kensyou_jikenboのブログ

エンジニアからの視点で様々な事柄を論理的客観的に読み解いてみようと試行中。PC遠隔操作事件、新国立競技場、豊洲新市場・・・

全体表示

[ リスト ]

7月30日に行われた専門家会議による「追加対策の効果完了確認」記者会見(同会議からの出席は平田座長と中島氏のみ)。

「地下水管理システムの機能強化」の確認として、ウェルポイント工(WP)停止を停止しての水位測定結果が示された。33地点中12地点で、専門家会議が当面の目標としたAP+2.0mを超えている。1/3超の地点で目標未達成という惨憺たる状況。しかもWP停止は17時間で、WP停止時の降雨も評価できておらず、実際の目標未達地点はもっと多くなることが想定される。
イメージ 1

費用をかけて追加対策を実施し、かつ7月19日の測定前には雨が少なかったのに、この状態。

イメージ 2

しかも、8月31日現在でも5地点で2.0m超。これはWP稼働での測定だから、停止での測定なら更に水位上昇は確実。
イメージ 3

平田氏は、開き直ったのか、突如2.4mという基準を持ち出して、これ以下なら毛管現象が抑制されるとした。

イメージ 4

しかし、上掲水位表のように、6-①はずっと2.6m以上が継続。また6-⑦7-①は会見後に2.3m超発生。将来大雨等で2.4mにも収まる保証なし。これで「追加対策工事の効果確認完了」と言うのは、全く成立しない話(他にも液状化対策などにも水位は絡んでくる)。知事の安全宣言も虚構。

そして、「AP+1.8mと2.0mの間での水位管理」は、都議会や環境アセス審議会で都が明確に説明している約束事項。それを変更するなら再審議が必須で、専門家会議や知事だけで決められない。

都議会の経済港湾委員会で以下の動きがある。農水省は、少なくともこの委員会の結果を見てから認可の判断を行わないと、二元代表制の都議会を無視することになってしまう。
伊藤ゆう都議<経済港湾委員会として追加対策工事後の豊洲市場視察を9/4 9:00から行うことになりました。所管委員長として、視察後に安全安心の質疑を行う委員会を9/10に開催

以上


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事