茨城県庁山岳部

積雪期から山スキー、夏山、クライミング,紅葉の山など四季折々の登山を楽しんでいます。

全体表示

[ リスト ]

栂池から白馬乗鞍岳

イメージ 10

期間   2008.2/9−11 
メンバー 中野、菊池、菅谷、綿引
記録
2/9 4:00筑西合庁----7:30栂池スキー場
  リフト終点出発9:00----早大小屋周辺9:55----11:10天狗原11:40----  14:30BC

2/11 BC6:30---天狗原8:00----8:50白馬乗鞍岳9:30〜〜〜天狗原10:00----乗鞍岳〜〜〜11:00天狗原〜〜〜11:40BC
テント撤収-----13:00駐車場

2/9 
峠を越えると、朝日に輝く北アルプスの白銀の峰峰が眼前に広がった。
予想もしない好天気だ。
これならば昼頃までは期待できるかもしれない。
大量の酒が入った重いザックを担いで、ゴンドラ、リフトを乗り継いでBCを目指す。
しかし、いつの間にか空には雲が広がってきている。

イメージ 1

早大小屋の上部にあわててテントを設営しサブザックで白馬乗鞍を目指す。
天気は下り坂、急がねばならない。
成城小屋を越え天狗原の登りに差し掛かる頃には、ガスって雪も降ってきた。天気は急速に悪くなってきているようだ。
天狗原に着くが、乗鞍方面はガスで見通しがきかない。
残念だが今日はここまで。
早速、滑降の準備をして天狗原の新雪を楽しむことにする。
雪はふかふか、天気は悪いが気持ちのいい雪だ。
一本を滑ったが、まだテントで宴会をする時間ではない。
もう一本行こう!
再び天狗原まで登り返し、滑降。
2本目はギャラリーがいて気合いが入った。ギャラリーに見せつけるように新雪を飛ばして滑降する。

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 3

滑降終了後、成城小屋下の斜面で弱層テストや埋没体験などの訓練を行う。
埋没体験ははじめてだったが、予想以上に苦しく身動きも出来ないことを実感した。

2/10
 深夜には満点の星が輝いていた。これは今日も晴天かと意気込んだが、出発する頃には吹雪となる。天気を期待し天狗原を目指すが、天気はどんどん悪化するばかり。
成城小屋から少し登ったところで様子を見るが、回復の兆しは見受けられない。早朝の天気は2つ玉低気圧による疑似晴天だったようだ。これ以上は無理と判断してゲレンデで練習することにする。
しかし緊張感のないゲレンデは数本で飽きてきてしまい、ただ義務感で滑っているようなものだ。
午後になり天気も回復基調になってきたので、気になっていた鵯山の斜面を滑ってBCに戻ることにした。一足先に戻る綿引さんと別れゲレンデトップから鵯山を目指す。
30分ぐらいかと考えていたが少しルートがずれ50分もかかってしまった。しかし目の前にはおいしそうな斜面が広がっている。ヒャッホーと滑り出すが既にゲレンデで脚力を消耗していて波に乗れない。若い菅谷は満足の滑りらしいが中年には辛い滑りであった。
イメージ 4


2/11
待ちに待った晴天だ。
白馬連峰がモルゲンロートから朝日に輝くのを見ながら乗鞍岳を目指す。
天狗原から見上げると真っさらな大斜面が広がっている。我々が一番乗りだ。
乗鞍岳頂上で雪の緩むのを待ちながら360度の大展望を楽しむ。
さあ、滑降だ!
最初は慎重に滑り出すが雪質は最高だ。ヒャッホーと奇声を上げ滑り始めると真っさらな斜面にどんどんシュプールが描かれていく。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

スキーが新雪でフゥと浮く浮遊感が堪らない。あっという間に天狗原に降り立ってしまったが、皆、満足そうな顔であった。ととっ?菅谷君からもう一度登り返したいとの申し出。
満足しているおじさん達はどうぞ行ってらっしゃいといっては見たものの、何かが足りない。よっしゃ途中まででも行くかと菅谷に続いて登り始めた。
登れば止まらないのが山岳部員。全員登り返してまだシュプールがない奥側の斜面を狙う。
2本目もアドレナリン全開で一気に滑り降りた。最高だ!!
イメージ 6

この頃にはボーダーや山スキーヤーも登ってきたが、既に8本のシュプールが斜面一面に広がっていた。少しだけ申し訳ない気持ち?
その後は天狗原から下の斜面にシュプールを刻んでBCへ戻り、一本だけ残しておいたビールで渇いた喉を潤した。
BCを撤収し、重いザックを担いでスキー場の整地されたゲレンデをクルージングして下山した。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

本当にいい天気でしたね。またこんな天気の中滑りたいです。

2008/2/19(火) 午後 11:11 [ ken*yo*an*ak*bu ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事