Learner Inside Me

バイクと登山と旅行と、おでかけのブログ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

エリア:東海 三重県

旅行期間:2014年7月6日〜2014年7月6日

高田会館の裏にある池では、蓮の花が今を盛りに咲き誇っている。


一身田に住む会社時代の同僚から、高田本山専修寺の蓮の花がすごく綺麗に咲いているから、見に来たら・・・と昨日電話があった。
今朝、空を見上げると、西の空には雲が多いものの明るく、日中は夕立などの心配はなさそう。

早速、高田本山専修寺へと原チャリでトコトコと走る。
元同僚に高田本山専修寺に到着した旨電話連絡し、先に会館裏の池を目指す。

境内から鐘楼の横を抜けると蓮の池があり、ピンク色の花弁が華麗に咲き誇っている。

イメージ 2

蓮池の亀の甲羅干し

イメージ 3

蓮池と宗務院

イメージ 4
イメージ 5

蓮池の蓮のつぼみ

蓮池の周りには親子連れ、若い男女等見物客が入れ替わり立ち替わり訪れ、蓮の花を満喫している。

この専修寺には、約35種類の蓮が咲いているとの情報であるが、花に疎い私には、白かピンクの花弁だけしか判別できない。

イメージ 6

御影堂前の鉢植えの蓮(アメリカ白蓮?)

しばらくすると、元同僚が蓮池のほとりに到着

イメージ 7

蓮の花々とかわせみ庵

今日は、参拝者が多いなぁ、何かあるのかな・・・と元同僚。
御影堂と、如来堂に幕が掛かっているから、特別な法会があるのかも知れないなぁ・・・と二人で納得。

蓮を見物し、小腹が空いたので茶所(チャジョ)で休憩、コーヒー(お寺参拝でコーヒーとは・・・)と串やじろ(昆布茶セット)を食す。

休憩後、御影堂の中へ。
御影堂の中では、今日の法会の説明があり「第九世定顕上人五百五十年忌法会(7月5日〜7日) 日中兼逮夜として、午前11時30分より行われるとのこと。
本堂内の外陣(参拝者が座る畳の間)ではすでに法会を待っている人々がいる。
20人ほどの僧侶も内陣の前で横一列に座り、所作の進行、法会開始の時を待っている様子。
私たちも静かにその時を待つ。

法主が内陣へ、法会の始まりである。
読経が始まり、堂内は荘厳で厳粛の中お逮夜の開始である。
しばらくお逮夜の読経を厳かに聴き、功徳をいただき静かに御影堂の外へ。

昼食に寺内町の食堂へ。
時計を見ると、午後1時すぎ、今日は、高田本山で3時間ほど過ごしたんだなぁと・・・暇人二人。

食事も済み、それぞれ別行動へ。

私は、原チャリに跨り、空を睨みつつ自宅を目指す。
自宅に着いて、しばらくすると空から水滴が。

よかった、雨に遭わなくて・・・。







【旅メモでのコメント】

早速、みました。蓮の写真、緑の葉っぱ、艶やかですね・
重要文化財の「茶釜」が写真取れ無いのかな。
又な。


ゲストさん 2014年7月7日 18:38

絶妙のアングルですねー! 踊りでも、写真でも玄人は違うなあ!!現場で観るより蓮が綺麗に輝いて見えるもの!明日は震朝に行ってきます。


ゲストさん 2014年7月12日 19:45

みの吉さん

みの吉さん、ありがとうございます。
こそばゆいです。
でも、花は奇麗でした。
私には、猫に小判なのですが、奇麗、心癒される感覚だけは何とか感じることができました。
ところで、震朝とは・・・? 例の朝の早い726畳の外陣ですか。
御苦労さまです。


森のクマさん 2014年7月12日 21:35

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事