ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

冷泉山龍宮寺の御朱印

 昨日はなんというか、ドタバタした一日だったので、今日は心穏やかになるよう、願いを込めて…

 先日ご紹介した「東長寺」の正面にある浄土宗のお寺、「龍宮寺」についてです。


 東長寺に比べたら、かなり小さなお寺で、観光客も案内板を見て通り過ぎてしまうようなお寺ですが、 このお寺には面白いものがあります。

 なんと「人魚の骨」です。

 山門です…
イメージ 1


 山号の「冷泉山」とは、人魚が博多で捕らえられた時、時の帝の勅使「冷泉中納言」が京より検分に来られ、しばらく逗留したことから、「冷泉」の名をいただいたらしく、このあたりの街の名前も「冷泉町」になったそうです。

 「龍宮寺」というのは、やっぱり人魚から来たのでしょうか…

 観音堂の横にある「人魚塚」です。
イメージ 2

 もともとこのお寺の前身は博多湾に浮かぶ「浮御堂」だったそうで、火災等で現在の位置に移転されたそうです。

 「人魚塚」もその時に移転されました。

 しかしこの「人魚塚」新しく見えませんか?

 先代の「人魚塚」は、この石を削って飲むと長生きするらしく、おかげでボロボロに…(+o+)
 
 残念ながら、先代の石はありませんでした(^.^)

イメージ 3

 観音堂の内部です。

 入口には格子戸がされていて、うまく撮影できなかったので、お写真をスキャナーさせていただきました。

 ここに霊場本尊の「聖観世音菩薩」が安置されています。

 さて、肝心の「人魚の骨」なのですが、鉄筋コンクリートでできた本堂にあるということです。

 しかし、ご住職が不在で見せていただくことはできませんでしたので、雑誌から掲載させていただきました。

 これです
イメージ 4

 私は人魚といえばディズニーの「リトルマーメイド」とかのイメージがあるのですが、なんか違うような…(T_T)

 この絵は永禄年間(1558〜1570)に書かれているらしく、それによると、貞応元年(1222)4月14日に博多で捕まえられた…などかなり詳しく書かれています。

 まさか、この絵のとおりの人魚が上がったとも思えませんが、この日に何か変わった出来事があったのは間違いないようですね。

 実際この掛け軸に書いてあるのは、「人魚の大きさは81間」ようするに、約147メートル!\(◎o◎)/!

 ウルトラマンでさえも40メートル!それよりもでかい!!

 たぶん、クジラか何かだろうという説が多いようですが、クジラにしても大きいです(+o+)

 骨は茶色に変色して、人間でいうと大腿部の骨っぽいのですが、かなり大きいようです。

 明治時代までは、「八百比丘尼」伝説の影響からか、この骨の入ったタライに水を入れ、参拝者に飲ませていたとのこと。

 ローカルの番組によく取り上げられているので、福岡県の人は割と知っているようです。

 珍寺めぐりのようになってしまいましたが、ここは長野の「善光寺」ともつながりがあり、昔、善光寺の本堂伽藍再建資金調達のため、出開帳法要がここのお寺で行われ、以来「善光寺如来」が祀られています。

 さて、御朱印ですが、住職が不在の時が多く、あらかじめ御朱印は書かれたものが用意されています。
イメージ 5

 マンションや商業ビルに囲まれた小さいお寺ですが、「東長寺」の正面にあるお寺ですので、ぜひ行かれてみてください。

 うまくいけば、「人魚の骨」を見ることができるかも…(^.^)

 3枚目、4枚目は「九州西国霊場の旅」 山と渓谷社より掲載させていただきました。

 
   九州西国霊場三十二番札所

      冷泉山 龍宮寺

   福岡市博多区冷泉町4-21
     筺。娃坑-291−1003

 
   

  • 人魚の骨、興味ありありです!(^^)!
    でも・・・石を削って飲むのは・・・長生きできなくてもいいかな^^;
    しかしデカイ人魚ですよね。全然リトルマーメイドやないやんっ(笑)

    [ - ]

    2008/5/28(水) 午後 11:25

  • 約147メートルの人魚ですか。
    本当にいても夢も希望もないですね。
    だって、ほとんど怪獣ですよね。
    >かいとぱぱ

    [ kai ]

    2008/5/29(木) 午前 7:42

  • ゆきよさん、TVでも見たことあるのですけどね、リトルマーメイドもコペンハーゲンの人魚も、全く共通点がないのがなんとも言えません…(>_<)
    147メートルの人魚なんて…ロマンチックじゃないっ(+o+)

    ふぅ

    2008/5/29(木) 午前 8:26

  • かいとぱぱさん、
    博多湾のそば、玄界灘には昔クジラがたくさんいました。
    クジラと私も思うのですが、ここらの人たちもクジラは知っていたはずです。
    なぞは謎のまま、でも何なのかは知りたい\(^o^)/

    ふぅ

    2008/5/29(木) 午前 8:31

  • 147メートルの人魚って…。
    でもクジラではない「なにか」だったんでしょうね。

    大前田英語朗!!

    2010/5/9(日) 午後 4:30

  • 英語朗さん★
    まず147メートルに驚かれますね(@_@;)
    玄界灘は当時クジラの宝庫だったので、クジラでない何かとなるといったい何なんでしょう…これだけの骨なので実に不思議です☆^(o≧▽゚)oニパッ

    ふぅ

    2010/5/9(日) 午後 6:03

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事