悠々自適 freestyle

水樹奈々応援ブログ★ヱヴァQ鑑賞★マイブーム:グルメ食べ歩き&映画鑑賞&アニソンを聴く事★Facebookはほぼ毎日更新!

全体表示

[ リスト ]

告白(2010年)

イメージ 1

告白(2010年)

【作品プロフィール】
■監督    中島哲也
■出演   松たか子、岡田将生、木村佳乃
■制作    2010年  日本
■時間   106分
■ジャンル サスペンス/ドラマ/学園 R15+
イメージ 2
【あらすじ】
ある中学校、雑然とした教室。終業式後のホームルーム。1年B組、37人の13歳。教壇に立つ担任・森口悠子(松たか子)が語り出す。「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」一瞬、静寂に包まれる教室。物語は【告白】から始まる――。
イメージ 2
先生の娘を殺したのは、誰?

「現代社会の怖さ」「人間としての怖さ」「倫理観としての怖さ」
全ての恐怖をこの作品が物語っているように感じました。

松さん演じる森口悠子の少年A&Bに対しての復讐・・・
その人の人生全てを変えてしまうような壮絶なものでした。
しかし、そんな少年A&Bの幼少期からの人生はその親たちによって構築されている部分が大きく、
そんな親の姿を見て育っている点がものすごく上手く構成されており、
主要メンバーそれぞれの視点での告白といった脚本はお見事だと思います。

岡田さん演じる新人教師ウェルテル。
彼自身は人のために行動していると思っていても、実際はその人を追い詰めていってしまっている。
見えない部分なだけに接し方の難しさや、一歩間違った際の最悪なケースをあえて映像とし、
鑑賞者にとてつもないインパクトを与えていました。

残酷なテーマを取り扱っているのでダークな内容・雰囲気になりがちですが、
中島監督の見事な演出でこのストーリーのイメージを崩さないながらにもいいアクセントになっていました。

一つのテーマとなっている少年法
未成年は死刑にならない―――この刑は果たして意味を成しているのでしょうか?
少年院に収容され、更生させるために死刑は無いのでしょうけど、それが少年・少女たちに
あのような甘い意識・命の重さの認識を植え付けさせているといってもいいのかも・・・。

人間の「弱さ」「醜さ」「残酷さ」等にスポットをストレートに当てた秀作でした!
イメージ 2
映画INDEX(あ行)映画INDEX(か行)映画INDEX(さ・た行)
映画INDEX(な行)映画INDEX(は行)映画INDEX(ま〜わ行)
イメージ 2

閉じる コメント(50)

顔アイコン

バファニーさん>ぜひぜひ、秀作なのは間違いありません!!!

2010/6/13(日) 午後 5:12 ken 返信する

ひなゴジラさん>映像もそうですけど、演出がとにかく素晴らしかったですね。それに応えているキャスト陣、特に中学生を演じられた子供たち、素晴らしい演技でした!

2010/6/13(日) 午後 5:13 ken 返信する

くるみさんのおっしゃる通りですね。
全てのキャスティングが存在したからこそ、この作品が素晴らしかったんだと思いました!

2010/6/13(日) 午後 5:16 ken 返信する

顔アイコン

nekohimeさん>面白いというか人間の道徳観の根底に訴えかけてくる作品といえると思います。

2010/6/13(日) 午後 5:17 ken 返信する

haryuryuさん>少年A・Bの対照的な母親の存在も重要なエッセンスでしたよね。そしてウェルテルの存在も同様です。ダークな中にも人にしっかりと訴えかけてくるメッセージ性の高い作品でした!!

2010/6/13(日) 午後 5:18 ken 返信する

ケイシイさん>鑑賞後もいろいろと考えさせるだけの内容が詰まっていましたね。多くの方に見てほしいですね。

2010/6/13(日) 午後 5:21 ken 返信する

原作を読んでいたので、どんな映画になるのかと、ちょっと不安でしたが、よく作ってありましたね。
キャストも、すばらしかったです。

2010/6/13(日) 午後 7:27 kuu 返信する

ショッキングな内容だったけど現実に現代社会では起きてる事なんだよね!簡単に殺人・・・って多いね!
命の重さがこの作品で伝われば良いけど!
キャストは熱演でした!

2010/6/13(日) 午後 9:09 kou*a_*k 返信する

アバター

これ気になってます。
松たか子さんの演技気になる〜!!

2010/6/13(日) 午後 9:13 kon*k*rag*_mae*a*iyoshi 返信する

原作読んだ時ちょうど長男坊が中2だったのでより衝撃的でした〜でもお松さんを始め役者さん達の怪演、中島監督のビジュアル映像はドンピシャでした〜☆彡
子を持つ母親としては森口先生にも直くんママにもなりかねないかも知れないし、事情を知らない場合はKYなウェルテルにもなりかねない…心理的にも怖かったです…
TBさせて頂きました↓

2010/6/13(日) 午後 10:28 沙粧 返信する

顔アイコン

ストーリーも良く出来てて面白かったんですが、映像演出も面白かったです。
R15指定ですがこれこそ中学生に見て欲しいですねぇ。

2010/6/13(日) 午後 10:52 某RO 返信する

顔アイコン

はじめまして。先日はありがとうございました、
子供を持つ親御さん皆さんにみてもらいたい映画だな〜と思います。
勿論高校生にも。
松さんは勿論ですが、木村さんの母親の大絶叫には『おお〜〜っ』と
感動すらしました(不謹慎ですが)。

2010/6/14(月) 午前 0:10 mid**ino*inko 返信する

この作品・・・母がキーポイントでしたね。。
自分も母親として・・・深く考えさせられました。。
思いテーマでしたが、中島監督の作風で救われましたね。。

2010/6/14(月) 午後 4:43 nami 返信する

すごいトラバの数。。
やっぱり話題作ですね!
でもまだ観に行けてません。。原作読んだしぜひ☆

2010/6/15(火) 午前 0:56 きまりと 返信する

顔アイコン

そうですね。犯罪が低年齢化してますから少年法を考え直す
時期に来てるかもしれませんね。
TBさせてくださいね。

2010/6/17(木) 午後 11:36 car*ou*he*ak 返信する

kuuさん>そうですね、素晴らしい作品でした。
なかなか言葉で説明するのは難しいですけど、多くの方に見てほしい作品であることは間違いなかったです。

2010/6/19(土) 午後 10:53 ken 返信する

アバター

人間の心の奥底に潜む闇を描いた作品と言えるでしょうか。
それを演じた松たか子の演技が凄かったですね♪。

2010/7/3(土) 午後 9:15 ffa**77 返信する

ふぁろうさん>人間の奥底に秘めているダークな部分が如実に描かれた作品でしたね。松さんの演技、怪演でした!

2010/7/4(日) 午後 6:28 ken 返信する

アバター

原作は読んでないですが、これはお話し自体が面白いものなのでしょう。
それに加えてこの演出や表現方法が優れているので映画としても成功したんでしょう。
たしかにぶっ飛んだ内容ですが良い作品でした(笑) TBしますね。

2011/6/27(月) 午後 9:09 こころパパ 返信する

こころパパさん>すばらしい演出や表現方法と原作の面白さが融合したなら絶対に面白いですもんね〜!
TBありがとうございました。

2011/7/2(土) 午前 7:43 ken 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事