TPPと国益

野田総理がTPP参加について,国益の視点に立って結論を得る趣旨の発言をしましたが,当然の話です。 取り上げるまでもない話で,国益にならない判断をする総理がいれば,即刻免職にすべきです。 ここで問題とすべきなのは,TPP参加による国益と損失がどれくらいなのか,また,どれくらいの譲歩を引き出せるか,といったことだと思います。 TPP参加による利害関係者の対立を煽っても何も国益にならないわけで,ワイドショー化したマスコミには,日本にとっての国益が何かを議論してもらいたいものです。  例えば,農業者団体は,TPP参加により関税が撤廃されて日本の農業が壊滅的なダメージを受けると主張しているようですが,それ以前に,高い関税率と補助金で優遇することに対する是非が議論されるべきではないでしょうすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事