けやき動物病院 国分寺市にある動物病院

あなたの小さな家族を守ります。国分寺小平小金井府中から

イメージ 1

2017年12月26日未明に羽村市小作坂下の路上でワンちゃんを保護してくださった方がいらっしゃいます。
体重6.5Kgのオスです。
お心あたりの方がいらっしゃいましたら当院までご連絡ください。  

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

高齢の犬の瞼裏の腫瘤の切除のご紹介です。

以前より左まぶた裏にできものがあり涙や目やにがでていました。
年齢・膵臓の病気などがあり全身麻酔はリスクが高い状態でした。

さいわい比較的おとなしい子でしたので鎮痛剤の注射を打って
点眼麻酔をし眼球を保護したのち半導体レーザーで蒸散(焼き飛ばすこと)しました。

出血もほとんどなく処置も終わり症状も改善しました。

症状やできた場所、大きさなどによってはレーザーで処置できる場合があります。

麻酔のリスクでいぼや腫瘤の摘出をあきらめている場合でもレーザーを使えば全身麻酔なしで
出血も少なくとれる場合もあります。

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

石の誤嚥・内視鏡での摘出の例です。
レントゲンでおなかの真ん中に白く見えるのが異物です。

しばらく前から吐き気がありました。
ずいぶん痩せてしまっていました。
石を飲み込んだことは飼い主さんは全く気づきませんでした。

不幸中の幸いで、
お腹を切らなくても取り出せました。
当日に歩いて帰ることができました。
高齢のワンちゃんなのでよかったです。

石は美味しかったのでしょうか?
結構大きい異物でも素材によっては内視鏡で取り出せたりします。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事