ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

與止日女神社の御朱印

 すっかり「吉野ヶ里シリーズ」にハマってしまい、御朱印が溜まってしまいました(>_<;)
 また、ぼちぼちUPしていきますね。

 ということで…
「與止日女(よどひめ)神社」のご紹介です。
イメージ 1

 この神社は「肥前一之宮」である神社なのですが、ちょっと謎の神社なのです
 「與止日女神社」は”與止日女命”を祀る神社なのですが、実はこの”與止日女命”とはどんな神様なのか、いまいちわかっていないのです(+o+)
 そんなわからん神様を祭って…と思いますが、諸説あって何とも言えないようなのです。
 事実、この神様を祭っている神社はかなり少ないようなので、それが謎に拍車をかけているのかもしれません…。

 その諸説とやらは…
  /生皇后の妹
 ◆)玉姫命(竜宮城の乙姫で、神武天皇の御祖母)
  シャーマン的な要素を持った女性の”王”

 ´△録声劼領歴記にも書かれています。
 については、このそばを流れる川の上流に、往来する人の半分を殺す「荒神」がいて、それを鎮めるための神を祀ったということが、「風土記」に書かれているそうなのです。
 通説としては´△多いようですね。

 私は好奇心旺盛なので、こういう謎は大好きで、また機会があったらよく調べてみたいと思います(^.^)

 さて、狛犬さん…
 ここは阿、吽それぞれ三対ありますが、2番目に古い狛犬をUPします。
イメージ 2

 どっちがどっちという感じで、傷みが激しいですが、幕末のころの狛犬だそうです。
 砂岩製の岩石だそうで、だからなんでしょうね、その前の年代の方の狛犬の方がしっかりしています…。
 幕末ですから、まだ良い石が手に入ったであろうに…と思うのですが…
 
 こいのぼりがたくさん。
 神社のすぐそばを流れる川では、「川上峡まつり」が行われ、ごらんのとおりのこいのぼりが泳いでいます。
 土、日、祝日は川に屋形船が浮かび、こいのぼりの下を行ったり来たりして、にぎわうとのこと。

 川端を歩くと、大きな楠が…
イメージ 3

 県木に指定されているだけあって、すごい大きいです\(◎o◎)/!
 画面に入りきれませんでした。
 木の枝の間には腐葉土が溜まり、画面ではわかりづらいと思いますが、そこから花やほかの木が芽を出しています。
 もう、まるで「トトロ」や、「ねこバス」がいそう…(^.^)
 なんとなく、霊気ただよう、そんな木です。

 お参りが済んで、社務所に御朱印をいただきに…
 春の大祭だったということもあり、忙しそうにしてましたが、快く頂きました(^.^)
 「どこから来なすった?」
 と聞かれ、住所を告げると、「なんだ、ちかくやんね〜」と、言われちゃいました。
 一之宮巡りで、北海道から来る人も多いとか。
 だから、近くでがっかりしたのかい、と思ったら、「近くなら、いつでもお参りにこんね〜、いつでもまっとうよ〜。」
 といわれました。
 さすがに、自分の浅はかさが恥ずかしかったです((+_+))
 朱印帳を出すと、たまたま隣が「高良大社」の御朱印があって、お手伝いに来られていた氏子さんもそれを見て、
 「若いとにえらかね〜。」とか、
 「立派な心がけですたい。」と、まるでドロンジョ様にほめちぎられているボヤッキー状態!!
 みんな寄ってきたので、志を渡して、早々に後にしました。
 あ〜、恥ずかしかった…((+_+))
イメージ 4
  


    肥前一之宮  與止日女神社(よどひめじんじゃ)

     佐賀県佐賀市大和町川上1−1
           筺。娃坑毅押檻僑押檻毅沓娃

  ★ 社務所はたまにおられないときもあるようです。
    電話で確認してから行かれた方がよいかもしれません

  • 顔アイコン

    今晩は。
    何やら由緒ありげな神社ですね。狛犬,迫力があります。楠の木も立派です。
    確か与賀町にある与賀神社の祭神も与止日女神でしたね。そんなに珍しい神様なんですか。

    [ しげよあゆみ ]

