ここから本文です
JA3NAPのブログ
SOTA始めました!
2018年2月14日(水)宇治田原町 KT-063 JCG22010B 大峰山 KT-091 六石山 JCG22006A(久世郡久御山町飛び地)

ちょっと私用でバタバタがありまして、BLOGへのアップロードに混乱を起こしまして前後が逆になってしまいました。このBLOGのほうが先なのですが。
昨日京都の南部の山2つをSOTA移動しましたが、南部にはあと2つ、少し北側ですが宇治の奥に、よく移動されている大峰山と六石山に移動予定です。大峰山は林道を山頂直下まで車で移動できますが少し手前の空き地に車を停めて歩いて登ります。
写真のような案内のところを上がっていくわけですが当然車では入れないように鎖で鍵がかかっています。
イメージ 1

ドコモの中継所があります。この道を5分ほど上がると山頂の三角点に到達できます。写真のように林の中ですがDPはなんとか張ることができます。
イメージ 2

午前中なのでコンデションがよいのか35局とQSOできました。クラスタにもアップしていただいたのだと思います。クラスタアップありがとうございます。
イメージ 3

次から次へと呼んでこられる感じはもうしばらく経験していなかったことですが久しぶりに移動運用の楽しみを感じることができました。
イメージ 4

車に戻りサーキット場の横を(山の上ですがサーキット場があり、平日ですがブンブンとエンジンの音が山頂まで聞こえてきます)

次に六石山ですがこれはくつわ池自然公園の中を通って山頂に行きます。運用地はGooglemapでみると普通は宇治田原町になるのですが、六石山は久世郡久御山町の飛び地の境界にあります。
イメージ 5

昨年はくつわ池自然公園の中の駐車場に¥600払って登ったのですが、今日木曜日は休園日ということですので自然公園の入り口の空き地に停めて歩きます。しかし園内のくつわ池内では釣りをしている人がいて車は園内の道路にとめてあります。
山頂への道はいろいろとありますので適当に歩きやす所を選んでしばらく歩くと山頂近くまで行けます。
イメージ 6

昨年はここでストックを忘れたのですが、当然ですがありませんでした。
ここでもDPをはるのは少し苦しいのですが、なんとかDPをせっとします。
午後になっていますので国内はだいぶスキップしています。JR4CEH,JA4RQO,JA8OHG,JH1WFS,JH1VIG各局が呼んでくれました。
イメージ 7

1エリア4エリアと8エリアが一緒に呼んでこられるコンデションは不思議です。
微妙な時間なのでしょう。もう少し遅ければ1エリア、4エリアは不感になるでしょう。午後からはHFは苦しいですね。今回はマルツで購入したリチウムイオン電池(¥800)のテストをしましたが、本日のSOTA運用には一日十分持ちました。今は販売しておりませんがジャンク扱いで売られていたものですが3個購入したものですが正解でした。
今日も各局ありがとうございました。無事SOTA運用を終えて帰りました。また聞こえてましたらよろしくお願いします。



この記事に

2018年2月18日(水)金比羅山OS-011(高槻市)竜王山OS-012(茨木市)石堂ケ岡OS-016(茨木市)

14日の後また冬型が強くなり山は寒いだろうな、と少し自重していたのですが2日空いたので私の仕事であるSOTAを日曜日に頑張らないでどうする。ってことで相変わらず出かける時間は遅いのですが亀岡の篠ICよりボーダー(趣味の野外活動エリア)の横の道を少しはいると金比羅山の林道に出ます。
(今日は京都マラソンの日で北大路は右折できず、五条も右折できず、結局171号線の久世橋を渡って洛西に抜けました。)
しかし当然のことかもしれませんが、車は入れません。舗装はしてあるので自転車で行けるところなので自転車で舗装された林道に入ります。この道は高槻市が管理していて不法投棄を防止するためにゲートで鍵をかけていると書いてあります。林道を上がってゆくと途中右側の谷の池の表面が凍り付いています。
イメージ 1

昨夜は京都でも寒かったからね。そこをまた少し上がると左手に個人の山小屋なんでしょうか。車が何台も停まっていて男女のおしゃべりが聞こえます。よくわかりませんが、許可を得て林道に車を入れてるんでしょうね。
40分くらい自転車をこいで峠までやってきたら景色がきれいです。昨年の記憶から、この峠を少し超えたところに登り口があるはずです。ありました。
イメージ 2

