◆Today’s Shot◆

巨人、CSファイナル広島に先勝(10/16)

政治にひと言

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

   谷垣総裁は「つぶれた会社の社長」…党首討論を見て民主・渡部氏ポツリ

 鳩山内閣発足後初の党首討論が17日午後、開催された。討論には自民党の谷垣禎一総裁(64)と公明党の山口那津男代表(57)が出席し、鳩山由紀夫首相(63)と激突した。

 谷垣総裁は35分間のうち30分弱を「政治とカネ問題」に絞り、首相を糾弾。首相に対する実母からの巨額資金提供問題を取り上げ、「『平成の脱税王』が徴税してくれと言うのは悲喜劇だ」と突き上げた。

 首相は「納税がバカバカしいという気持ちが国民に起きていることは誠に申し訳ない」と陳謝した。小沢一郎幹事長の国会での説明について「私から進言する」と明言。その後も「政治とカネ」問題の釈明に追われた。

 とはいえ、首相も「今こそ企業・団体献金の全面禁止が必要だ」と逆質問。党内に慎重論を抱える谷垣氏が明言を避けると「返答がなかったのは残念だ」と皮肉る場面もあった。

 ご意見番の民主党・渡部恒三元衆院副議長は谷垣氏について「政権を取り戻す迫力が感じられず、つぶれた会社の社長みたいだった」と酷評。首相については「悪く言えば頼りない、よく言えば人柄が良い」とし、この日の対決は「五分五分」と判定。自民党の柴山昌彦衆院議員(44)は「私からするともう1歩、2歩踏み込んでほしかった」と谷垣氏のツメの甘さに不満げ。

 政権交代後、初の党首討論も、各局のトップニュースを飾った五輪とは対照的に、盛り上がり不足の初対決となった。(以下省略)
(2010年2月18日06時03分  スポーツ報知)



 与野党党首共に国民が期待する<党首討論>の意味が分かっているのかと思う。

 何か空しいだけ。

 時間を割いて、党首対決(?)に耳目を傾けても「政治とカネ」の不毛な議論に終始し、中味の濃い政策、

の議論は皆無に等しい、空しい時間を費やすだけ。

 渡部氏の指摘はともかく、自民党の再生させる責任を負った谷垣総裁も単なる党利党略を最優先させた

に過ぎず、到底国民の納得する党首討論にはなり得なかった。

 与野党党首共に、どっちもどっちの、相変わらずの、お粗末な、期待はずれの党首討論でした・・・。



 こんな調子の党首討論なら、今後必要ない!貴重な時間の無駄だ!絶対見ない!






*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
https://baseball.blogmura.com/giants/img/giants88_31.gif
にほんブログ村 (野球ブログ) 読売ジャイアンツ(文字をクリック)]
*よろしければワンクリックお願いします。

開く コメント(4)

   「事務次官から局長に降格も」国家公務員法改正で鳩山首相
                          1月29日12時45分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は29日午前の閣議後の閣僚懇談会で、省庁幹部人事の一元管理を目的とした内閣人事局を設置する国家公務員法改正案について、「適材適所の人事を柔軟に行うため、事務次官級から局長級への異動を可能とする」と述べ、省庁幹部の事実上の「降格」人事を可能とする同法改正案を今国会に提出する考えを示した。



 今回の「国家公務員法改正案」に目を通してみたが、肝心のキャリア制度の廃止については具体的には触れ

られていないように見受けた。

 キャリア制度の廃止については別途「国家公務員制度改革基本法」で2012年を目処に現行のキャリア

制度を廃止し、新たな採用試験を導入することが定められている。

 官僚制度の悪弊を除くには最優先課題としてキャリア制度の廃止しかないと思っているので、このあと

2012年までには是非実現するよう見守りたい。



 鳩山内閣の支持率低下が懸念されるが、民主党政権を維持しない限り、もとの木阿弥になるのは目に見えて

いる。何はさておき、官僚天国の世界だけは変えて欲しい。






*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
https://baseball.blogmura.com/giants/img/giants88_31.gif
にほんブログ村 (野球ブログ) 読売ジャイアンツ(文字をクリック)]
*よろしければワンクリックお願いします。

開く コメント(4)

頑張れ 前原大臣!

