けやきの便り

大きなケヤキの木の下で

風まかせ

すべて表示

樹木消えて

イメージ 1
 ある日、急に道の突き当たりが明るくなった。遠くの方まで見通せ駅の方のビルまで見え、見晴らしがいい。これまで、それほど高台だと思わなかった。
 それにしてもその辺一帯、植木畑で気節毎の花がたのしめたのに、惜しい。もう樹木は一本も無い。
 例年だといまごろ、サルスベリ百日紅が猛暑に負けず花をつけてたから、ママチャリをおりて汗をふきふき眺めていたのに。
 今は整地され土がむき出しになったと思う間に、はや草ぼうぼう。カンカン日照りの下で暑苦しい。
 でも、その草もしばらくすると刈られ、家が建つでしょう。そしてまた視界がさえぎられるんだろうなあ・・・・・・。

.


みんなの更新記事