写真の通り昨年のビニールテープが巻いてあります。斜面を上がってゆくのですが
残っている雪がいてついて滑ります。滑ると崖下(4-5m)に転落の恐れがるのでバランスを崩さないように慎重に上がってゆきます。昨年巻いた赤いビニールテープを目印に尾根までたどり着きます。今回はGPSの地図を見ていただければわかりますように左に折れてしまいました。そう思い込んでいたようで、地図を見て、「あ-反対方向だった」と反対方向の道を歩いて5分ほどで金比羅山に到着です。ここも展望がよくないですが北側の斜面から上がってくる冷気が半端ではなく冷たくて少し南に逃げますが風は強いので寒いです。
イメージ 3

日のあたる所に移動したいのですがそこにはVCHをセットする支柱も、そして上のほうは葉が生い茂っているのでVCHを立てるには不向きなので仕方なく寒い山頂でSOTA運用です。
イメージ 4

7MHZ/CWで運用しますがコンデションはまあまあなんですがいつも呼んでくださるJH1MXVさんのコールが聞こえません。JA4RQOさんやJA1VVHさんのコールはあったのですが・・・。
イメージ 5

あんまり風が冷たいので4QSOで早々に撤退します。
次は竜王山に移動です。いつも昼からのコンデションが悪いので心配です。急ぎます。

竜王山の麓の林道わきに車を停めましたが、上まで車で行けそうですが対向車があると困りますので自転車に乗り換えて車の駐車場に自転車を停めて歩いて登ります。
イメージ 6

今日は良いお天気なのですが風は相当冷たいです。日曜日なのに上の展望台には誰もいません。展望台には誰もいないのでここにVCHを端っこにセットして7MHZ/CWでオンエアです。
イメージ 7

初めにJF1NDT/1局のコールが14MHZでかすかに聞こえていたので7MHZのVCHに14MHZを無理やり乗せてコールしますがとってもらえません。メモリーをセットして少しの後、SOTAWatchを見るとJF1NDT/1局が7MHZででています。こりゃ呼ばないと、とコール一発でとっていただきました。(TKS JF1NDT/1)その後JA1VRYさんJA1VVHさんJA4RQOさんとコールいただきQSO後JG4GLS/4局が呼んできてくれてます。559です。こちらのレポートは339です。OY-073に移動です。(TKS JG4LCS/4)10QSOの最後に生地JP3DGTさんがホームからコールいただきました。599ですがこちらのレポートは329です。
14時を回っているのにいつもよりはコンデションがよいようです。

急いで次の石堂ケ岡に行きます。
ここはゴルフ場の中にあるので一応クラブハウスに声をかけて入ります。しかし今日は山道が凍っているためにゴルフ場はお休みで係りの人が一人おられただけです。クラブハウスの北側にこんもりとした山がありますがそこが石堂が岡です。昨年は「石堂が岡」とかいた山名のプレートがありましたが台風で飛んで行ったらしいです。
ここで7/CWと433/FMでなんとか4QSOやはりHFのコンデションは近くがスキップしています。
あんまり激しい山登りはなかったのですが2月に頑張りすぎて(私なりに)左の膝が痛いです。困りました。
イメージ 8
三角点です
イメージ 9
イメージ 10









この記事に

2018年2月14日(水)和束町 KT-028 684m KT-128 奥岸谷山

今日は天気がよく暖かくなるという天気予報をきき、SOTA日和とばかりにいつものように家を9時半ころに遅いお出かけです。
金胎寺の奥にあるKT-028は鷲峯山より2mほど高い山(684m)です。
金胎寺の横を通る道は離合が難しいところが少しありますがあまり車が通ってないので対向車に注意しながら走ります。金胎寺を過ぎるころから陰のところは路面が凍結しているのでゆっくり走ります。5分ほど走ったところに空き地があったのでそこに車を停めます。雪が残ってます。
イメージ 1

