◆Today’s Shot◆

巨人、CSファイナル広島に先勝(10/16)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

   <経団連会長>「与野党議員は給料泥棒」「予算より政局」と批判
                            毎日新聞 2月22日(火)8時10分配信

 日本経団連の米倉弘昌会長は21日の記者会見で、最近の与野党議員が予算審議などより政局を優先して行動しているように見えるとして、「給料泥棒」と酷評した。

 米倉会長は、自民党が早期に衆院解散に追い込む構えを強めていることに対し、「国民の生活や国益を無視した行動。予算関連法案の審議を尽くしたうえで、政局化するならすればいい」と述べ、予算成立を優先すべきだとの考えを改めて強調した。

 その上で「(こういう局面でこそ)与野党の協力が必要なのに、今は国民のために何も仕事をしておらず、(与野党とも)給料泥棒のようなものだ」と不快感を示した。

 また、米倉会長は、民主党の小沢一郎元代表に近い衆院議員16人の会派離脱の動きについても、「予算案や関連法案の審議が進み、これをどうしても通さなければならない時期に、与党の一員として無責任極まりない」と苦言を呈した。




 最近の政治については論ずる気にもならないが、今回の財界トップのこの意見には全面的に賛意を覚える。

 民主党がどうのこうの言う以前の既成政治家のものの考え方自体に愛想が尽きて、解散してもそれでは
誰に

投票するの?という気持ちが強い。

 大方の有権者の考えもそうではないかと思う。

 政治に対しての不信が極に達しつつあり、国政不在状態といっても過言ではないような気もする。

 今回の民主党の反乱議員だけでなく、既存の政治家を一掃しないといけないらしい。





*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。


*よろしければワンクリックお願いします。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事