全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

超高速

イメージ 1
富士スピードウェイを走ってきました。近場ではないのでライセンスを取るようなことはできないため、走行会に参加させていただきました。


ホームストレートが1.5km弱と、最高速チャレンジが可能なところが魅力のコースです。ただコースレイアウト自体は奇妙に見え、走りにくいのではないかと思っていましたが、あに計らんや、かなり楽しく走れるコースで気に入ってしまいました。

ストレートから1コーナーへの進入で230キロほど減速する事になるため、ブレーキの負担が気になっていましたが、最高速近辺では空力制動力が非常に強力なのでディスクブレーキの負担は思ったほどではなく、しかもコース後半のテクニカルセクションはかなりの上り坂な上にガンガンにブレーキを使える感じではなくブレーキの冷却が充分に行えてしまうため、見掛けに反して比較的ブレーキには優しいコースなのではなかろうかと思います。

200キロ前後で抜けるコーナーもあり、馬力のあるバイクにはいいコースです。GSX−R1000との相性も非常に良く、ひたすら気持ちよく走れて良かったです。隼で走るのも楽しいだろうと感じました。

メーター読みの最高速は299kmを期待していましたが、僅かに届かず296kmに留まりました。ミラーをつけたままにしていたのが敗因かもしれません。また、初見のコースなのでとにかく安全マージンの充分な確保を心掛けてもいたので、残念ながら仕方なしといったところです。

イメージ 3

今回、事前にコースを覚えるためにrFactorという4輪のレーシングシミュレーターを使って富士スピードウェイを走り込みました。練習は非常に効果的で、コースレイアウトをきちんと頭に入れて走る事が出来ました。また、タイムアタックが非常に楽しめました。操作はキーボードだけで行いましたが、それもまたある種の趣があってなかなか。


イメージ 2

今回は遠方なので疲れましたが、R1000とのマッチングがとてもいいコースで、行ってみて本当によかったです。
ピット設備も最高に充実していて快適に走れて感激しました。いつかまた走ってみたいものです。

R1000は非常にパワフルなバイクなので、やはり相応に大きなサーキットが似合うのだと実感しました。速いかどうかはともかく、楽しく走ることが容易な印象です。鈴鹿や茂木もいずれ走ってみたいものだと欲が湧く、いい体験が出来ました。

この記事に

開く コメント(7)

レーステックRR

イメージ 1
春から履いていたピレリのスーパーコルサV2SCが減ってきた&温度域が合わなくなったので、以前履いてとても印象の良かったメッツラーのレーステックRRに替えました。

サイズは190−55から200−55に。タイヤ直径が大きくなり、車両姿勢がけつ上がりになりました。
現行型のGSX−R1000は以前のものよりもフロントが低めのように思うので、車両姿勢が前傾した影響が若干気になります。とりあえずフロントフォークのプリロードを1回転ほど締め込んでおきました。

イメージ 5

試走しましたが暑いこと暑いこと。吸気温度は軽く40度を超えています。年のせいかあまり辛くは感じませんが、すぐに熱中症になってしまう環境なのかもしれません。
跨った感じでは1cm弱程度シート高が上がった印象でした。

イメージ 2
ピカピカのタイヤですが、サーキットを走っているとすぐに無くなってしまいます。

イメージ 3
とりあえずサーキット走行準備完了です。まあ暑いので秋まで無理はしないで置こうと思います。

イメージ 4
ABSやトラクションコントロールなどの装備で、タイヤ交換の際の手間も少しですが増えました。電子装備の恩恵自体はやはりありがたいものですが、反面ダイレクトな感触は確実に失われる傾向で、物足りなく感じるところもあります。用途上、味わいもとても大事なので。ただ、本当に楽で快適で速いですからこの方向性は着実に支持されていくだろうとも思います。

ただ、スポーツ性の面では、パワーに圧倒されてしまうリッタークラスよりも、やはりミドルクラスのメリットが大きいのではないかと思います。ミドルクラスは選択肢が激減している上に価格高騰も激しくなっています(ただ、リッターSSとミドルクラスSSの製造コストはほぼ変わらないでしょうから仕方ないとも思いますが)、どうなる事やらわかりませんが、まあこれからはWSS300のベース車として特化したようなバイクがどんどん出てくるのかもしれませんし、何かはあるんでしょうね。私は散歩できれば充分なので実際何でもいいですが、やはり一度は振り回せる系の車両に行ってみたいものです。

この記事に

開く コメント(4)

