◆Today’s Shot◆

巨人、CSファイナル広島に先勝(10/16)

全体表示

[ リスト ]

   NOMOに勝った 欽ちゃん涙の日本一
  
第32回全日本クラブ野球選手権(スポーツニッポン新聞社後援)最終日は10日、グッドウィルドームで準決勝と決勝を行い、萩本欽一監督(66)率いる茨城ゴールデンゴールズ(GG)が初優勝を飾った。準決勝を逆転で制すと、決勝はチーム入団1号の北野偉也投手(23)がNOMOベースボールクラブを1安打完封。11月15日開幕の日本選手権(京セラドーム)出場権を獲得した。
 涙が止まらない。松沼コーチと10度、歓喜の抱擁を交わした欽ちゃんは両手を胸元で握りしめた。創部3年目で悲願の日本一。4度宙に舞うと、声を詰まらせた。「うわ〜ん、うれしい。年とってもこんないいことがあるなんて」
 決勝ではNOMOベースボールクラブを圧倒した。初出場した05年準々決勝は惜敗。都市対抗出場も先を越されるなど常に前を走っていた“クラブの雄”への雪辱の原動力となったのがチーム入団1号・北野偉だった。
 9回2死まで無安打。福元に中前打され大会初の偉業は夢と消えたが、堂々の1安打完封でMVPも獲得だ。テレビ番組の企画で70キロマラソンを完走した欽ちゃんに発奮し、走り込んでスタミナ強化を図ったエースは「欽ちゃんに付いてきて良かった」と笑った。

 茨城・桜川村(現稲敷市)から始まった挑戦。元プロの指導者や選手を招き、欽ちゃんの派手な言動もあって注目を集めた。しかし昨年は元部員の不祥事から解散騒動も。そんな時期に支えてくれたのが存続を願う地元の署名活動だった。だからこそ欽ちゃんはスタンドに駆け上がり「不祥事の時に支えてくれた人たちに恩返しができた。みんな夢列車に乗ってくれたかい?オレ、幸せだよ〜」と絶叫した。(以下省略)
(スポーツニッポン - 2007/9/11 7:00)

*同年代の欽ちゃんが追いつづける野球への夢は我々にも共感できる。
*野球をショウ化した欽ちゃん。これも野球ファンの裾野拡大に貢献?
*こういう野球が面白いのも事実。
*ますます、メディアに露出して、楽しい野球を披露して欲しい!


閉じる コメント(4)

顔アイコン

欽ちゃん本当におめでとう!
欽ちゃんのパーフォーマンスがもっともっと広がってほしいですね

2007/9/11(火) 午後 6:37 あき 返信する

顔アイコン

あきさん、おはようございます。
同感です。

2007/9/12(水) 午前 7:38 kenken 返信する

顔アイコン

正直ここまでやるとは思わなかったですね。
野球のために頑張ってくれている欽ちゃんに感謝!

2007/9/12(水) 午後 0:21 ひまお 返信する

顔アイコン

爽やかですね。欽ちゃんは。

2007/9/13(木) 午前 7:07 kenken 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事