ここから1KMほど歩いて右手の山に入る。
イメージ 2

と関電の鉄塔がありますが、そこの横をすり抜けて左へ向かうと山頂です。
イメージ 3

三角点も何もありません。GPSの地図を頼りにきましたが、途中はずっと圏外です。山頂近くで3Gで入りました。SOTAWatchにアップします。コンデションがよいのかJH1MXV(Hideo さん)JA1VVH(Tadaさん)が真っ先に呼んできてくださいました。あとはJH1MXVさんがクラスタにアップしてくださったおかげで沢山の局が呼んできてくれました。15局とQSO。なんか仕事をしてはる人がいます。何か言われるそうなので呼ばれなくなったのでQRTします。
イメージ 4


KT-128奥岸谷山に向かいます。この金胎寺から国道62号線にでます。ラッキーなことに車とのすれ違いはありませんでした。
62号線を左(南)に折れて峠を下ります。その途中、右手にカーブミラーと空き地が見えますが、ここに車を停めます。
イメージ 5

ここのところを山に入っていきます。昨年はもっと下から迷いながらやぶこぎをしたのですが、今年は昨年のGPS-MAPの記録がありますから迷わないようにいきまが、見るからに太い踏み跡をあがっていったら、尾根をトラバースしているのが昨年の道ですが、今年は間違って尾根筋に出てしまいました。よけいしんどい思いをしましたが、尾根から一度下がって峠に出ると下から上がってくる道が見えます。本当はこちらのほうが楽だった。(帰りは間違いなくこちらをゆくぞ!)
あとははっきりした踏み跡とバイクが上がったのか走った後があります。とちゅからは消えてますが写真のような赤い棒が建っているので(これは境界?消防関係?)それを目印に上がってゆきます。
イメージ 6

しかし今回は山頂に行く道を見落としたみたいで少し行き過ぎてしまいました。戻ります。山頂は昨年は夕方だったので暗い感じがしましたが、今年は明るく日差しが入ってきてます。山頂のプレートにはたくさんのコールサイン入りのプレートが増えてるような気がします。無線家御用達の山?人気があるんですね。
イメージ 7
コールサイン入りのプレート
イメージ 8
三角点
山頂は木々が茂っているのでDPは無理なのでVCHにしますが、コンデションも落ちているみたいで6エリアや8エリアの局が呼んできてくれましたが、結局4QSOのみ。6エリア、3エリア(山の近く3KM圏内の局)、7エリア、8エリアの4QSOでした。
もっと早く出かけないと午後からはだめですね。
イメージ 9






この記事に

2018年2月11日(日)京都市左京区 KT-060 瓢箪崩山532m

焼杉山から帰ってきて、少し左の膝が痛かったのと土曜日が雨だったのでよい休養になりましたが今日は左京区の岩倉にある瓢箪崩山というヘンテコな名前の山に登ります。今は国土地理院の地図APPが軽くて使いやすいのですが、山と高原地図のAPPも購入したので一度使ってみようと思い、今回使ってみました。一般的な山のルートの確認にはよいのですが地図の拡大がある程度しかできないので(あまり拡大しても意味はないのですが)老眼にはもう少し大きく拡大できるほうが良いかな?という感じですが普通に使うには十分です。
イメージ 1

岩倉の「飛騨の池」というため池があるのですがここを少し山に入ると車を停めるスペースがあるのでここに停めさせていただきます。
ここから歩いて登るわけですが緩い登りでいいペースで歩けます。
途中女性の2人連れ(70-80歳くらい?)にすれ違いましたが、元気ですね。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

20分ほど歩いたところで山の斜面に入り、斜面を登ってゆきますがさすがに傾斜が強くなってきました。寒谷峠まではこの傾斜が続きます。でも山としてはそんなにきつい傾斜とは思いません。所々に雪が残っていますがナッチョとは偉い違いです。
イメージ 5
イメージ 6

寒谷峠から右に折れて斜面をトラバースするのですが、その道が何か所も崩れていて歩きにくいので尾根に入る道を見つけて尾根筋を歩きます。
イメージ 7

踏み跡とビニールテープがあるので迷うことはないでしょう。70分ほどで山頂に着きました。
イメージ 8
正面の木の上のほうに「瓢箪崩山」という銘板があります。

日差しも入るのですが北西方向と南東方面に風が通り、今日は北西方面から相当な寒気が入りしばらくすると指がしびれてきました。
イメージ 9
山頂から南方面(登ってきた方向を見る)
イメージ 11
         山と高原地図のAPPです。青い人型が現在地です。

