ここから本文です
食べます!呑みます!歩きます!

書庫全体表示


もともとは先斗町で開店。聞けば3年後に現在地の祇園に移転。

こちらに来られて4月で8年になるとか。

先斗町にあった頃にも2度ほどお邪魔しました。

その時の記事はここ ちなみにそのあとを居抜きで甥っ子がお店をやってます。

そのお店の記事はここ


お店のある付近はおかだをはじめ和洋を問わず

ミシュランの星を獲得した店が軒を連ねています。

私は勝手にこの辺りを天の川の呼んでいます。


中国人を中心に外国人でごった返す花見小路を東に入った少し人通りが少なくなる

一画にあります。

3月2日に訪問しました。

イメージ 1


先斗町ではアラカルトがありましたがこちらではコースのみです。

16,000、20,000、25,000の3コース。真ん中の20,000円を予約。 

他の何組かの先客も同じコースだったので内心ホッとしました。

イメージ 2

先ずは前菜から。
赤貝、小鮎天婦羅、子持ちイカ、自家製からすみ、ホンモロコ。


イメージ 3

鮎はほろ苦さが身上。

イメージ 4

刺身は丹後で上がったマグロ。刺身のツマは山芋の千切り。

イメージ 5

炭火焼きのメニュー。

この中から二品選びます。


イメージ 6

見えにくいでしょうけどお酒のメニュー。


イメージ 7

甘エビの握りにウニが乗っています。


イメージ 8

椀物は海老と鮑?だったかな。が入っていました。

上品な出汁が鼻をくすぐります。

イメージ 9


ベネチアンガラスの器に乗せられたホワイトアスパラ。キャビア乗せ。


イメージ 10


白いソースは何か忘れました。

イメージ 11


酒器もお洒落です。


イメージ 12


私が選んだ焼き物のはまながつお

イメージ 13


妻はノドグロ。

イメージ 14

そして和牛はそれぞれチョイスしました。

イメージ 15



蛤と出始めの筍。

イメージ 16

自家製の手打ち蕎麦。

イメージ 17


〆の御飯は妻は漬けのマグロ。

イメージ 18


私はカキフライで。そこそこの大きさが3個付いていました。

イメージ 19


デザートも


イメージ 20


二つ出てきます。

イメージ 21



広々とした調理場。

イメージ 22

スキンヘッドの後ろ姿が御主人。

イメージ 23


奥行きがゆったりなカウンタ。隣との席もゆったりです。

イメージ 24


調理は主に二人でやっておられます。

写真には写っていませんが先斗町のお店からずっとおられる人です。

御主人の甥っ子さん、つまりあげ半の御主人の御兄弟です。

イメージ 25

このバッジ、わかりますか? ワインソムリエの資格をお持ちです。

イメージ 26

ショップカードです。

イメージ 27


この日の会計です。

イメージ 28


次回も予約しました。 祇園祭の一週間ほど前です。

イメージ 29

祇園祭、別名をハモ祭りと言います。

楽しみです。

それじゃまた    
        ポチンとよろしくお願いします。      
    
         \¤\᡼\¸ 1

  • 器が美しい。
    盛り付けの余白の取り方も素敵です。

    アルコール12000円くらい?
    妥当な品揃えでしたか?

    [ mak**ama37 ]

    2019/4/15(月) 午後 6:31

    返信する
  • > mak**ama37さん
    2万x2x1.5≒59830円 まさしく私の公式通りの会計でした(笑)
    器も美しいです。以前のお店では女将さんが趣味で焼いていた器もたまに出てきましたが祇園で、しかもミシュラン2つ星となると
    ちょっと使えなくなったようです(笑)

    ランちゃん

    2019/4/16(火) 午後 4:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事