派遣社員の不当解雇

このブログの使い方説明は、左よこのゲストブックにあります。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全64ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

民意

●オリンピックの後、景気はよくなると思う?
●パナマ文書、豊洲や森友学園の様なことは特例なこと、政治家や官僚はきちんと私たち庶民のこと未来社会のことを考えてくれていると思う?
●いくらなんでも自己責任論で切り捨てなどはしないと思う?
●この先も、これまで通りに政治や経済のことは無関心で任せて暮らしていればいいと思う?
●この国の三権分立は正常に機能していると思う?
●政治家を選出したり裁判をしたりしても無駄、歴史から考えてデモや革命をするしかないと思う?

●税金で運営している障害者の就労継続b型や生活支援事業をやっている様な人たちが、恩返し的の社会貢献として地域社会のために、オンブズマンをやったり、日中のシェアコミュニティをやったりして、政治家育成したりして、ベーシックインカムやワークシェアをするといいと思う? そういった能動的な行いが障害者たち自身の社会的地位をあげ確保することにもつながると思う?これまでの様な訴え受動的なやり方では、今後の情勢では対立をうみ相手にされなくなっていくだろうと思う?

●ベーシックインカムやワークシェアは、政府の腐敗改善、他者への寛容さ国民の品格を高めたり、南海トラフの様な震災対策、高齢化対策、認知症問題対策、ニート問題対策、格差社会対策、消滅自治区対策、空き家問題対策、指定管理施設運営、 幸福度ランキングアップ、AI 革命・・・・などにも有効だと思う?

「国民の質をもっとあげる政策」

この記事に

開く コメント(0)

「ああしろ、こうしろ、こうすべきだ、お前は人生をわかっていないんだ。」という両親

→「わたしはわたしの人生を歩みます。人生を楽む。だから、あなた方の死に目にも会えないだろうと思います。」と言って海外に行く一人娘


→年金が破綻してしまい非正規化(低所得)になってしまったいま、これはもうこの家族親子間だけの問題ではなくなった。
 たとえば介護、看護などの問題はどうなる?  他人に劣悪な処遇で親族を任せ、自分は人生を謳歌する行為って・・・?  また、政府はこのままでよいと思っているのか?なんでもサービス、金にかえてきた政策。 

こういった現状の中で、政府は国民にどういった生涯を理想形と考えているのだろうか?
「資本主義社会とは弱肉強食だ!喰うか喰われるかだ!騙されるより騙す!我慢などせず好き勝手に生きるほうが賢い得だ!人間なんてそんなものだ!」などと若者たちに断言させる様なことになってきたのは国の失策だと思う。「仕事がない者は、介護の仕事でもやればいい」麻生たちがこういった考えをしてきた結果、一般職から溢れてきたなかの、こうした考えの人たちが老人や障害者たちを自己責任の様にして虐待や権利侵害をやり始めている・・・・・ 

国連からも「他者への寛容さ」が低いと評価され幸福度が51位の国

「北朝鮮や他国に攻められ殺されるのと、自国のひとに裏切られ見殺しにされるのとではどっちが悲惨か?」

→「人間の生涯を理解したうえで、それを成し遂げられる範囲内の欲望で、家族も自分も大切にして、社会のことなどもきちんと考えて、未来にツケをまわす様なことをしない、そんな人格者になれ!●●家の名前を汚すな!先祖を泣かす様な人生を歩むな!おごりたかぶり自惚れるな!卑しい恥ずかしい人間になってくれるな!」 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Message body


全国の障がい者自立支援制度に事業体移行した、支援施設の運営者や軽度障害者、家族たちが、下心、欲を出して??、福祉と金儲けの両方を得ようとしたのが間違いだったと思う。

せっかく福祉で守られていた重度障害者たちの意思を無視して、まんまと小泉の戦略にのせられたことがいけなかったと思う。

津久井やまゆり園も、おそらく、製造や販売をやっていたのではないかと思う。
就労支援員の方に人員の比重をおき、介護職員への負担が大きくなっていたのではないか?
また、犯人も就労支援の方にも関係していたのではないか?


「当事者たちに確認をしないで」とか「きちんと説明をしなかったり、甘い誘惑をしたりして賛成させて」就労継続支援事業などに事業体移行させたこと。
→(その結果)無知なのかエゴなのか支援職員たちが「働かざるもの食うべからず」や「ここは就労をやりにくるところ」などといって、「いまは働きたくない。(経済活動の自由)」「公園に行って運動をしたい。レクリエーション支援をうけたい」などの意思を無視され、働いている人は偉い、すばらしいなどと勝手にいって「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を奪うことになる様な制度。労基法以下の条件で労働者の様に扱おうとする職員。それを軽度なことだと黙認容認する運営者や行政そして家族。みんな自分の仕事やポストなどをどうしても優先に考えてしまう。人間の性なのか?経済優先の官僚や政治家たちは、こうした心理までも計算していたのかも?

