ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

 昨日、ご紹介した大興善寺の続きです…

 あまりのつつじの素晴らしさに、まだ興奮冷めやらぬといった感じですが、
お寺さんの紹介はしておりませんでした。

 717年、行基が草庵を結んで以来、1300年ほどの歴史があるお寺さんですが、火災にあうなどしながら、今日に至っています。
 昭和53年に、九州で初めて、天台宗別格本山になりました。

イメージ 1

 階段を上がって、仁王門をくぐったところを、振り向いて、パチリ(^.^)

 若い紅葉が大変美しく、目にしみるぅ〜

 本堂です

 茅葺の本堂で、思ったよりも小さな本堂ですが、苔生して、風情がよく、周りのつつじとの景色がとてもいい感じです…

イメージ 2

 本堂では、たくさんの善男善女がお参りをしています。
 
 ここの銅鑼もとてもよい音です…

イメージ 3

 本堂右横にある休憩所になっている藤棚です。

 平地の藤とは違い、色も長さも申し分なく、きれいでした。

 後ろの水車もいい感じです(^.^)

 ちゃんと動いていますよ(^.^)

 ここは、「九州四十九院薬師霊場四十九番札所」になっています…

  
 「小松内府」とは、平重盛公のことで、彼の遺髪がここに埋められているということです。

 大興善寺の山号「小松山」はここからきています。
 
イメージ 4


 ★ 家庭画報選定「花遍路八十八寺」、「日本の歩きたくなる道500選」  に選ばれています。


  九州三十三観音霊場第四番札所、九州四十九院薬師霊場四十九番札所

      天台宗別格本山  小松山 大興善寺
   
    佐賀県三養基郡基山町園部3628

        筺。娃坑苅押檻坑押檻横僑横

  • 顔アイコン

    今晩は。
    ヘエェー,小松内府重盛の遺髪をおさめた五重石塔があるんですか。どんな由緒があるんですかね。
    興味をいだかせますね。

    [ しげよあゆみ ]

    2008/5/7(水) 午後 10:31

  • もう少し、詳しく調べられたらよかったのですが…(>_<)
    九州は平家の落人伝説があちこちにあります。
    安徳天皇や二位の尼を祀ってある神社や、仏閣も数多くあるので、その中の一つではないでしょうか?
    平家物語は好きなので、平家ゆかりの土地へも行ってみたいと思います。

    ふぅ

    2008/5/8(木) 午前 8:22

  • 顔アイコン

    それ↑同感です。ご立派!
    これから、応援させてもらいます。

    [ ジュリア♪ ]

    2008/5/8(木) 午前 11:44

  • 緑が眩しい〜!茅葺も風情があっていいですよね。なんかこう安心感があると言えばいいのか・・・
    そして「藤と水車」素敵です!(^^)!
    でも・・・観音様にすがる じいちゃん・ばあちゃんは・・・人間の真の姿なんでしょうか・・・ちと切ないですね^^;

    [ - ]

    2008/5/8(木) 午後 8:42

  • ここは仰々しさがなく、落ち着いた雰囲気で、すっかり大好きになりました。
    じーちゃん、ばーちゃん、な〜んか、たまんない顔していました\(◎o◎)/!

    ふぅ

    2008/5/8(木) 午後 10:01

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事