    2008/4/23(水) 午後 8:38

  • この神社の創祀は564年とのことで、鎌倉幕府以前の創祀された神社の約11%ほどしか、この神様は祀られていなかったそうです。
    当然、詳しい資料もごくわずかしかないようですね。
    一之宮で祀られているというのは、間違いなく珍しいのではないのでしょうか?
    日本史の隠れたミステリーかもわかりませんね(^.^)

    ふぅ

    2008/4/23(水) 午後 9:16

  • 狛犬さん・・・なんやカワイソウですね・・・阿吽の呼吸も出来ん感じが・・・^^;
    歴史の謎って興味わきますよね!また調べたら教えてください^^
    楠も立派やし、鯉のぼりも壮観ですね〜^^
    穏やかな雰囲気がいいです!(^^)!

    [ - ]

    2008/4/23(水) 午後 9:17

  • はい、そのとおりです(^.^)
    人工呼吸もできない…(>_<)
    本当に謎の神様なので、なんとか調べてその正体を暴いてみたいと思います。
    そのうち、大発見があって、新聞に出たりして…(^.^)
    いや、別の意味の方が確実かな?
    「参拝の主婦!屋形船から酔っ払って転落!土左衛門となって有明海で発見!」とか…

    ふぅ

    2008/4/23(水) 午後 9:24

  • 迫力のある狛犬ですね。
    狛犬に阿吽がるとは知りませんでした。
    何処の狛犬もそうなっているのかな?

    シュナヘアー

    2008/4/23(水) 午後 9:50

  • はい、形はいろいろの狛犬さんはいらっしゃいますが、阿吽はだいたいあると思います。
    ここまでかわいそうな狛犬はないでしょうが、パッと見わかりにくい狛犬さんもいるので、気がつかないこともあります。
    面白い狛犬もあちこち写真を撮っていますので、いつか特集を組んでみたいと思います(^.^)

    ふぅ

    2008/4/23(水) 午後 10:14

  • こんばんは!ヽ(=´▽`=)ノ
    いずれ、いえ、絶対にいつか参拝したい神社さんですね。だって全国一ノ宮を制したいって思ってますから。(笑)でも、何時になることやら…ヾ(;´▽`Aアセアセ

    ご祭神が不明になることは良くありますよね。昔は漢字が音だけで判断されていたから、與止日女さんが色々な女神さんと同一だったりする場合もあったんじゃないでしょうか?

    狛犬はちょっと痛みが激しいですね。新しい狛犬を奉納する方って居ないのかな?でも、こういう苔むした狛犬も味があって私は好きだったりします。(* ^ー゚)ノ-☆

    keinoheart

    2008/10/23(木) 午前 0:14

  • keiさん、おはようございます。
    全国一之宮は私も制したいです(^.^)
    しかしながら、離島もあるわけでして、かなりの困難もありますね。
    でもいつかは制したいです(^−^)がんばりましょう!!
    狛犬さん、これは幕末のころのもので、それ以前のものよりも痛みが激しいんです。
    このころは砂の入った石を多く使ったようで、同じ時期の狛犬はこういう風に崩れているものが、この地域に多いようです。
    しかしここまで崩れて、苔むしているのはここだけみたいですよ。
    ただ、阿吽のどっちかがわかりませんのが悲しいですが…(爆)

    ふぅ

    2008/10/23(木) 午前 8:26

  • 顔アイコン

    狛犬は風化し,塵から生まれ塵に還る。
    風雨にさらされ果てていくのもまた必定の理。
    なるほど,これはこれで,味わいがあります。

    ぜっと

    2008/11/13(木) 午後 11:29

  • ぜっと。師匠、なかなか味のある苔までむした狛犬でしょう。
    ちょうど幕末にできたこの地方の狛犬は、砂を多く含んだ石を使っているようなので、結果このような無残な姿に…(+o+)
    こちらに参拝に行くこともしばしばあるので、行くたびにチューしてやりたくなります(^◇^)

    ふぅ

    2008/11/14(金) 午前 8:08

  • こんの神社の御祭神與止日女命の與止は
    卑弥呼(日巫女)の宗女「壹与」(とよ又はいよ)だと思いました。

    卑弥呼(日巫女)が大日?査貴尊であれば、與止日女命≒壹与≒豊受姫
    でないかと思います。
    いきなり失礼しました。

    [ - ]

