ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

久しぶりの遺跡にて

イメージ 1
 
 発掘現場の後に、久しぶりに遺跡を回ってみました。
 
 この日は雨上がりで吹く風は気持ちよかったけれど、日差しはかなり暑かったです。
 
 遺跡のほうもだいぶ古くなってきました。さすがに一度に屋根の吹き替えはできないので、今回は2〜3か所ほど葺き替えられていました。
 
 ガイドを務める弥生人も大活躍でした。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 あ、こっちの弥生人のガイドは結構スルーされていました^^;
 
 入り口で待つよりも、住居のそばにいたほうが、ハントしやすいと思うんですが…(* ̄m ̄)
 
 頑張ってください、弥生人!応援していますぜ、あたしゃ(^_^)v
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 こういうのを見ると、稲作は東南アジアを経て我が国…とりわけこの地にやってきたのだなぁと、感慨深いものがあります。
 
 「ネズミ返し」ですか?こういうのが付いていると、余計にそう感じてしまいます。
 
イメージ 4
 
 
 悲しいかな、職人の娘はこういうのを見ると撮らずにいられません^^;

 昔は山ほど茅があったのでしょうけど、今は少ないですね…。
 
イメージ 5
 
 冬は暖かく、夏は涼しい竪穴式住居。
 
 究極のエコ住宅ですね(*^_^*)これに防犯設備がしっかりしているなら、我が家も竪穴式住居に変えるところです(爆)
 
 ちょっと前の日本なら、防犯設備もいらなかったであろうに…。
 
イメージ 6
 
 住居跡から離れて、少し歩くとシロツメグサとウマノアシガタの海がありました。
 
 ここはまだ発掘されていない場所だと思います。この下には何があるんでしょう…。
 
 実はこの場所からフェンスを越えたところに、とても小さな神社があって、そこは一般に知られていない、とてもミステリアスな現象が見れるのです。
 
 古くからいる地元住民はここの遺跡と関係あると言っておられますが、学術的には完全スルーなんですよ。これからマムシの季節になるので行けなくなりますが、そのうちここも行って記事にしたいと思います。
 
 どんなミステリーがあるのか…ふっふっふ、楽しみにしていてください。
 イメージ 7                                               人の声しか聞こえない遺跡の中で、唯一の人工物の音は銅鐸の音。
 
 これは人の手で鳴らすのですが、風に吹かれて自然と音が出ていました。
 
 なかなかいい音がします…癒しの音ですね(*^_^*)
 
 連休中はとても多かった我が町自慢の遺跡。
 
 久しぶりに来たけど、なかなかのものでした(^_-)-☆  

  • 顔アイコン

    あっ!藁ぶき屋根に草が生えてる!(^_-)-☆
    もしか、魚眼レンズで撮りましたか〜^^

    弥生人の暮らし、やっぱり参考にしなくてはね〜
    うーん、ミステリーはとっても気になりますね〜
    シロツメグサの海、いいなあ〜
    この下に何があるんだろう〜気になりますね(^_-)-☆

    ruru

    2012/5/9(水) 午後 10:07

  • シロツメグサとウマノアシガタの下は、調査したことがあるんでしょうかね〜・・
    もしかして、公開できないナニかがあったりして(゜_゜i
    ポチ☆

    ょしき

    2012/5/9(水) 午後 10:57

  • (*´∀`)♥おはよう〜ございま〜す。♬

    こちらには、こういうのは見られないですね〜
    行ってみたいですよ〜
    この暇そうなガイドさんを独り占めして案内して頂いて・・(*´∀`)アハハ

    昔・・むかしの方は色々な意味でも最高のお家に住んでいたって事ですよね〜(^▽^V)ニコ

    ミステリアスな現象・・興味津々です〜
    怖がりの癖に聞きたい・・・・ ∵ゞ(^ε^o)プッ!

    (*⌒-⌒)σ;~☆ポッチン〜

    くらら

    2012/5/10(木) 午前 8:45

  • ruruさん
    いえ、これは普通のレンズですよ(*^_^*)
    そっか、魚眼でもいいかもですね〜。そろそろレパートリーを増やしたいところです(^_-)-☆

    シロツメグサの下には何があるのか、実際すごく楽しみなんです。
    大王のお墓のそばなので、何かしら高貴な香りがしないでもない…う〜ん、今のところしないですが(爆)ワハハ!
    でも、とても気持ちが良かったですよ〜。

    ふぅ

    2012/5/10(木) 午前 8:47

  • ょしきさん
    たぶん、基本的な調査は行われていると思いますよ(*^_^*)
    「なにかある…」とは思うのですが、掘ってみてのお楽しみという感じなのかもしれないです(^_-)-☆

    よく「桜の下には●体がある」って言いますよね。こちらは「シロツメグサの下には甕棺がある」となるのでしょうか(爆)
    ポチありがとうございます!

