全日本中国拳法連盟!最新情報!!

中国武術、柔術の指導員のブログです! http://www.jujutsu.com

トピックス

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

高平洋一(本部指導員、古流柔術、子供カンフークラス等) 

2008年2月17日(日)、「滝野川」地域で子育てをする会、玉手箱主催(講師、高平)により、
護身術ワークが開催されました。

参加者は小学生12人・幼稚園4名・父兄7名の合計23名でした。

以下、主宰者の方よりいただいた開催後のまとめですが、許可をいただきましたので、掲載します。


はじめにビデオで身の回りの危険な事を学び、次にいろいろな訓練を実施しました。
・学校帰りに声をかけられた時についてみんなでディスカッション
・防犯ブザーを取り上げられるとどうなるか?
・実際に大声を出す練習
・一人ずつ急所を狙ってキックやパンチをして注意をそらせた隙に逃げる体験

みんなとても真剣に聞いて、積極的に参加していました。

子ども達の通う小学校では、年に1回セーフティ教室を行うことが義務化されているようです。

しかし、小学校のセーフティ教室では3学年一緒で人数が多すぎ、防犯ビデオを見てディスカッションはしますが、連れ去りや声かけの体験は各学年で一人ずつでした。

終わったあとの子ども達の感想も、「登下校が恐くなった」「いつ大人に襲われるか恐くて仕方が無い」という感想がほとんどで、子どもの恐怖心をあおる結果になっている現状でした。

今回は少人数で実際に一人一人が声を出し、自分を防御するすべを学び、逃げるというのを体験できたのはとても貴重な体験だったと思います。レクチャーも「安心な大人も居るけど危険な大人もいる」といたずらに身の回りが恐い事だらけではないという事を知らせてあげられたのではないかと思います。

まずは、自分で自分を守るすべを知ることが出来たことで子ども達は立ち向かう勇気と自信がもてたような気がします。

後は大人が子どもにとって安心な地域環境をどれだけ用意して上げられるかの努力にかかっていると思いました。
今後ももっとたくさんの子ども達に自信と勇気を持ってもらうために繰り返し開催して行くことが大切だと思いました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

佐藤柔心斎

  毎年恒例、花見の会、道場の近所の石神井河沿いの公園で、毎年恒例の花見大会をしました。日曜太極拳クラス主催、田中、友成、藤井氏幹事による恒例行事です。先週の日曜日が雨に降られたための一週間の延期ですが、それが神様の恵みのように,快晴で満開の桜に歓迎されての開催となりました。桜吹雪の舞い散る中で、稽古後の楽しいひと時を過ごしました。

  田中、友成、藤井氏の炭火による焼き鳥から始まって、焼きとん、焼肉、焼きそばに、もつ煮込みと盛りだくさんの料理に加え、ビールに焼酎、ワインとさくらの木下で満腹で幸せな時間を過ごした私達でした。

  でも、そこで終わらないのが道場の師範の面々。公園のスぺースを利用して、武術のお稽古が始まりました。二人ずつ組になって蟷螂拳、柳生心眼流をやっていたところ、通りかかったスペインの観光客や、花見の見物客から期せずして公園内からアンコールの声が上がり、臨時の演武大会の場となりました。土曜柔術クラスの、高平、鮫島師範による気迫の柳生心眼流は、多くの花見見物客の眼をひきつけ、国内外に関らず人の心をしっかりと射止めたのでした。

  柳生心眼流の演武の動画がありますでの、下記から御覧ください.
     http://www.youtube.com/watch?v=TBfvsEq-d7Y

古武道振興会新年会

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

佐藤柔心斎

  1月20日午後12時より飯田橋のホテルエドモントにて平成19年度の古武道振興会の新年会が行なわれました。毎年この時期には初雪が降りますが、今年は肌寒かったものの、そんな気配すらありませんでした。私達は高橋理事長、中村理事と3人での参加です。

  古武道振興会の会長、斉藤聰先生のご挨拶に続き、来賓の合気会植芝守央理事長の乾杯で宴がスタートしました。会長の斉藤聰先生は父の親友で、根岸流手裏剣術の宗家でもあります。父が亡くなってからも、とてもよくして頂き、時々ご自宅にお招き頂いております。父の話や武道談義に耳を傾け、先生の秘蔵の本や、武器、暗器の数々を拝見させて頂いていると、あっと時間が瞬く間に過ぎて、何時も驚いてしまいます。新年会でお元気な顔を拝見できました。

  私達は、毎年大会に参加し、柳生心眼流兵術を演武しています。私も先生のご挨拶をお聞きし今年の11月の大会参加にむけ、改めて気を引き締めたのでした。今回の参加の先生方は、浅山一伝流、大崎清先生、高橋功先生、関展秀先生。荒木拳法、菊池邦光先生。荒木流軍用古具足、保科侃司先生。小笠原流、小笠原清忠先生。大東流、近藤勝之先生。戸田派武甲流、新田寿々代先生。関口流、中山洋一先生、林憲一先生、上原征二先生。神道夢想流、江角和敏先生。根岸流、斉藤聰先生、苫米地芳見先生。鞍馬流、柴田章雄先生。気楽流、水科寿美先生。柳生心眼流、梶塚靖司先生、吉岡一紀先生。天神真楊流、久保田俊弘先生。双水執流、伊藤学先生、佐野英雄先生、木村昭夫先生。琉球古武術、井上貴勝先生、遠山衛先生、小野常蔵先生、増渕洋一先生。立身流、加藤紘先生、菅家啓一先生。夢想神伝流、大石竹正先生。金硬流空手沖縄古武術、早坂義文先生。40名ほどでした。

