アスワット大阪支社のきまぐれ日記

イタチ駆除・ネズミ駆除・害虫、害獣駆除・シロアリ対策はアスワットへ!
こんばんは!

冬らしく寒くなってきましたね。

気温が下がりますと有害獣が暖を求めて屋根裏等へ侵入します!

先日からイタチ防除施工をさせて頂いてました和歌山県橋本市のお客様宅も

無事に防除施工完了。もうイタチに悩まされる事はないですよ!

お客様宅の屋根裏には、イタチの他にハツカネズミとコウモリの侵入した形跡も

ありました。

どうやら現在は家屋内にハツカネズミとコウモリの生息は無く、イタチの侵入によっ

て絶滅している感じでした。イタチはネズミが大好物で好んで捕食しますよ!

今回のケースは家屋内のネズミ&コウモリの生息に気づいたイタチが、補食しに

やって来たのがイタチ侵入被害の始まりだと思います。

イタチが荒らした断熱材
イメージ 3

こちらはコウモリの糞
イメージ 1

こちらはハツカネズミが荒らした断熱材と糞
イメージ 2

動物の種類によって糞は勿論、荒らした断熱材の形跡が異なります。

床下換気口 よく見ると角が丸くなっています。ハツカネズミが囓った形跡
イメージ 4

こちらは完全に囓られて2つの穴が1つになっています。ハツカネズミの仕業です。
イメージ 5

こちらも囓られています。
イメージ 6

侵入している動物の形跡を見つける事は、防除するのにとても重要なのですわ!



イメージ 1


● イタチ・ネズミ・その他の害獣駆除専門ホームページはこちら→

● スズメバチ駆除専門ホームページはこちら→  http://83503.net/
 
●イタチ研究者・渡辺茂樹先生のブログはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/itachi_aswat

● アスワット本社のブログはこちら→ 

● アスワット事務員のブログはこちら→  http://ameblo.jp/namimaha071

この記事に

開く トラックバック(0)

こんばんは!

本日は和歌山県橋本市のイタチ防除施工へ行って来ました。

橋本市は紀ノ川も近く、農業用ため池も多くあったりで、水辺を好むイタチの生息数

多いと思います。ついでにアライグマの被害も増えていますよ!

お客様宅は木造2階建て。1階天井裏を走るイタチの足音に気付かれてすぐに

防除施工をご依頼して下さいました。

お客様は以前から隣接する倉庫内にイタチが侵入し、糞尿被害で困っていた所に

ついには住宅の天井裏からもイタチの足音が聞こえたのでさあ大変となられた

ようです。

肝心のイタチの侵入口は複数ありましたが、全て簡単に発見できる所にありました。
イメージ 1

いつもこんな簡単な侵入口ばかりだと助かりますが、イタチの侵入口は発見しに

くい事も多くあります。

建物にある全ての侵入口を封鎖するとイタチの侵入は止まります。

逆に1箇所でも封鎖出来てない侵入口が残っていれば、残念ながらイタチの侵入

は止まりませんね!

対策を繰り返しても、再発を繰り返すのは侵入口を見逃しているケースがほとんど

ですわ。

イタチの足音が聞こえたリビングに天井点検口を作成。
イメージ 4

開口します。
イメージ 2

完成。 天井点検口の作成はそんなに難しい施工ではありません。
イメージ 3

断熱材が少々荒らされています。
イメージ 6

その他は異常なしです。糞尿もありません。

いつもドッサリの溜め糞と戦っていますのでなんだか物足りませんわ!
イメージ 5

やはりイタチの侵入には早期発見・早期対策をお勧めします。

天井裏からの足音などの異変があれば早めにお問い合わせ下さいね!


イメージ 1

● イタチ・ネズミ・その他の害獣駆除専門ホームページはこちら→

● スズメバチ駆除専門ホームページはこちら→  http://83503.net/
 
●イタチ研究者・渡辺茂樹先生のブログはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/itachi_aswat

● アスワット本社のブログはこちら→ 

● アスワット事務員のブログはこちら→  http://ameblo.jp/namimaha071

この記事に

開く トラックバック(0)

こんばんは!