    ふぅ

    2012/5/10(木) 午前 8:54

  • くららさん
    面白くなさそうでも、実際はかなり面白いのがわが町自慢の歴史公園よ(^_-)-☆
    ぜひともガイドさんをひとりぢめして〜(* ̄m ̄)

    そうそう、今思えば昔の家ほど良いものはない…というのがこれを見たらよくわかると思うわ。
    家の敷地の周りを最高のセキュリティーで固めたら、ぜひ住んでみたい家です(爆)
    ミステリーは怖くないよ。むしろ、「うわ〜!こういうのが現実にあるのね!」ということ(^_-)-☆
    楽しみに待っててね!ポチありがとう!

    ふぅ

    2012/5/10(木) 午前 8:57

  • 銅鐸の音色はいいですね〜!
    自然の中の音色は響きが良くていいですね〜!

    ミステリアスな現象って、気になりますね〜(^_-)-☆
    シロツメグサとウマノアシガタの海の向こうの小さな神社・・・・
    なんだろうなあ・・・・?
    楽しみです!
    弥生時代住居にポチ!(^_-)-☆

    ☆アヤ☆

    2012/5/10(木) 午前 9:35

  • アヤさん{{s48}}
    この銅鐸のレプリカが売っていたら、絶対ゲットするはずでした(^_-)-☆
    でも…コスト的に売るのは無理なんでしょうね…残念!

    ミステリアスは…ミステリアスのほうが良いのかもしれないですけど、やっぱりブログネタとしては最高なので、近いうちに行ってみようと思います。
    今日は時間がなかったil||li▄█▀█●il||li
    楽しみにしていてくださいね。
    ポチありがとうございます!

    ふぅ

    2012/5/10(木) 午前 11:56

  • こんにちは^^
    遺跡を見ながら当時を想像するのも楽しいですよね〜。
    私も遺跡巡りしたいわ〜。
    昔の生活を毎日は無理でも一日体験とかあればしてみたいです。
    ミステリー気になるな。
    ☆ポチ

    カサブランカ

    2012/5/10(木) 午後 4:02

  • 顔アイコン

    あはは!弥生人が住んでるんですね(*^^)
    ははは、快適な竪穴式住居も防犯となると・・・・(^_^;)
    シロツメクサとウマノアシガタの海〜! 子供たちが喜んでレイを作りそうです(*^^)
    やはりここは町の自慢ですよね!いや国の自慢でもありますね(*^^)v
    銅鐸の音色を聴いてみたいです。ポチっとな

    daizu

    2012/5/10(木) 午後 5:25

  • カサブランカさん
    そうですね、ホント、お泊りでも一日体験ができるといいですね。
    きっと一日がとても長く感じると思います(^_-)-☆
    ミステリーは…じゃ、早く写真撮ってきます^^;

    ふぅ

    2012/5/10(木) 午後 5:34

  • daizuさん
    そうそう、これに防犯となると相当広い土地に住むか、『絶命するほどの罠』を仕掛けていないと無理かも(* ̄m ̄)
    ここは本当にシロツメグサが多くて、やっぱり元田んぼなのだな〜って思いました。
    遺跡になる前はみかん畑だったんですよ(^_-)-☆
    銅鐸は絶対欲しいです!もちろん使えるレプリカが…。
    ポチありがとうございます!

    ふぅ

    2012/5/10(木) 午後 5:36

  • アバター

    こんにちは^^
    そうですね〜^^
    御朱印ゲッターとしてはそっちに忙しいので、
    1年ほど滞在すれば・・・w

    橘朝臣幸麿

    2012/5/12(土) 午後 5:14

  • 幸麿さん
    ワハハそうですね。九州は基本神社が多いのですけど、霊場もゴッツイのがあるので、ぜひそちらも行かれたほうが良いですよね。国東とか、かなりすごい仏様があらしゃいます(^_-)-☆
    今年は御朱印ゲットがまだなんですよね…ちょっと暑くなる前に行こうかな(^_^)v

    ふぅ

    2012/5/12(土) 午後 5:18

  • アバター

    背中が寂しそうな弥生人^^;
    日陰が無い場所で、ずっと立ってるのはキツイだろうなぁ。
    ここを待機場所に指定した上司が鬼?

