全体表示

[ リスト ]

明日の決戦を前に

イメージ 1

イメージ 2

世界一をかけた戦いを愛する皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。

先週末は、私の愛するふたりのアスリートが世界一を逃しました。

つくづく2006年はロナウジーニョの年ではなかったようですね。
まぁ、そういつまでも一人勝ちできるものではないということでしょう。
むしろクラブW杯決勝で強く私の印象に残ったのは、初期のトヨタカップに溢れていた驚きが久しぶりに見られたことです。つまり、無名のブラジル人達の目を見張る個人技としたたかな戦術眼です。特に決勝ゴールを演出した10番イアルレイには、思わず口元が緩んでしまうような味わい深いテクニックで楽しませてもらいました。
王国は死なず、ですね。そしてもちろん、2007年ロニーの巻き返しにも期待しましょう。


もうひとり、ミラクル・マオは今シーズン初めて足を踏み入れた“競技フィギュア”の洗礼を受けています。
今彼女は、明らかに“競争”からくるプレッシャーでミスを重ね、そしてそんな自分に戸惑っているかに見えます。でもこれは決して悪いことではないと思います。彼女にだけはそうしたメンタルの壁を軽々と飛び越えて欲しい気持ちもないではありませんが、無垢な妖精から真の女王へ変容するために不可欠な時期にさしかかっているのでしょう。幸い五輪までは十分な時間があります。十分に自らと向き合い、アスリートとしての深みを身につけて欲しいものです。昨シーズンの地獄から見事生還した安藤美姫のように。


さて、いよいよ明日、私の愛する3人目のアスリート、亀田興毅が初防衛戦に望みます。
ロナウジーニョ、浅田真央に続き世界一の称号を取り逃がしてしまうのか、あるいは2006年をびしっと締めてくれるのか―

多くの人が茶番と見ている試合かもしれませんが、私は大真面目に亀田の闘いを見届けようと思います。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

明日は亀田っす!!自分、これでも「キム・ヨナ」と「インテルナシオナル」をズバッ!ズバッ!と的中させた男っす!そして有馬まで無敗で突っ走ります!!!!間違いないっす!!!!!!

2006/12/19(火) 午後 6:57 [ ショボロビッチ ]

顔アイコン

確かに門仲の立ち飲みで「インテルが勝つっす!」とかのたまってましたっけ。モヒカン亀田、明日は頼むよ〜っ!

2006/12/20(水) 午前 1:00 [ 橋詰英樹 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事