ここから本文です
☆東奔西走!ふぅが行く、時の記憶!
書庫整理終わった〜〜。みんなさよなら〜。

書庫全体表示

記事検索
検索

全327ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
 今年もローソンと、地元の高校生と開発されたパンが発売されました(^.^) 
ローソンが九州新幹線開通を記念して九州各県の高校と協力、地産食材を活かしたパンを限定販売企画で、佐賀県では、神埼清明高校が選ばれました。
 神埼清明高校では7人の生徒でプロジェクトチームを結成。リョーユーパンの協力を得て、約4ヶ月間の開発期間を経て完成しました。
 
 そういえば、昨年は牛津高校の「茶ロンパン」が作られましたが、あれはおいしかったので、今回も買って食べてみました(*^_^*)
 
イメージ 2
 
神埼素麺を粉にして練りこんだ生地に、佐賀県産玉ねぎ使用のチーズ入りオニオンサラダと佐賀県産アスパラ粉入りブラックペッパーマヨネーズタイプソースをトッピングしました。
 そうめんを粉…つまり、また小麦粉に戻したのだろうか…アスパラは粉にしなくても…とか、突っ込んではいけません(爆) 
 
 上の写真の鉢巻きしたキャラはそうめんの「そーみん」、帽子をかぶっているキャラは…名前がないです(^_^;)
 
 たぶん、そうめんは製造過程で出た、切り取った端っことかを粉にしているんじゃないかな〜なんて、勝手に思っています。アスパラも、出荷できないサイズのものとかを使って…。
 
 で、肝心の味ですけど、玉ねぎのふんわりした甘いにおいがとても良いですね。さわやかさもあって、玉ねぎが嫌いな人もこれなら大丈夫かな〜、あまりツンと来ないですよ。
 
 アスパラはあまり味がしないですね…マヨネーズの味が濃いのかな?
 
 チーズとマヨネーズなので、ちょっと脂っぽさは残りますが、パンはもちもちして良いと思います。
 
 普通コンビニで売っている惣菜パンよりもおいしいですが、個人的には昨年の「茶ロンパン」が好きかな〜という感じです。
 
 なお、神埼清明高校では、平成20年に「地域特産物を使った商品開発」として研究に取り組み、製造過程で出る製品にならないそうめんの部分を粉にした商品「そぉ?めんパンだ!」を開発したそうです。
 
 「そぉ?めんパンだ!」は平成22年7月に商標を取得したそうですよ。
 
 どうもわが県はダジャレがお好きなようで…こういうのだけで十分書庫ができるくらいあちこちあります(^_^;)
 
 神埼清明高校HP…http://www3.saga-ed.jp/edq10021/

開くトラックバック(2)

茶ロンパン

イメージ 1
 
 今日は久々、ローカル食品の話題です(^_-)-☆
 
 このほど「茶ロンパン」なるものが販売されました。
 
 佐賀、福岡、山口県下関地区限定でローソンより販売されている「メロンパン(?)」もどきです。
 
 パッケージによると…
家庭科の専門校として全国的にも珍しい佐賀県立牛津高校を舞台とした映画「ソフトボーイ」の上映を記念して開発された「茶ロンパン」。嬉野茶、米、牛乳、レモングラスと佐賀県産がぎゅーっとつまったパンは、食品調理科が開発し、服飾デザイン科がパッケージをデザインして牛津らしく仕上げました。
 …そうです。
 
 この「牛津らしく」というのはイマイチよくわかりませんが、このパン、何かと話題なのでちょっと試しに食べてみました(^_-)-☆
 
 中はこんな感じ…
イメージ 2
 
 
うっすらとクリームが入っています。
 
 肝心の味ですが、これがなかなか美味しい❤
 
 袋から取り出すときに、ふわ〜っとレモングラスのさわやかな匂いがして、「お?これは…」と期待してしまうほど。
 
 が、期待を裏切らない、なかなか美味しいパンです。
 
 米粉でもっちり、そして腹もちがよいですね。
 
 甘さ控えめ、レモングラスが強すぎると青臭いのですが、ギリギリセーフのちょうどよさ。
 
 生徒諸君が一生懸命考えただけあります。
 
 他にもいろいろ開発したらしいのですが、これ一つに絞ったらしいです。
 
 「次もあり!」ですね(^_-)-☆コンビニ価格で120円というのもうれしい値段です。
 
 できれば…もう少しお茶の味がしたほうがいいなぁ〜、「茶ロンパン」だけに(爆)
 

開くトラックバック(3)

全327ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事