本日もイタチ防除施工です!

大阪市内の木造2階建て住宅のイタチ防除施工3日目。

今回はイタチの侵入口はややこしい所に複数あります。

元々の構造は長屋の木造2階建て住宅だったのを、お隣さんの立て替えの為に

共有だった壁を切り離して一軒家にリフォームした構造。おまけに数回のリフォーム

ブロック壁いっぱいまで増築され、増築された外壁面は人が入れません。
イメージ 2

困った事にイタチがこの隙間に入ると家屋内に侵入できる構造という事が判明。
イメージ 1

これだけギッシリ増築すると施工の際もキッチリ壁を作れないでしょうね。

壁の間にイタチが侵入できる隙間があるのも納得ですね!
イメージ 5

1階外回りだけでなく、2階屋根の上にもイタチの侵入経路があります。

イタチが隣接する工場から2階の屋根に飛び移ってきた形跡がありました。

お客様宅の外部を登って、イタチが屋根の上まで登る事は不可能な構造でしたが、

困った事に隣の工場から飛び移ってますわ。これだけ近いと楽勝で飛び移れます。
イメージ 3

屋根の上のイタチの侵入口は増築箇所との継ぎ目。
イメージ 4

そんなこんなで中々難しい現場となってますが、意外とスムーズに工程が進んで

います。当初は完全防除できない構造で、お請けできないかとも考える程の現場

でしたがなんとかなりそうですわ〜 と言うかなんとかします!

完全防除成功させてみせます。5年の完全保証をお付けしますので防除できなけ

ればお客様もお困りですし、こちらも大赤字になりますので必死のパッチで成功さ

せますよ!


イメージ 1

● イタチ・ネズミ・その他の害獣駆除専門ホームページはこちら→

● スズメバチ駆除専門ホームページはこちら→  http://83503.net/
 
●イタチ研究者・渡辺茂樹先生のブログはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/itachi_aswat

● アスワット本社のブログはこちら→ 

● アスワット事務員のブログはこちら→  http://ameblo.jp/namimaha071


この記事に

開く トラックバック(0)

こんばんは!

今日から12月になりましたね。ほんとに1年経つのが早いです!

本日は大阪市内のイタチ防除施工へ。

築40年の木造2階建て住宅のイタチ防除施工。ご依頼を頂いてから少々お待たせ

しましたが本日から着工となりました。

お客様宅はイタチに悩まされる事数年、天井板には複数のシミができています

最近は天井板のシミが少しずつ大きくなってきて、室内にも獣臭がするようになっ

てきたとの事で屋根裏側は大変な事になってそうです。
イメージ 5

このシミのある部屋の天井裏は過去に増築された箇所で点検口がありませんので

今回はシミの近くに天井点検口を作成しました。
イメージ 6

作成した点検口から覗いてみますと

イメージ 1

シミの部分の屋根裏側にはイタチの糞尿
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 7

天井裏にはイタチの糞尿は勿論、イタチが持ち込んだネズミの亡骸が多数

ありました。

亡骸です。
イメージ 8

お客様宅は繁華街で周辺には飲食店も多くありますので、付近にはネズミも多く

生息してると思います。イタチはネズミを好んで捕食します!

残念ですがここまで荒らされた断熱材は全てアウトです。
イメージ 9

全て撤去でキレイになりました。
イメージ 10

狭い空間で少々苦戦しましたが全て清掃できました。
イメージ 11


イメージ 4

肝心のイタチの侵入口は複数あり、とても複雑な侵入経路もあったりで見積もり

調査の時点では完全防除は不可能かもしれないと思った程難しい現場です。

少し日数が必要ですが、お請けした限りは必死のパッチでイタチの完全防除を

成功させてみせますよ!


イメージ 1


● イタチ・ネズミ・その他の害獣駆除専門ホームページはこちら→

● スズメバチ駆除専門ホームページはこちら→  http://83503.net/
 
●イタチ研究者・渡辺茂樹先生のブログはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/itachi_aswat

● アスワット本社のブログはこちら→ 

● アスワット事務員のブログはこちら→  http://ameblo.jp/namimaha071

この記事に

開く トラックバック(0)

こんばんは!