   町村氏の挑発に前原氏がキレた…衆院予算委


 前原誠司国土交通相(47)が25日の衆院予算委員会で、自民党・町村信孝元官房長官(65)の挑発にキレた。

 前原氏は24日に建設中止の方針を固めている八ツ場ダム(群馬県)建設予定地を訪れ、住民と初めて意見交換し、政策転換で迷惑をかけたことを陳謝した。町村氏はこの日、「今更謝ってどうするんですか」と指摘。前原氏は「(自民党政権の)ツケをほっといて、今の政権のせいにするのはやめてほしい」と強い口調で反論。いったん席に戻ったが、町村氏が「前政権のせいにするのは稚拙」などと話していると、指名されてないのに答弁席に近づいて、なぜか仁王立ち。町村氏や委員長に注意されても一歩も引かず、町村氏にぶちキレていた。

(2010年1月26日06時02分  スポーツ報知)




 前原大臣の言うとおりだ。

 たまには爆発してもいいだろう。裏でコソコソ取引するより余程マシ。

 町村発言なんて”挑発”以外の何者でもないが、政治家も本音で議論することがあっていい。「挑発に乗っ

た」と言われようが、「答弁に若さが出た」と言われようが、たまには本音を曝け出したほうが国民には分か

り易い。

 過去に大物といわれた人にしてはやけっぱちな発言は不愉快そのもの。もっと建設的な質問をして欲しい。

大物ならその責任を自覚すべきだ。
 






*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
https://baseball.blogmura.com/giants/img/giants88_31.gif
にほんブログ村 (野球ブログ) 読売ジャイアンツ(文字をクリック)]
*よろしければワンクリックお願いします。

開く コメント(6)

   政治資金規正法、通常国会で改正せず…首相
                        1月5日11時43分配信 読売新聞

 鳩山首相は5日午前、企業・団体の政治献金とパーティー券購入を禁止する政治資金規正法改正案の通常国会への提出に否定的な考えを示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 首相は「国民の喫緊の課題である(2010年度)予算をできるだけ早く成立させ、国民の命を守ることが一番だ」と述べた。予算成立後の改正案提出については、「今のところ考えていないが、党とよく調整する必要はある」と語った。

 民主党は昨年の通常国会で改正案を衆院に提出しているが、審議未了で廃案になった。衆院選の政権公約(マニフェスト)にも法改正を明記しており、昨年10月には小沢幹事長が通常国会への改正案提出を目指す意向を表明している。 



 自らの政治姿勢のすべてがこの見解に現れているといえないか。

 捨石になれとまでは言わないが、自分自身の問題を真摯に反省するなら、このザル法を一刻も速く改正すべき

ことは言うまでもないし、政権交代で民主党に期待する課題の一部はここにある筈である。

 残念ながら、政治浄化に対する姿勢も旧政権党と全く変わらない。

 鳩山首相の決断力のなさのひとつの表れでもある。与党と相談する云々などもってのほか。これで政治浄化

は鳩山政権には期待できないことがハッキリした。



 新年早々に残念至極!





*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。


*よろしければワンクリックお願いします。

開く コメント(7)

開く トラックバック(1)

   <菅副総理>「全閣僚で合宿」提案 内閣一体感を演出狙い?
                          12月25日20時45分配信 毎日新聞


 「全閣僚で合宿を」。菅直人副総理兼国家戦略担当相は25日の閣僚懇談会で、年明けに数日間、重要課題で閣僚同士が意見交換する場を設けるよう提案した。各省の政務三役が予算編成作業で対立したり、「官僚に取り込まれている」と批判されたことを受け、内閣の一体感を演出する狙いがあるようだ。

 閣僚の「合宿」は菅氏の持論。衆院選前も「組閣前に2〜3日の合宿で意思統一してから霞が関に乗り込むべきだ」と語っていた。

 25日の閣議後会見で菅氏は「政権ができ、がむしゃらに走ってきた。年明けに内閣全体として意見交換する機会があっていい」と述べた。「予算(編成)や制度論、組織のあり方に踏み込むには(政権発足から)3カ月の期間では十分でなかった反省もある」とも語り、今後、行政組織の抜本的な見直しや、納税者番号制度導入などを閣内で議論する必要があるとの認識を示した。【野原大輔】


 連立政権を組む弱小政党の存在感の主張、新政権の各閣僚の張り切りすぎ(?)などの雑音に加え、鳩山

首相の個人献金問題も加わり、通常国会を前に連立政権の意見調整を図ろうという趣旨には賛成。

 いずれにせよ、鳩山政権叩きが本格化するのは目に見えている中で、政権交代の意義を問われる試練に耐え

て初めて政権交代を期待した国民の声に応えられる。

 鳩山政権は山積する難問の解決に集中し、責任を果たすべき。

 メディアも野党も政権叩きに汲々としている時ではない。ましてや閣内、与党内で政権の足の引っ張り合い

をしているときではない。

  
 





*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。


*よろしければワンクリックお願いします。

開く コメント(2)

全57ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事