◆Today’s Shot◆

巨人、CSファイナル広島に先勝(10/16)

政治にひと言

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
   【速報】小沢一郎被告に無罪判決 東京地裁
                   テレビ朝日系(ANN) 4月26日(木)10時26分配信

 資金管理団体「陸山会」の土地の購入を巡り、政治資金規正法違反の罪で強制起訴された民主党・元代表の小沢一郎被告に対して、東京地裁は無罪判決を言い渡しました。


 ほぼ予想通りの判決。

 地元民の筵旗を掲げて喜ぶ姿が光景が空しい。残念ながら、ある意味では今の政治の実態を象徴的に表して

いる光景だ。


 いうまでもなく、今の裁判制度では疑わしいだけでは罰せられない。敢えて言えば、この事件は巧妙且つ

用意周到に仕組まれた事案に対する司法特に検察権力のお粗末さを証明しただけではないかと思う。

 この政治家が「無罪」ではあるが、「無実」だと断定したわけでは決してない。小沢支持者が快哉を叫んでも

世間での常識はそうではない。世間の常識どおりには司法は動かない。動けない。ただそれだけの話。


 結果として、民主党内の政局がらみの動きが激しくなるだけで、政治課題は先送りされ、そのツケは


我々国民に皺寄せされるだけ。



 とにかく、民主党政権が倒れるのを待つだけではないか。嗚呼!







*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。


*よろしければワンクリックお願いします。 

開く コメント(3)

   維新、衆院選で民主と「全面対決に」…松井知事
                          読売新聞 4月14日(土)21時33分配信

 国政進出を目指す地域政党・大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)は14日の幹部会議で、次期衆院選では民主党と連携しない方針を決めた。

 関西電力大飯原子力発電所3、4号機の再稼働要請に反発したためで、野田政権との対立は決定的となった。

 幹部会議は、橋下氏が13日に再稼働問題を巡って「民主党政権を倒すしかない」と発言したことを受けて開かれた。橋下氏は会議に出席しなかったが、民主党との対決方針について出席者全員が了承した。

 幹事長の松井一郎大阪府知事は会議後、「原発再稼働については、民主党と我々の考えは全く正反対だ。今のままでは(次期衆院選で)全面対決になる」と述べた。 


 結局、民主党も自民党も政官財一体となって既得権益を守り、改革を嫌っているのだという一点が明確。

 何でこれ程までに早期再稼動にこだわるのか?

 次期総選挙で財界の支援を宛てにして、電力不足で経済活動が停滞し、景気回復が遅れていいのかという

財界の思いを優先させているだけの話ではないか。国民の安全な生活なんてどうでもいいのだ。

 福島の未曾有の体験は早く風化させたいのが、今の政権のスタンスなのだ。

 民主党に政治の変化を期待したのは間違いだったのだ。自民党に政権を返しても何ら変わらない。


 今の状況は既成政党すべてに共通する政官財癒着の構造そのまま。


 とにかく、今期待できるのは大阪維新の会しかない。


 維新の会は関西だけでなく全選挙区に候補者を擁立して欲しい。既成政党を打破するにはそれしかない。

 我々地方の有権者の意向を選挙に反映するためにはそれしかない。今のままでは何度選挙しても我々の意向

は政治に活かしてもらえない。そうなれば、遺憾ながら選挙を棄権するしかないのが実情だから・・・!?


 維新の会に期待しても民主党の二の舞だといわれても、それでも政治の変革を期待したい。沈没しつつある

瀕死の日本を誰かが救って欲しいという思いは日本国民の共通する思いではないだろうか。






*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。


*よろしければワンクリックお願いします。 

開く コメント(5)

   民主参院幹事長に一川氏
                                                 2012年1月24日11時6分

 
     
 民主党は24日午前、国会内で参院議員総会を開き、法相に就任した小川敏夫前参院幹事長の後任に、一川保夫前防衛相を充てる人事を了承した。 

 輿石東幹事長(参院議員会長)が提案した。一川氏は防衛相当時の昨年12月、不適切な発言が多いことなどを理由として参院で問責決議を受け、今月13日の内閣改造を機に、在任わずか4カ月余りで退任した。一川氏の参院幹事長就任には、野党側が反発する可能性がある。  


[時事通信社] 



 エッあの一川議員のこと?

 何を考えているんだ民主党。

 リーダーシップは皆無か野田総理。

 党内融和最優先の野田総理の判断なんでしょう。しかし呆れてモノが言えませんネ!


