kensyou_jikenboのブログ

エンジニアからの視点で様々な事柄を論理的客観的に読み解いてみようと試行中。PC遠隔操作事件、新国立競技場、豊洲新市場・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

11月26日に10月分の排水量が公表されている(毎月の月末に前月分公表…一か月遅れになる)。
「地下水管理システム機能強化工事が7月2日竣工」とのことなので、7月〜10月の水収支をまとめてみた。
イメージ 1

特徴例として記載した「①9月多雨分の排水が、少雨だった10月も続いたと見られる」という現象は、昨年にも「10月多雨で少雨だった11月も大量排水があった」という同様現象が見られた。結果的に、排水し切れなかった分は、その後一か月程度は続く傾向が有るようである(本年11月排水量は12月末に公表だが、昨年からの類推で大量排水は無かったと思われる)。

「②大幅排水超過(=水収支大幅赤字)」は、非常に重要なポイントになる。「東京都が想定する浸透率=敷地全体で8%」により計算した想定浸透量より、公表排水量の方が大幅に多いことに対して、未だに東京都から納得性のある説明は無い。

まず都に説明を求めて、まだ原因解明が出来ていないのであれば「調査実施」を求める必要がある。環境アセス条例違反になる重大事項であり、都議会質問で共産党などが要求して頂きたい。また都議会質問は一番公式になるが、時間が限られるので、議会以外でも都に直接説明を聞く取り組みも必要。特に共産党は他の事項でも都に確認している実績があり、盛土問題でも地下空間視察を独自に求めたりしている実績がある。水位問題(=前記のように追加対策が完了しウェルポイント工(WP)も継続稼働させているのに水位が下がらない)に関しても是非やって頂きたい。そうしないと存在感が感じられなくなる。

なお、12月5日に最新の水位データも公表されている。
■全33地点中で2.0m超が11地点、うち2地点は2.40m超
環境アセス条例違反状態が継続中
イメージ 2


参考情報:水位関係で都に確認した結果
(1)WP稼働状況
WPは11月にメンテや降雨の状況・排水量などを見ながら短期間停止したが、その後は設置WPは全部稼働。少なくとも来年3月まで全稼働継続の予定。
(2)水位公表間隔が空いた理由
水位は手動測定で以下条件により、「平日(水曜日)の休市日」に測定し公表
  ・道路などにも観測井戸が設置されている→休市日に測定実施
  ・都の職員が測定に立ち会う必要がある→日曜ではなく平日水曜日の休市日に実施
  ⇒但し、祝日のある週と月末は水曜日の休市日が無くなる。11月後半はそれが2週続いたため公表間隔が空いた(11月14日〜12月5日…下表参照)。基本は毎週測定・公表

イメージ 3

(3)緑地排水の経路
緑地からの排水は高pHのために、(昨年9月ぐらいから)「下水放流ではなく地下水管理システムに入れて、その分の排水量も地下空間からの排水量に合算している」とのことだったが現状は?
→「現在も継続中。なお、高pHは砕石層の影響と考えているが、基本的には長く続くものではないと聞いている」とのこと。但しpHは測定していない。(⇒これも詳細追及必要と思われる)
(4)バキュームカーの用途
WPの貯留槽からの汲み上げに使用。工事期間中はWPの配管があったが、開場後は撤去しているので、今後もバキュームカー使用。なお緑地排水はポンプで地下水管理システムに送る方式を継続中。

以上

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事