1月の蓬莱山でもそんな感じがなかったのですが、今日の風は相当温度の低い寒風です。いつもは着ないのですが非常用にいれているダウンジャケットをジャンパーの上に羽織ります。しかし指先はじんじんしてきます。JA1VRYさんがクラスタにアップしてくださったおかげで27局とQSOできました。みなさん強いです。今日はコンデションがよいですね。
今日はFT817NDも連れてきたのですが自作のMTUでも1.0までSWRが下がらないのでKX−2に変えます。
FT-817ND重たいのに持ってきたのに残念です。おまけにパドルの調子もおかしい。KX2の軽さとパドル一体が便利ですねぇ。
今日も沢山の局が呼んでくださいました。ありがとうございます。
イメージ 10

国土地理院のMAPアプリです。軽くて使いやすいです。下りに使ってみました。
(iphone6少し古い・・・)

この記事に

2018年2月8日(木)京都市左京区 KT-023 焼杉山 717m

昨日のナッチョ(天が森)は雪がたくさんで北山でも全然雪がない山といっぱいある山と少しの違いで大きく変わることがあるんですね。今日はナッチョより少し南に位置する大原寂光院の横から登る焼杉山です。
寂光院の駐車場(300円/日)にとめて歩きますと、この寒いのに中国語が聞こえてきます。観光客らしいですが中国の方はよくご存じですね。こんな山の中まで。
イメージ 1

写真のゲートを空けて山道を歩いてゆきますと分岐点がありますが、ここを左手の山の斜面に入ります。
イメージ 2

入ってすぐにまた分岐がありまっすぐ行くと焼杉山、左に行くと百井を経由して天が岳(天が森ではありません、近いですが)今日は尾根道を行くので左手に行きます。おっちらときつい勾配を上がってゆきますと足元に雪が凍ったような状態の道になります。
イメージ 3

滑ります。ときどき地面が出ていたりと昨日のナッチョとは偉い違いです。2つ目の分岐から30分ほど歩くと尾根に上がります。右へ行くと焼杉山と百井方面への道左へ行くとロッククライミングで有名な金比羅山。(昔は毎日曜日に遊びに来ていました)
イメージ 4

右の分岐を百井ではなくその右手の細い上に上がってゆくほうの道を上がってゆきます。傾斜はだんだんと緩くなってきました。
イメージ 5

30分くらい雪道を歩くと最後の登りです。斜面は雪だらけですが踏み跡があるのでそのあとを歩いて登ります。
イメージ 6

最後の登りではありませんでした。少し下り上がってところが焼杉山の山頂です。東側に大原の街並みが見えます。登りには1時間45分かかりました。
イメージ 7

山頂はそんなに広くないのですがVDPを上げます。アンテナをセットしてから遅い昼飯にします。おにぎり2個とコーヒーです。
食べ終わりホッとしたところで、SotaWatchに上げますが7MHZ全然呼ばれません。
イメージ 8

CQをだしつづけているとJA4RQO林さんの強いシグナルが入ってきました。いつもありがとうございます。そのあとはめずらしくJA6FOF/6(Katsu)さんからコールいただきました。モービルでしょうか、よく入っています。今日も近くがスキップしているのでしょうか。
その後10分位してから、いつも呼んでくださるJA6NEJ(ありがとうございます)さんからコールいただきましたが、その後が続きません。
バンド中をダイヤルを回しても信号が聞こえません。コンデションが悪そうです。433MHZ/FMでもよこでCQを出しますがコールバックがありません。しかたなく同じようにKX-2のメモリーに入ったメッセージを(メモリーがなかったら大変です)
送出します。10分くらいした時にいつも呼んでくださるJR4CEHさん(ありがとうございます)からコールありましてやっと4QSOです。15分ほど前から天気がおかしくなってきました。吹雪いてきました。天気予報では曇りということでしたが
山の上では吹雪なんですね。低い山なのでそんなに強い風ではないですが、そのぶん、KX-2の表面に雪が落ちてきて水滴に変わります。やばいやばい。はやく撤収!そんなじょうたいで、平日は7MHでも結構しんどいです。
433MHZ/FMは平日はほとんど使えないですね。出ている局がいない。
今日も各局ありがとうございました。また聞こえてましたらよろしくお願いします。
イメージ 9

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事