 何をかイワンやの民主党執行部人事。 墓穴を掘り続ける民主党首脳・・・!といった感じがします。改め

て嘆くことでもありませんが、完全に国民に顔が向いていない野合集団に過ぎないことを見せ付けられます。


 野党が・・・ではなく、国民の反発も必死の人事ですね。



 まさか、次期総選挙惨敗への足固め!?


 いかにも非常識集団・民主党らしい混迷に笑ってしまいます。






*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。


*よろしければワンクリックお願いします。

開く コメント(0)

   八ッ場ダムどうなる? 政府と民主で迷走
                    テレビ朝日系(ANN) 12月15日(木)20時30分配信

 2009年の民主党のマニフェストでは、八ッ場ダムは中止と書かれています。しかし、この八ッ場ダム、政府は今、建設再開に舵を切ろうとしています。一体、マニフェストは何だったのでしょうか。

 建設再開を強く求める国土交通省と前原政調会長はじめ民主党側の意見が真っ向から対立していて、総理官邸サイドもまだ判断できないというのが現状です。
 藤村官房長官:「党の議論ももちろん受け止めて、行政府としてこれまでの手続きにのっとって、国土交通大臣が適切に処理、対処することになる」
 以前、前原氏が選んだメンバーによる有識者会議が建設再開に理解を示したことを追い風に、国土交通省は建設すべきだと主張しています。これに対し、建設凍結を決めた時の国土交通大臣だった前原氏は、「極めて不愉快だ」と猛反発しています。さらに、15日に開かれた民主党の会議でも、国土交通省の対応に納得できないという声が強く上がっています。
 民主党・川内博史議員:「(マニフェストには)『川辺川ダム、八ッ場ダムは中止』とこう書いてある。これはやっぱり1丁目1番地である」
 もともと、マニフェストに明確に建設中止と書いてあるにもかかわらず、建設をめぐって迷走を続ける政府と民主党。この結論は結局、来週に持ち越されることになります。


 次々に出てくる野田政権のマニフェスト違反。開いた口が塞がらない!

 八ッ場ダム建設再開反対の立場から、野田政権の無責任な国交省寄りのマニフェスト変更に憤りを感じる。

 民主党の言うマニフェストとは何だったのか。改めてそう思う。国民をバカにしているとしか言いようが

ない。

 何故、脱ダムを声高に訴えたのか。そして今、何故一部の建設再開の声に流されてしまうのか。

 財政破綻を増税で国民に皺寄せし、一方で旧来型の予算執行、財政支出の無駄遣いにご執心とは?


 もう、とにかくこの政権は改革とは無縁の存在であることは間違いない。

 マニフェストの1丁目1番地ともいうべき事項の変更なら解散、総選挙で信を問うべきでは・・・!?野党

ならずとも訴えたくなる。



 前原政調会長は藤村官房長官に一任するというのではなく、野田首相の判断を仰ぐべきでないだろうか?
 




*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。


*よろしければワンクリックお願いします。

開く コメント(0)

   野田内閣の支持率下落42%、不支持が上回る


  読売新聞社が10〜11日に実施した全国世論調査(電話方式)によると、野田内閣の支持率は42%で、前回調査(11月12〜13日実施)の49%から7ポイント下がった。

 不支持率は44%(前回38%)に上昇し、9月の内閣発足から約3か月で初めて支持率を上回った。

 内閣を支持しない理由は、「政策に期待できない」35%(同28%)、「首相に指導力がない」23%(同18%)などの順に多かった。野田首相が自らの政策や考えを国民に十分に説明していないとの答えは85%(同86%)を占めている。参院で問責決議が可決された2閣僚に関して「辞任すべきだ」との答えは、一川防衛相については62%、山岡消費者相は54%となり、いずれも半数を超えた。ただ、自民党が両氏が辞任しない限り、今後の国会審議に応じないとしていることに「納得できない」は71%に達した。

(2011年12月12日23時57分  読売新聞)


 国の政治と「絆」を感じることができないのは不幸この上ありませんネ。


 支持しようにもこんなに国民の負担には熱心でも役人の特権、政治家に甘くては指示しようがない。政治が

自分の身を切る覚悟がなければ当然の結果ではないでしょうか。

 野田首相も甚だしく「KY」で決断力に乏しいといわざるを得ません。

 小沢系2大臣の問責決議だけでなく、国家公務員給与削減案の先送りを見れば国民が見放して当然でしょう。

 先の臨時国会での自民党などの野党対応、国会混乱も自民党政権時代と何ら変わりません。



 政治のニュースが疎ましくて仕方がアリマセン・・・!


 


*ブログランキング”にほんブログ村”に参加しています。


*よろしければワンクリックお願いします。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事