寒くなってきましたね!今日から我が家でもストーブの使用開始です。

気温が下がってくると共にイタチの侵入被害が増えてきます。イタチも暖を求めて

断熱材のある暖かい天井裏に侵入します。

イタチが天井裏に侵入しては騒音、糞尿、悪臭などなど様々な被害が発生します。

そんな被害に遭われてお困りのお客様からなんとか対策出来ないかと、お問い合

わせを頂きます。そんなイタチ被害に遭われているお客様にとっては、憎きイタチ

なのですがとてもカワイイお顔をしています。

皆様こんにちは!わたくし シベリアイタチと申します。(訳あって檻の中ですが・・・)
イメージ 1

この数年イタチ対策のご相談、お問い合わせ内容の中で増えているのが、

・過去に他業者さんでイタチ対策をしてもらったがイタチの侵入被害が止まないの

で困っている。


・今はまだイタチ防除施工をしてもらった業者さんの保証期間中なので再侵入され

るごとに無料で対応してもらっているが、このままイタチの侵入が止まらなければ

あと数ヶ月で保証が切れるのでどうなるの?


・保証期間中だけど、再侵入のたびに、なんやかんや言われ来てもらうたびに

費用を払っているがイタチの侵入が止まらない。


・すでにイタチ業者さんの保証期間が過ぎた為に、再侵入されるごとに毎回費用を

払って来てもらっているがイタチの侵入被害が止まない。


・イタチが侵入するごとに毎回捕獲してもらっているが、きりが無い。


など業者さんに対策をしてもらったがイタチ被害が止まらないといった問い合わせ

があります。

基本的に他社さんで保証が残っている場合はその業者さんで対応してもらって

下さいとアドバイスしています。

しかし、イタチが再侵入を繰り返すと言うことは原因は簡単ですわ!

イタチの侵入口がまだ建物内に残っているから止まらないのですわ!

捕獲での対策も、侵入口が残ったままの捕獲では完全防除とはなりません。

侵入口がある限り、次々と違うイタチがやってきますよ。

イタチを完全に防除するには全ての侵入口を封鎖する必要があります。

過去に大規模リフォームをされた建物や、複数イタチの侵入経路のある建物で

イタチの侵入を完全に止めるのは経験と知識が必要。

そんな防除が難しいイタチ防除は施工後の保証が最も重要です。

保証内容は各社バラバラです。再侵入時の保証は

・保証なし

・封鎖した侵入口からの再侵入は3年間保証
(その他の侵入口からの侵入については保証なし)

・3ヶ月保証

・6ヶ月保証

・2年間保証

・5年間保証

といった感じですが

保証なしや封鎖した箇所以外からの侵入については保証無しなどは・・・?ですが

施工後6ヶ月や、半年、2年保証などの短期間の保証ではイタチの侵入保証とし

ては短く安心とはいえません。

そんな偉そうに言う僕も、成功ばっかりではありません。

恥ずかしながら施工後2年経過してから、イタチが再侵入した事例など何件もあり

ますよ。

再侵入を繰り返され、やっと最後の侵入口を発見するのに2年かかった現場も!

そんな事例がありますので、アスワットではイタチの侵入に対して5年間の

保証を付けています。経験と自信、責任で安心の5年保証と思っています。

イタチ防除施工は時間が経ってから評価されるものだと思います。

目先の仕事しかしていなければ、難しい現場は完全防除出来ません。

お客様にアスワットでイタチ防除をやってから、5年たったけどあれから1度も

イタチに悩まされる事がなかったわ。

と言っていただいて防除成功と思っています!



イメージ 1

● イタチ・ネズミ・その他の害獣駆除専門ホームページはこちら→

● スズメバチ駆除専門ホームページはこちら→  http://83503.net/
 
●イタチ研究者・渡辺茂樹先生のブログはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/itachi_aswat

● アスワット本社のブログはこちら→ 

● アスワット事務員のブログはこちら→  http://ameblo.jp/namimaha071


この記事に

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事