    ネズミ返しって効果あるんでしょうか(たよりなさそう)
    ここはニャンコを飼うしかないか?

    こっちも、つい数年前までは鍵無し外出も平気な、のどか〜な土地でしたけど、近頃は物騒になりました( ̄ω ̄A;アセアセ

    銅鐸の音・・・あぁ良い音色だろうなぁ〜関連グッズで売れば御当地グッズでHITしそう〜

    特に暑い夏場に聴きたい音色^^ぽち!

    栞

    2012/5/13(日) 午前 9:16

  • 栞さん
    この孤独な弥生人さんはポジションが悪すぎですね^^;
    手当たり次第に物色(爆)しているので、結構引いてしまう人が多かったです。やっぱり、興味ある人を物色したほうがいいのにって思うんですけどね^^;
    ネズミ返しは効果はあるんじゃないかと思います。
    この辺のネズミはドブネズミとかじゃないので、小さいですよ。
    おそらくこんなところにいたら、烏の餌になりますね^^;リアル見ましたよ〜@@
    銅鐸は私も欲しいです!ここには売っていないんですよね〜〜〜。誰か作らないかと思います。ワハハ!
    ポチありがとうございました!

    ふぅ

    2012/5/13(日) 午前 9:25

  • 1枚目、そして5枚目のショット、いい雰囲気ですね♪
    1枚目は、一般の方がいなければタイムスリップした気分に
    なりますね。(^o^)
    最近はめっきり見なくなった茅葺き屋根ですが、弥生時代から
    昭和(今もどこかに存在していると思いますが)まで存在したことを
    考えると、日本の風土によく合ったものなんでしょうね。
    ネズミ返しも、知恵の賜物ですね。本当に上れないか、我が家のハムスターで
    試してみたいです(笑)。
    小さい神社のミステリアスな現象、気になりますね〜。(^o^)

    風のささやきに応える銅鐸の音…、私も聴いてみたくなりました。(⌒∇⌒)ノ""
    ポチ☆!

    しまひろ

    2012/5/15(火) 午前 8:12

  • しまひろさん
    ここは映画のロケにも使われたのですが、本当に」時代を感じますね〜。
    日本の風土や自然を体感できるのは、こういう建てものが一番だと思います。ホント、これは良くできているんですよ。快適で過ごしやすくて、最高なんです(●^o^●)
    ネズミ返しは東南アジアの高床倉庫がそのまま日本に伝わってきた証なんです。これも知恵ですよね〜。
    昔の人は生活にかかわることは必死に知恵を絞って生きてきたんだなぁと、改めて思いました。

    あ、やっぱり神社は気になりますか(* ̄m ̄)
    近いうちに…と言っても、草が多くなると危険なので…マムシが出るんですよ^^;
    もう少し待っていてくださいね。
    銅鐸は欲しくて欲しくて(笑)ホント、いい音色でした(^_-)-☆
    ポチありがとうございます!

    ふぅ

    2012/5/15(火) 午前 8:43

  • ここは有田に行く電車から見ただけで、まだ現地に足を踏み入れていません。いつかは行かねば!と思いつつ、なかなかチャンスがないのですよねぇ。。。
    しかしさすがに有名観光地ですね。復元された竪穴式住居の茅葺の葺き替えが定期的に行われているのですね。こちらの復元竪穴式住居は朽ちて廃墟と化しているところもありますよ(涙)
    こうした茅葺の技術もずっと継承されていくと良いですね。ポチ☆

    越前屋平太

    2012/5/15(火) 午前 8:54

  • 越前屋平太さん{{s48}}
    あらら、車窓の眺めでしたか〜〜〜。ぜひ、途中下車してくださいよ(^_-)-☆いいところですよ。ここは間違っても『がっかり名所』にならないところですので、安心してきてください(^_-)-☆
    やっぱり、営業が民間でされているので、一時期よりも収入がうんと増えたということもあるのでしょう。修理は国営ということで税金が投入されていますけど、いずれそれらもここの収入で賄えるのではないかと思っています。
    ああ、確かに各地の復元された竪穴式住居はかわいそうなところがありますね…。相当お金がかかるのでしょうけど、後世に絶対残すべき建物なので、なんとか残していただきたいですね(^_-)-☆
    ポチありがとうございました!

    ふぅ

    2012/5/15(火) 午前 9:01

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事