  美味しい中華料理に楽しい歓談が続きました。その中で、古武道に感心のある日本人がとても少なくなってきていると先生方が、口々におっやられていました。私もその事がとても残念です。11月3日に明治神宮で開催されている演武大会を多くの人が見に来て、少しでも、日本の古い伝統文化である武道に関心を持ってくれたらいいのにと思います。

  立身流の加藤紘先生の一歩締めで、2時過ぎに無事お開きとなりました。私達はその後に斉藤聰先生を囲んで、美味しいコーヒーを頂きながら、先生の武道談義に耳を傾けました。例年は、夕方からの開催のために、宴会の後はあまり時間がないのですが、今回お昼からのスタートだったので、先生方ともゆっくりとお話しをする時間が持てたのでした。

  斉藤聰先生は今年で85歳、信じられない程お若く、手裏剣をマウスに持ち替えて、ITを使いこなす素晴らしさ!やはり武道の達人は、どの道にも通じておられるのだと、改めて感動した私でした。何時も変わらぬ、気品、優しさに溢れダンデイな斉藤聰先生、私の父とは全く逆のタイプ、先生が、私の父だったらなあ、、、、。なんて先生を送る帰り道、ちょっぴり思った私でした。

2007年度、鏡開き開催!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

佐藤柔心斎

  土曜日の雨が嘘のように晴れ渡った1月8日、日曜日、13時から恒例の鏡開きを本部道場で行いました。

  道場の神棚に全員で参拝、私と理事長の高橋師範の新年の挨拶の後に、稽古始となりました。高橋師範は、九鬼神流半棒術から、当込、当返、片手捕、両手捕等を伝授。今回はこれをヒシギに応用し、相手と接近しても対応できる技として丁寧に教えてくれました。この技の数々は、傘に持ち替えても充分に対応が可能で、力も不要、女性でも修得できるとあって、連盟女性人もやる気満々! 師範の指導が素晴らしかったのか? 皆、短時間で次々に技がきまっていきました。お見事! 師範の指導の元、しっかりといい汗を流しました。

  続いて今度は副理事長の臼井師範による蟷螂拳の攻防(組み手)の伝授。二人一組になってそれぞれの攻防を臼井師範の動きを見ながら真似していきました。最初はゆっくり、あーでもないこーでもないと、見よう見まねで稽古していましたが、いつのまにかスピードを上げて激しい(?)攻防戦となりました。長袖をたくし上げ、拳で額の汗をぬぐいつつ、厳しくも楽しい稽古始めの時を過ごしました。

  参加した皆で記念撮影の後、山田顧問の乾杯にて新年会が始まりました。私の手作りの美味しい(?)おでんをはじめ、お餅や沢山の差し入れで、食べきれないほどの料理、飲み物でテーブルは一杯! 各自料理を堪能しながら、仲間と話に花を咲かせました。普段クラスが違っても、年齢に差があっても男女の区別も関係なく、同じ志、趣味を持つもの同士、話は尽きず、気が付いたら、なんと時計は19時を回っておりました。

  臼井師範の三本絞めで、今年も無事にお開きになりました。今年も良い年になりそうです。って、いやはや、ここからがまたパワフルな拳法連盟の面々! 二次会に直行!笑笑で円卓にぎゅうぎゅう詰めになりながら、心まで満腹になった私達、心地良い酔いが時間を過ぎるのを忘れて、次の三次会へ、夜は更けていきました。

イメージ 1

佐藤 柔心斎

  門弟の皆さん、明けましておめでとうございます。

  今年も宜しくお願い致します。今年は猪年。猪突猛進といわれても、ゆったりと慌てず騒がず行きたいと思う私ですが、、、。

 父と最後に見た初日の出から数えて今年は8年目を迎えます。おかげさまで既存のクラスにも新しい仲間が増えてきましたし、女性クラスも子供クラスも4年目に突入し、柔術の新規クラスも開講準備に入りました。師範の力強い指導と、道場に通う皆の努力があればこそ。去年の力を更に今年の力に変えて、皆さんと共に武道の稽古を通じて更に学び、成長していきたいと思います。

 今年も恒例の鏡開きを行ないます。稽古始めと、道場の一年の無事を祈って開催します。毎年恒例ですので、皆さんの参加を歓迎します。

 今年は演武会の開催を予定しています。会場の予約の関係上、まだ日程は定かではありませんが、12月の第二日曜日が第一候補です。今年で前回の開催から三年目を迎え、今回はじめての参加の人もいることと思います。演武会の目的は、門弟各自の日頃の成果をみんなの前で披露する事と、師範が模範演武を披露する事にあります。いつもと違った環境の中で、自分の学んできたことを披露する事は、良い経験になり、更に上の段階を目指す良い刺激になりますので、この機会を活かして欲しいと思います。また師範の皆さんの演武を直接見られるまたとない機会ですので、自分の目標にして欲しいと思います。去年は仕事が忙しくて道場に来れなかったという皆さんも、演武会の参加を今年の目標の一つに加え、稽古に励んでいただきたいと思います。

 また、今年も春、秋には昇級、昇段審査を行ないます。昇級、昇段審査の目的は、自分の武の道の目標に向かって、今自分がどの地点にいるのかをしっかり把握する事に有ります。

 皆さんには去年より一歩進んで目標に近づいて欲しいと思います。そして、師範の指導のもと、長年の稽古を積んだ皆さんの中から、その力を受け継いで、新しい指導員が今年、誕生することを期待しています。困難な状況の中でも、しっかりと自分が学び、身につけたものを次の世代に受け継いでいって欲しいと思います。

 今年はどんな年になるでしょう?皆さんの今年一年が素晴らしい年になりますように!
目指す道に大きな進歩がありますように!そして何より皆が健康で幸せな一年を過ごせますように!今年も宜しくお願い致します。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事