですね。
    お二人の笑顔もとても素敵!
    ザビエルの絵も麒麟の絵も色合いが素晴らしいですね。
    ふうさんのいうように金の色がとてもとても・・・
    ほんとにきっとなにかいい事があるような・・・大傑作ですね〜☆☆☆

    ruru

    2012/3/22(木) 午前 0:02

  • sotyさん
    本当に心底うれしかったですね〜。私の今一番の宝物です(^_-)-☆
    卓君は視力のほとんどが見えない状態で、少しずつ丁寧に、何日もかかって描いてくれたんですよ。
    ザビエルの表情がとても良いでしょ。
    それにこの手が大好きで、卓君の作品の中の手はとても丁寧で美しいんですよ。
    卓君はとても純粋で、とってもかわいい方でした。すっかり魅了されましたよ(* ̄m ̄)
    卓君を見ていると、どうしてこういう絵が描けるのか、その一端が何となくわかったような気がしました。
    宮司さんが本当に良くしてくださって、やっぱりその人の人徳からくるオーラなんでしょうか。とっても不思議な光景でした。肉眼では全く見えないんですよ…。
    個展は間違いなく成功すると思います。ぜひ頑張ってほしいですね〜。
    ポチありがとうございます!

    ふぅ

    2012/3/22(木) 午前 6:59

  • ruruさん
    季節外れの梅とはいえ、ナイスタイミングでの奉納式になってよかったです(^_-)-☆
    太宰府は今日あたり、そろそろ散るころでしょうか。この日が一番良かったと思います(^−^)
    るしゃなさんと卓君、とっても素敵でしょう。
    本当に楽しい一日でした。
    卓君の作品で目立つのがこの金色でしょうか。
    全快の個展ではあまり見られなかった金色がとてもたくさん使ってあって、それもとても上品に使われているので見ていて心が落ち着きます。
    きっといいこと…はい、ザビエルが私のところに来たことですね(^_-)-☆
    今日あたり、「銘菓ざびえる」を買ってこようかと(笑)
    ポチありがとうございます!

    ふぅ

    2012/3/22(木) 午前 7:07

  • 顔アイコン

    素敵な絵と満開の梅の花、
    良い一日でしたね!
    満足気な笑顔のふうちゃんの顔が思い浮かびます!・・・ポチ!

    無一

    2012/3/22(木) 午前 9:30

  • ふぅさんのために描いて下さったザビエルさんの一枚、
    とっても素敵ですね♪表情と色使いがしっかりザビエってます(笑)
    麒麟の絵もすごいですね、明るい色彩がパッと目をひきます。
    すごいなぁ・・・
    何度も何度も見返してしまいました。
    傑作にポチ☆

    * こぐま *

    2012/3/22(木) 午後 0:21

  • 無一さん
    遅咲きの梅も、案外この日のために咲いたのかもしれないと思いました。ちょっと強引?(笑)
    とても良い一日で、私も本当にうれしかったですね〜。きっと実を結ぶと思います。
    ポチありがとうございました。

    ふぅ

    2012/3/22(木) 午後 3:57

  • こぐまさん
    今日もザビエルとデートしてきました(爆)
    もう、本当にうれしくてうれしくて、みんなに見せびらかしに行きましたよ(* ̄m ̄)
    ザビエってますか〜〜ワハハ!ほんとですね(^_-)-☆
    麒麟の絵は実際の麒麟と比べると本当にかわいらしいのですが、実際比べてみると、本当に精巧に描いているんですよ。
    これがまた本当に素晴らしいんですね〜。
    いつかそちらでも、個展を開く機会ができるかもですね(*^_^*)
    ポチありがとうございました!

    ふぅ

    2012/3/22(木) 午後 4:00

  • 顔アイコン

    ふうさんの感動が伝わります。
    本当に素的な時間だったのですね。

    卓空君の個展成功するようにお祈りしますよ。

    それにしてもザビエルは素晴らしい
    色も線も強くて優しくていいですよね。ポチ・・・花やママ

    hanatan

    2012/3/22(木) 午後 8:09

  • 花やママさん
    本当にステキなひとときを過ごさせていただいて、とても幸せでした(*^_^*)
    卓君はとても一生懸命で、心がとてもきれいな方だと思いました。
    それがザビエルに出ていますよね(*^_^*)
    今日もザビエルと一緒にデートをしたのですけど、親せきもとても驚いていました。
    きっと大盛況な個展になるでしょうね。今からが楽しみです(* ̄m ̄)
    ポチありがとうございました!

    ふぅ

    2012/3/22(木) 午後 10:03

  • アバター

    こんばんは^^

    あはw マンホも3年分っすか〜〜〜〜w
    すごいっすね〜^^

    一時、麿が描いた絵の在庫は沢山あったのですが・・・
    カラッカラっすw

    橘朝臣幸麿

    2012/3/22(木) 午後 10:27

  • 幸麿さん
    ええ、そうなんですか!カラカラ〜@@
    でも、本来は「絵画ブログ」なので、カラカラなのが正解なんですよね(^_-)-☆
    マンホは収拾がつかなくて困っています^^;
    出かけたときに撮りだめするので…。ああ、今月ももう一つ出さなきゃ^^;

    ふぅ

    2012/3/23(金) 午前 6:36

  • 素敵な一日になったようですね♪
    卓空さんの、“ふぅさんのために”描かれたザビエル、
    非常に温か味がありますね。ハートがとっても可愛いですね。(^^)
    奉納された麒麟の絵もとっても優しく、心なごみます。
    子供達に見せたら、かなり良い教育になると思いました。
    宮司様と拝殿の写真、不思議ですね。
    きっと道真公も喜んでらっしゃったのかもしれません。(*^。^*)
    また、お会いする個展の日が待ち遠しいですね♪
    ポチ☆!

    しまひろ

    2012/3/24(土) 午後 1:01

  • しまひろさん
    おかげさまでとても楽しく、ステキな一日でした。
    いただいたザビエルはとても人気があって、あちこち見せに行ったらリクエストまでいただきました。もう一度見たいって…うれしかったですよ〜(*^_^*)
    麒麟の絵は実物を写真に撮りましたが、比べてみると本当に良くできているんですよ。
    可愛いですし、それに不思議な安堵感もありますよね(*^_^*)
    私もこういうオーラが映ったのは初めてみました。
    写真を撮った方すべてに映っていましたので、きっとこのパワーは計り知れないものがあるんだと思います。
    すごいですよね〜。個展でお会いするのがとても楽しみです。
    ポチありがとうございました!

    ふぅ

    2012/3/24(土) 午後 5:55

  • 絵心のある人って本当にうらやましいですね ^^
    それと心眼というやつですかね〜、対象の本質を見抜いて、それをしっかり表現されている感じです。私なんかだと、あれもこれも種々雑多なものを描き過ぎて収拾がつかなくなりそうです ^^;
    お日和も良く何よりでした。ポチ☆

    越前屋平太

    2012/3/26(月) 午後 0:50

  • 越前屋平太さん
    私も絵心はあるほうではないですが、何となく伝わるものがある絵は何かが違うんですよね。
    それがわかればもっと面白いのでしょうけど、私もまだまだ未熟者。
    自分の世界を広げることができる人は本当に素晴らしいことですし、うらやましくもあります。
    私も「これ」をいうのも見つけてみたいですね…。
    まだまだ学ぶことが多い私です。
    ポチありがとうございました!

    ふぅ

    2012/3/26(月) 午後 5:27

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事