全体表示

[ リスト ]

 この試合は、PL桑田と並ぶ大阪の好投手、超進学校の三国丘の松田のピッチングが注目され、(学年も同学年)なかなかのピッチングを見せていたのですが、5回に右肘にデットボールを受けて、球威が落ち、それでも9回までリードしていたのですが、最後に力つき、逆転されるという劇的な幕切れで、30年近く前なので、すべて覚えているわけではないのですが、その結末が印象に残っているので、書いてみました。
 試合は日大三島打線と三国丘の松田の対決と注目されていましたが、三国丘の打線も活発で、2回にまず、先制点を取り、1対0とします。しかし、日大三島打線も前年秋の大坂大会決勝で、PLの桑田と投げあい、1対0と惜敗した(あのPL打線を1点に抑えた)三国丘の松田が、前半調子のでないところを攻め、3回に1点返し、同点に。4回にも1点取り、2対1と逆転します。
 その後、5回のチャンスに松田が右バッターなのに、左ではなく、裏側の右ひじにデットボールを受けて、苦悶の表情で倒れこみました。誰がみても普通でないのはあきらかで、甲子園は悲鳴と大歓声に包まれます。なんとか、立ち上がった松田はファーストに歩きますが、あんなデットボールを受けて、松田は投げられるのだろうか?という空気でやばい!という感じで試合は再開されます。この回、2点を取った三国丘は、3対2と勝ち越して、あとは、松田のピッチング次第だと思われましたが...
 しかし、やはり球威は落ち、バックのエラーなどもあり、1点取られ3対3に。前半は全くの5分で折り返します。
 しかし、6回の表、三国丘は、日大三島の飯塚投手と攻め、1アウト満塁からスクイズを仕掛けます。これはスタートが早すぎ、牽制に誘い出される形になりましたが、3塁ランナーの森田が判断良くスタートを切り、そのままホームを突きセーフになり、ホームインし勝ち越しました。その後もスクイズを決めて5対3となり、進学校の勝利か?と地元大阪のファンを沸かせます。
 その後、松田は前半のような速球の伸びやカーブの切れはなくなりましたが、巧みな配球で6、7、8回と日大三島打線を抑え、5対3のまま三国丘リードのまま、9回を迎えました。
 しかし、9回になり、松田の肘は限界にきたのか、トップからの日大三島打線は、前田、久保田、高橋と3連続ヒットで、ノーアウト満塁と攻め、松田を追い詰めます。ここで、4番に対して、速球、カーブとはずれて、0−2に。続く3球目もカーブがはずれ、0−3に。制球のいいことで、定評のある松田が全くストライクが入りません。地元甲子園の5万人の大歓声は、松田コールが鳴り響きますが、4球目の速球が外角にはずれて、押し出しに。その瞬間、松田は、体を曲げて両手をひざの上に置いて、地面をにらみつけていました。もう投げられないという事が、わかったのでしょう。ここで、無念の降板となり、橋口にスイッチされました。ここで、長谷川はセカンドゴロに倒れ本塁はアウトになり、1アウト満塁になり、まだリードしていると落ち着いた様子でしたが...
 しかし、6番の飯塚はライトを大きく越える2ベースを放ち、2者がホームインし、逆転サヨナラとなり、日大三島が,劇的な勝利で、2回戦に進みました。
 この試合はなんといっても、松田のデッドボールにつきます。それまでは伸びのある速球に、2種類のカーブがよく、相当に打ちにくいボールでした。縦と横のカーブがあり縦のカーブは、とくに切れがあり、これなら、あのPLを1点の抑えたのもわかる気がしました。しかし、5回以降、速球のスピードが落ちると、カーブの効果が落ち、コントロールも定まりませんでした。なんとか8回まで0に抑えたのは、類まれな投球術によるものでしょう。本当はデッドボール直後に変えるべきだったのでしょうが、本人がいけるといったので、投げさせた。と監督さんが言っていました。試合後の検査では全治5日とのこと。しかし甲子園1勝に賭けて、最後の1球が投げられなくなるまで、投げた松田投手の力投は、本当に魂が揺さぶられるような気がして、とても感動的な試合でした。

 三国丘高0100220005
 日大三島0011100036

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

とても筆力のある文章。三国丘の松田投手の様子が、
手に取るように分かりました。ありがとうございました。

2013/2/17(日) 午前 9:10 [ shi**en12 ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございました。あの試合は、三国丘の松田投手が、どれほど素晴らしい投手か?という気持ちで、試合前から楽しみにしていました。期待に違わぬ力投で、あともう少しで超進学校の、甲子園1勝だったのですが...残念でした。勝てば、2回戦で大船渡の金野投手との投げあいが、見られたのですが。私にとっても、とても無念の試合でした。私学優位の大阪で、三国丘には、難しいかもしれませんが、もう一度甲子園に出て欲しいですね。

2013/2/17(日) 午後 9:42 [ kenzubar1 ] 返信する

顔アイコン

日大三島がかわいそうなくらいの三国丘声援でしたね^^
スコア以上に三国丘大善戦だったのではないでしょうか。
春日丘とか、大阪は公立が結構強かった時代でしたね〜

2017/2/18(土) 午後 7:36 [ ad ] 返信する

顔アイコン

前の年の秋のPL戦の、松田投手が3安打1点に抑えた善戦を知っていたので、私は三国丘が勝つのではと考えていました。前半はそれ程調子が出ていないようでしたが、これからという時に、あのデットボールが右手に、、、 とても残念に思います。あの日の甲子園は三国丘に対する大声援で、凄い盛り上がりでした。大船渡の金野投手対三国丘の松田投手の、左右の好投手同士の公立対決を見てみたかったのは私だけではないと思いますね。

2017/2/19(日) 午前 0:25 [ kenzubar1 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事