    2009/8/10(月) 午後 6:37

  • AstaraIthildinさん❤
    う〜ん、これこそいろんな説があって、どれも決定的なものがないんですね…。
    この後いろいろ調べてみたのですが、結局確かな決定打は見つかりませんでした。
    ま、歴史のファンタジーということで…。

    ふぅ

    2009/8/10(月) 午後 7:47

  • (^0^)。.:*・゚こんにちは♪

    狛犬さん
    どんなお顔をされていたのでしょうね〜〜〜
    風雨にさらされ・・・凄い事になっちゃってますね〜

    由緒ある神社で お祀りされてるのが乙姫様なんですね。。
    近くにオロチ&乙姫様・・・凄い所にふぅちゃんは住んでいるのですね(*^▽^)Vブイ!

    素敵ですね〜〜ヾ(☆^∇^)ノ 〜♪
    楠も素敵〜!
    (*^0^)⌒ ☆ポチ〜〜

    くらら

    2010/1/5(火) 午後 4:10

  • あちゃ〜、いくらなんでもこの狛犬さんはちょっとかわいそうだなー。
    これ以上傷まないようになにか対策してほしいです。

    トオル

    2010/1/5(火) 午後 4:27

  • くららさん★
    この狛犬の石はとても石とは呼べないものだったそうで、これよりも古い狛犬のほうがまだきれいでいます。
    確かに…私の住んでいるところは神話やおとぎ話のようなところだね。
    アハハ、今まで気がつかなかった!!
    ここは場所的にすごくいいところです。いつも誰がいますよ〜(^.^)
    ポチありがとう!

    ふぅ

    2010/1/5(火) 午後 4:52

  • トオルさん★
    これはもうこのままにしておくそうです。
    狛犬の運命とは、やはり朽ち果てるまで神様を守るからでしょう。
    でも、見るからに痛々しいですね…狛犬よりも台座が頑丈だなんて…。

    ふぅ

    2010/1/5(火) 午後 4:53

  • 顔アイコン

    この狛犬さんの姿は痛々しいですね〜。
    「朽ち果てるまで神様を守る」‥確かにその通りではありますが‥。
    ご朱印の文字が素晴らしいですね。
    ポチ☆

    Kazuno_mitu

    2010/1/7(木) 午後 5:43

  • kazuno_mituさん★
    そうなんです…><大正時代初めごろだそうですが、それより前のほうが傷んでいないんですよ。
    それとなく聞いてみたのですが、このままにしておくということなので、行くたびに痛々しいこの狛犬を見ないといけません(泣)
    御朱印は宮司の奥様の字です。書きなれていらっしゃいますね(^.^)
    宮司の字も素晴らしい字を書かれますが、奥様も上手ですね。
    ここの御夫妻はとても気持ちの良い方ですよ(^.^)

    ふぅ

    2010/1/7(木) 午後 5:51

  • アバター

    そうそう、ここは謎だらけですね。

    与止日女となってたり、川上社だの河上社だの。。。
    ネットだと場所を特定するのが大変でした^^;
    訪問する分には、現地で聞けばスンナリだと思うんですけど^^;

    高良大社と違い、一の宮の面影が少ない^^;
    やっぱ神代に与したのが、後々の寄進具合に響いたのかな〜

    この字は風韻あって良いですね〜筆致が円やかで見てると和みます^^
    ナイスヽ(*´∀`)ノ★ぽち

    栞

    2013/7/14(日) 午前 11:14

  • 栞さん
    ここは神代の影響はあまりないのではないかと思うんです。
    もちろん、のちの鍋島家が手厚く保護しているのは近くに別荘地(十可亭)を立てていることから明白なので、あるとすればすぐそばの実相院のほうが力を持っていたのかもしれません。
    その辺の事情は知っていても現地の人も教えてくれないかもです^^;
    この御朱印は宮司の奥様の字で、今でもたまにお見かけしますけど、よいバランスのとれた夫婦ですよ(* ̄m ̄)
    ナイス!ありがとうございます!

    ふぅ

    2013/7/14(日) 午前 11:22

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事