片付けいろいろ

イメージ 1
車庫にいろいろ溜め込んでしまったゴミ・ガラクタの類の始末をしています。これはラジエーターの冷却水を高吸水性樹脂に吸わせて処理しているところです。冷却水は有毒なのでそこらに流してしまうことは出来ません。かといってエンジンオイルの廃油のようにリサイクルの仕組みが確立しているわけでもないので始末には困っていました。が、こうしてゲル化したものは燃えるゴミとして扱えると最近知り、長年の懸案の解決に乗り出しました。

イメージ 2
この高吸水性樹脂は1グラムで50ccの液体を吸収する事が出来るとのことです。多量に吸わせるとゆるいゼリーのようになりますが、一度吸収したものは漏れ出しては来ないようですので準固体として扱える模様です。

イメージ 3
吸収剤一袋、500gを使用して、なんだかんだで溜まっていた15リットルほどの冷却水を処理しました。車庫の一角を占めていた頭痛の種が解消し、さっぱりしました。

イメージ 4
こちらも同じく頭痛の種だった使用済みオイルフィルターです。金属のケースの中にろ紙で出来たフィルターが収められており、迅速に交換ができるのはいいのですが、処理の難しい産業廃棄物の一種です。
ケース構造をサンダーで切断して分解し、ろ紙部分と金属部品をほぼ完全に分別しました。これで各々可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分可能になりました。サンダーによる切断作業はとても大変で、あまり頻繁にやる気にはなりませんが、これでとりあえずしばらくはさっぱりしました。

イメージ 5
※日東工業Webサイトより引用

スピンオンタイプのオイルフィルターはこういう構造になっているので、筒状の外殻を切断すれば中身を取り出せるというわけです。スズキのオイルフィルターは金属とろ紙の分別が簡単かつ完全に行える構造になって居て感心しました。

イメージ 6
さっぱりしたところで少々散歩。水田の緑が素晴らしい季節になりました。水田はこういう見た目も素晴らしいですが、もちろん日本の農業技術の結晶でもあります。
日本の農業技術は世界屈指のものであり、意外な事に小麦の生産においても、日本が開発した品種によって20世紀中盤に改良が施され世界の農業生産が大進歩(緑の革命と呼ばれています)したそうです。これは最近知ったのですが、かなり驚きました。

暑くて大変な日々ですが、他の季節に無い趣があるのも確かでしょうか。無理なく楽しく過ごしたいものです。

この記事に

開く コメント(2)

暑いのは苦手

イメージ 1
サーキットに来てみましたが・・・暑い・・・
朝方は曇っていたので一日曇りを期待しましたが、まもなく強烈な日差しが復活(@x@)
この季節は不用意に日干しになっていると色々とおかしくなるので要注意です。

イメージ 2
このクレバーライトのウォーマーはサーモスタットが駄目になったようで、予備と交換しました。

・暑過ぎ
・体調もいまいち
・去年春に買った一昨年製の3時間半走ったタイヤがびっくりするくらいグリップせず意気消沈

というわけで早々に撤収し帰路に着きました。成果無しですがマイナスの結果(私にはありがち)ではなかったので、まあこれはこれでよかった。夏は日陰で冷たいもんでも食ってるのが一番です。
というような気持ちになってしまったのでありました。

この記事に

開く コメント(8)

消火器

車庫やサーキットでの給油関連作業の時にずっと、何か足らんのではと思って居ったのです。
ガソリンに一度火が付いてしまったら、相応の手段を使わない限りまず消火できないでしょうからね。
イメージ 1
という訳で早速消火器を配備しました。転ばぬ先の杖としてはこれ以上無い逸品です。
これがあれば、万が一の際も車両焼失や延焼という最悪の事態を免れることができると思います。

イメージ 2

モリタ宮田工業製のMEA10Bです。10型というサイズのもので、このサイズはアパートマンション関係用に大量に生産されているらしく、安価です。値段をご覧になったら驚くと思います。

昔の消火器は一度起動すると消火剤を全量噴射してしまう(レバーでCO2ボンベの封を破って噴射するため)ものが主流だったので、過剰に噴射される消火剤の害を懸念していましたが、現在の消火器は必要なだけ随意に出し止め出来る蓄圧式が主流になっているので、家屋内やモータースポーツ等での使用にも対応可能だと思います。
その他、CO2噴射型や水・泡型等、消火対象物や環境に対応した特殊な消火器もありますので、希望に応じて選ぶ事が出来ます。

この記事に

開く コメント(2)

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事