悠々自適 freestyle

水樹奈々応援ブログ★ヱヴァQ鑑賞★マイブーム:グルメ食べ歩き&映画鑑賞&アニソンを聴く事★Facebookはほぼ毎日更新!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

最高の人生の見つけ方(2008年)

【作品プロフィール】
■監督   ロブ・ライナー
■出演   ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、
      ビヴァリー・トッド、ロブ・モロー 
■制作   2008年 アメリカ
■時間   1時間37分
■ジャンル ドラマ/アドベンチャー/コメディ
イメージ 3
イメージ 2
【あらすじ】
家族思いで勤勉実直な自動車整備工・カーター(モーガン・フリーマン)と、独身で大金持ちの傲慢な実業家・エドワード(ジャック・ニコルソン)。性格も辿ってきた人生も全く正反対のふたりが、偶然同じ病室になり、お互い余命6か月と宣告される。そんなふたりを結びつけたのは、1枚の紙切れ。人生でやり残したことを書き出した夢のリスト、“バケット(=棺桶)・リスト”である。「スカイダイビングをする」、「ライオン狩りをする」…人生でやり残したことを叶えるため、そして最高の人生だったと心の底から微笑むために、ふたりは生涯最後の冒険旅行に出る――。
イメージ 2
余命6ヶ月と申告された時、あなたならどう行動しますか?

ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマンのW主演の作品。
『THE BUCKET LIS』棺おけリストと呼ばれる死ぬまでにしたいことをリストにして
とにかくしたいことをしようというのが物語の始まりです。

一番最初はスカイダイビングからスタート!
その後、刺青を入れる、憧れの車でサーキットを走ったりと全世界を飛び回ります。

・カーター『壮厳な景色を観る』『赤の他人に親切にする』『涙が出るほど笑う』
・エドワード『世界一の美女にキスをする』
この4つのテーマについて物語終盤で展開されていきます。
順序は『涙が出るほど笑う』→『世界一の美女にキスをする』→『赤の他人に親切にする』
そして最後に『壮厳な景色を観る』で締めくくられます。
リストをこなしていくに際して笑える箇所もありますが最後には感動。いい構成だなぁ♪

二人は余命6ヶ月前後を自らが納得できる幸福な時間を過ごすことが出来たようですが、
余命を宣告され、このように過ごすことは自分だったらできるのかなと考えてしまいました。
今回の場合、お金が無いと絶対にできないんですけどねぇw
イメージ 2
映画INDEX(あ・か行)映画INDEX(さ・た行)映画INDEX(な・は行)映画INDEX(ま〜わ行)
イメージ 2

閉じる コメント(30)

記事書いたのでTBさせてくださいね〜!

2008/5/21(水) 午後 5:04 MINA 返信する

モーガンさんもジャックさんも好きな俳優さんだし、
話しの構成からして面白そうだな、って思ってました!
何だかやっぱり最後は泣いてしまいそーな。。。(PД`q。)・゜・

2008/5/23(金) 午後 3:48 コス好きマロンタン♪ 返信する

ジョンさん>スカイダイビングチャレンジしたことがあるんですね。
僕も死ぬまでには一度チャレンジしてみたいです♪

2008/5/23(金) 午後 7:42 ken 返信する

CHOROさん>そうですね〜、くいのないように日々を過ごしていくことの大切さを教えていただきました!

2008/5/23(金) 午後 7:47 ken 返信する

顔アイコン

くるみさん>大切なことを教えてくれる作品でしたネ。

2008/5/23(金) 午後 7:51 ken 返信する

顔アイコン

ふぁろうさん>確かにお金が無いとあんなに豪遊は出来ないですけど、夢のある作品だったと思います。大切なメッセージも鑑賞者には伝わったと思います。

2008/5/23(金) 午後 7:53 ken 返信する

顔アイコン

あすらんさん>感動できる良い作品でした!

2008/5/23(金) 午後 8:18 ken 返信する

顔アイコン

KENさん>なかなかの作品でした。ぜひご覧になってほしい作品です!

2008/5/23(金) 午後 8:19 ken 返信する

顔アイコン

TBありがとうございました!

2008/5/23(金) 午後 8:20 ken 返信する

マロンタン>最後はウルウルって来ちゃうと思いますよ!

2008/5/23(金) 午後 8:21 ken 返信する

これ、今2位ですね!!モーガン・フリーマンだからかなぁ♪

2008/5/24(土) 午後 9:59 rim*rik*26 返信する

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの大スターの名演技を1回で観させてもらうだけで得したような作品でした。
今回の出来なかった事をやるのは片方がお金持ちだったからですからね。ちょっと庶民には実行不可能ですから。でも最後の方のなら可能でしょう。トラバさせてくださいね。

2008/5/24(土) 午後 11:37 いっちー 返信する

RIMIさん>かなり高ランクに位置されていますよね。それくらい評価されてもいい作品だと個人的には思いましたよ。

2008/5/25(日) 午前 0:26 ken 返信する

いっちーさん>それだけでも価値のある作品と言えますね。
庶民には実行不可能ですけど、世界一の美女にキスをするくらいからのバケットリストの実行には感動でしたネ。

2008/5/25(日) 午前 0:27 ken 返信する

顔アイコン

やっぱり面白そうな作品ですね。
観に行きたいんですけど、時間無さそうなので
レンタル待ちになりそうですけど・・・絶対みたい作品ですね。

2008/5/25(日) 午後 0:15 八月一日 返信する

顔アイコン

八月一日さん>人にとって最後に最も大切なものとは何なのかを訴えているのがこの作品かと思います。

2008/5/25(日) 午後 0:21 ken 返信する

何度か涙が出る場面がありました。あの秘書の人、良い味しています。最後の二人が書いたメモの行方、素敵な場所に行くことができてよかった!

2008/5/25(日) 午後 0:23 ふくふく 返信する

ふくふくさん>最後のほうでは鑑賞していてウルウルきちゃうところがありますね。秘書の方、この物語には無くてはならない存在でしたネ。

2008/5/25(日) 午後 0:29 ken 返信する

この映画、ちょっと気になってます。
良さそうだし、見に行こうかなぁ☆

2008/5/30(金) 午前 7:55 まこ 返信する

sweet painさん>結構心温まる作品だと思います。ご覧になって見てくださいね。

2008/5/31(土) 午前 11:43 ken 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事