自分勝手な支援者たちは、「後で問題になることを知らないふり、きちんと考えないで、簡単に考えてか?」「コミュニケーション能力がなく向上努力も出来ない、しよともしない、そんな障害者にでも、平等や差別などと主張して、
甘い誘惑でそそのかし、背中を押し二階に上がらせ、はしごをはずし、無関心な他人を自分勝手に強制的に巻き込み、その責任を押しつける作戦?」「そして後はよろしく、当事者が困っていても知りません。自己責任?」最後まで責任を負わない無責任なやつらもいけないと思う。

当事者や社会のことなんて本当は考えていない、エゴイスト?


●他人に頼って生活しないといけない障害者側も、この弱肉強食化した資本主義社会の現実にきちんと向き合い「支援をしてもらうことが当たり前」「理解できない支援者がダメなんだ」みたいにならないで、自分の方も「理解してもらう努力をしたり」質の高い理解者支援者を増やす方法、支援者を代えやすくする(選択肢を増やす)方法を考え行動しないといけないと思う。そういったことが出来ない甘えきった考えしか出来ないのなら、独り暮らしを諦めるとか「文句を言わずに黙って支援をやってもらう」覚悟を決めるしかないと思う。

支援する健常者たちだって、何かを耐えて我慢して努力して、その対価として懸命に自由を手に入れていることなどを考えないで、ただ障害を武器の様にして甘えるばかりでは自立しているとは言えない様に思います。
福祉と目先の金儲けビジネスの都合よくつかいわけて両方とも得ようなんてセコイことを考えるより、もっと安定安心を考えた方がいいのではないかと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

???

自分もそう思うよ。じゃあどうするの?

→ この人は、「◎打つ手がないから、ある程度かたちのある自分たちみたいなひとに言ってまわるしかないねんやん。」

???

→難しく考える必要はない。→現状の説明、確認。そして、打開策の確認。→大きなことを、自分がやるというわけでない。大義のために小さな幸せ、家族を犠牲にしてきたひとたちの様なこと二の舞を繰り返そうといてるのではない。→ノアの方舟的なものをつくっても結局は、ふくらまない。先にはつながっていかない。延命措置になる程度のこと。結果的には先細りになるだけ。

地域通貨みたいな、やり方の方が夢物語に思う、大勢側の力を甘くみすぎじゃないかな?
最初にベースとなるものが必要。現状のまま小さい組織化、逃げ道選択肢を増やす、社会保障がなければ、権力者たちにいくらでも簡単につぶされる。また、利己主義者に舵を奪われのっとられ腐敗していく。

→個々が、好きな時間に自分のやり方で声をあげるひとを増やしてけばいい。組織化で思考停止したひとを増やし、内部の不祥事などを、大義名分で理由にして黙認容認し矛盾した行いをすることで、外部から不信感をいだかれるといった、これまでの失敗経験を生かす。 進歩したスタイル。

→選択肢を増やすことが、病気にならないで、自由に生きていくための方法。
暴走するひとを抑制する方法。原発や戦争で金儲けをしようとする利己主義者を抑制できる方法。人類の進歩を促す。」

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



「ベーシックインカムについて、みんなの其々の意見を聞いてみたいです。

私的には、生活保護や年金などでバッシングしたり揉めたり、社会が分断され弱者に皺寄せがいかないように出来ると思っています。
あと、利己主義者の暴走を抑圧できるかなと思っています。
そのあと、自然淘汰され人間性や社会性の社会的価値もあげられる(人間の質ももっとあがる)かなと、そして要領の悪いひとでも生きやすくなるかななんて考えています。

甘いと考え、諦めて、自分でなにもせず疲弊して、誰か助けを待ってるより、こっちの方がまだ楽しいからね。

他の人たちが、いまの自分みたいな考えになったら・・・、その社会ってどうなるか?経済的にも精神的にも豊かな社会にするには?」

➡「ベーシックインカムには賛成ですが、生活保護の代替案の様になると、受け入れられないんじゃないですか。」➡「特定の人たちの要求では分断させられちゃうんで、団結の材料にしたいんです。富の再分配的な考えです。
法人税をあげさせたり、縦割り官庁の無駄をイノベーションしたりするのにも一本化した方がいいと思ってて。
サボって遊びまくってる様なひとたちは、若いうちはそれでいけていても年をとってきたときに勝手に気づくと思ってます。
金持ちがバクチ株や錬金術で金を増やしているのも、労働力の対価ではないから遊んでるのと同じですからね。
経済活動の自由ですから別に遊びたいひとは遊べばいいし、金が欲しいひとは働く選択をしたらいいと思います。」
➡「労働という富の再配分のしくみが、そう遠くない将来破綻するので、新たなしくみとしてベーシックインカムに賛成です。」
➡「マルクスも資本論とかでもいってますもんね。
元々、公平じゃないところ、ブルジョア階級、富裕層に有利なところからスタートしてますからね。
手遅れにならないうちに、こういった論理でベーシックインカム+ワークシェアみたいな制度化をさせておかないと自己責任論で殺されちゃいますからね。」
➡「イデオロギーを絡めず、労働環境の変化を訴えた方がいいと思っています。
イデオロギーは宗教戦争と一緒で、終わりが無くなります。」
➡「そうですよね。ただ、そうなると後追い。対処療法になり、先回りができないんですよね。結局、富裕層の好き放題を許すことになるんですよね。そう流れていくんだとわかってるのに、悲しいですよね。」

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全64ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事