茨城県庁山岳部

積雪期から山スキー、夏山、クライミング,紅葉の山など四季折々の登山を楽しんでいます。

全体表示

[ リスト ]

メンバー:中野 菊池 菅谷
日程:平成20年3月22〜23日
コースタイム
一日目
杉の沢スキー場8:30−−−9:00(ゴンドラ終点)−−−11:30三田原山−−−12:00黒谷地ヒュッテ−−−13:30高谷地ヒュッテ

二日目
高谷地ヒュッテ6:30−−−8:00火打山頂−−−9:30滑降終了点(下部沢状)−−−10:00高谷地ヒュッテ−−−11:30黒谷地ヒュッテ−−−12:45三田原山−−−13:40駐車場

3月22日 1日目
西吾妻、白馬乗鞍、谷川岳と来て今年4度目の山スキーとなった。毎度おなじみの中野・菅谷コンビに菊池さんが急遽参戦となった。
前の週の谷川岳は、春本番の陽気でグシャグシャの雪だったため、今週は標高の高い妙高火打となった。
果たしていい雪が待っていてくれるのか・・・重い荷物を持っての滑りは初めてだったので、不安に思いつつスタートした。
イメージ 1

スキー場でチケットを買おうとすると、「雪崩があったため最上部のリフトは動いていない」とのこと。
「まぁ、30分ぐらいだろう」とたかをくくってスタートしたが・・・。ここが今回の山行で一番きつい登りとなった。
斜面の照り返しを受け、半袖でも汗だくになるような暑さの中、予定外の1時間のアルバイトを強いられた。
この核心を抜けてしばらく登ると、程無く三田原山へ到着した。天気は快晴で、素晴らしい景色だ。妙高火打山頂、北アルプス〜八ヶ岳、上信越の山々を見渡すことができた。

ここから黒谷地の平原へ向かって、ブナ林の間のパウダー斜面を滑っていく。背負ったビールが重く苦戦しながらの滑りとなり、「ヒャッホー」ではなく「ヒェーー」の声がこだましてしまった・・・。
ここから稜線のコルを登り、少し下ると高谷地ヒュッテに到着した。
それにしてもいい天気だ。時間は2時過ぎであったが、明日のすべりに備えて早々に宴会を開始した。
ツマミは火打山頂から滑降するテレマーカーの滑りだ・・・と思いきや何だか苦戦している様子。
どうやらクラストしているようだ。
その後7時くらいまで宴会が続き、N氏を転がしながら就寝した。


3月23日 2日目

イメージ 2

イメージ 3

今日は火打山頂からの滑降だ。ややうす曇だがいい天気だった。
山頂へ向かって稜線をトラバースしながら進んでいく。山頂付近の斜面はやっぱりクラスト&アイスバーンであった。スキーアイゼンを効かせながら、山頂へ到着した。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 12
乙妻山をバックに滑降する

イメージ 13

イメージ 10

山頂は風が強く、早々にシールをはずし、西よりの斜面を滑り降りた。
しかし、斜面はひどいアイスバーンであったので、再び山頂へ上り返し、南面を滑り降りた。
カリカリのバーンだが、絶好のロケーションでそれだけで十分満足だ。最後は沢状の地形を滑りおり、ビールで乾杯した。

ここから小屋まで戻り、再び荷物を背負って三田原山まで登り返しの道を戻った。
(前回、前々回と小屋でのんびりしてひどい目にあった・・・という教訓を生かして、10時半ごろ早々に出発した。小屋の中は快適で、後ろ髪引かれる思いだったが・・・)

三田原山からは重荷を背負ってのすべりで、上部はクラストしていて、「いやぁ大変だ」と思いつつスタートした。
ところが、スキー場が見える尾根までくると、雪質が急変。絶好のザラメ雪だ!!
トップで中野氏が飛び込んでいく。「ヒャッホーーー」と奇声を上げながら、吸い込まれそうな景色の斜面を滑っていく。そのあとを菊池・菅谷の順で滑り込んでいった。
重荷を背負っても、跳ねるようにターンが決まっていく。最高の斜面だ!!
今回はクラスト斜面に苦しめられたが、最後の最後で最高の斜面を滑ることができた。
(ガンガン登り滑り出しが13時前と早かったのが報われた瞬間だった)

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 11
   黒姫山を目がけてザラメ雪を滑る。

こうして「終わりよければすべて良し」ということで、温泉で疲れた体を休め帰路についた。


感想
山スキーは、とにかく素早い行動が重要だと改めて感じた。
最後のザラメ斜面も15時を過ぎているようだとクラストしてモナカになっていたかもしれない。
「焼肉ジュージュービールは山を降りてから」が鉄則であると実感した。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事