ここから本文です
微酔 〜BISUI〜
趣味にほろ酔い・・・

復活種の着弾('-^v)Thanks


お知らせ

今年もいよいよ始まりました!!
FC2ブログGreen Styleかっつさんプレ企画です
ヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ

第8回 春のプレ企画 開催 

協賛募集:5月21日(月)〜5月26日(土) 
応募期間:5月27日(日)〜6月1日(金)
当選発表:6月3日(日) ※予定


イメージ 5

のバナーをクリック!
かっつさんからの注意事項などが記載されてます。
よく読んで、ルールを守って皆さんで楽しみましょう

21日いよいよ協賛募集が始まりますね



先日、虫友のよりさんからギラファいりませんか?との連絡がありました。

ギラファ…以前、WWの飼育累代を重ねてましたが、いよいよズレがひどくなり、不本意ながらも撤退してしまった種です。
しかも最後の頃は、短歯ばかりでしたが💦
正直、ホントは細々でもいいから続けたかったです。

そこへ、よりさんからの悪魔のささやき天使のささやきが降臨!!

1分くらい考えて、お言葉に甘える事にしました(笑)

そしていよいよ着弾
何頭の幼虫かきいてなかったのですが、これは思ったより多いぞ(゜゜)
イメージ 1
プリカが6個。プロゼリーもオマケで入ってました(^^)
幼虫は2ラインいて、1つは3月孵化で5カップ。もう1つは5月孵化の初令で1カップに5頭入ってました。
つまり合計10頭Σ(゚Д゚)
よりさんの家では、かなり爆産したんでしょうか。そういえば貴吉おやじさんにも声を掛けてるらしいです(^^;)

イメージ 2
イメージ 3
Bの方もフローレス産でいいのかな?だとしたらAもBもケイスケですね(^^)


そして3月生まれは菌糸があったので、そちらに入ってもらいます。
イメージ 4
ちと古い菌糸ビンですが、それでもすくすくと育ってほしいですね(^^)


Bの方はまだ初令なので、カップに1頭づつに入れ替えます。
イメージ 5
こちらも上手く育ってほしいですね(^^)


よりさん、この度は送料まで持って頂き、本当にありがとうございましたm(_ _)m
大事に育てていきますね(^o^)丿


そして、今度はあの方からも着弾予定があります(^^♪
あれがまた増えます(*^^)v



この記事に

開くトラックバック(0)


お知らせ

今年もいよいよ始まりました!!
FC2ブログGreen Styleかっつさんプレ企画です
ヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ

第8回 春のプレ企画 開催 

協賛募集:5月21日(月)〜5月26日(土) 
応募期間:5月27日(日)〜6月1日(金)
当選発表:6月3日(日) ※予定


イメージ 5

のバナーをクリック!
かっつさんからの注意事項などが記載されてます。
よく読んで、ルールを守って皆さんで楽しみましょう

協賛募集ももうすぐスタートですね(^^)



しばらく前から、色々と産卵セットを組んでいます。
アレとかアレとかアレとか…
しかし、全てが上手くいってるわけじゃありません💦
実は1ヶ月半以上経ってもケースの面に何も見えない物ばかりで、不甲斐なさに意気消沈しかけてる所です。

あまりにも日数が経ってる物に対しては、思い切って暴いてみました。
やっぱり卵や幼虫の姿はなく、材も齧られた跡が見当たりません。綺麗な材がそのまま出てくる始末。
どうやら♀は寝ていたようです(-"-)
でも、結局のところ自分がしっかり成熟の見極めやペアリングをさせてない結果なんですね。
それらのクワ達は、まだペアリングから出来るので、これからじっくりといくつもりです。

しかしそんな中、あるケースから一筋の光が見え始めました
イメージ 1
ここに2令くらいのニョロが3頭見えます。

更に、
イメージ 2
違う面からも見えます(^^)

これはダイトウヒラタの幼虫で、まだマットの中に期待が持てそうです。
って、、、言ってしまえば増やすのが簡単な種?
それとも、たまたま好条件が当てはまっただけかな(*´ω`*)

ちなみにお父さん。
ダイトウヒラタ F6 南大東島産
イメージ 3
撮影に苦労するくらいチョコチョコ動いて、メチャ元気ですo(*^▽^*)o~♪

この世代がまだ3ペアくらいいるので、その気になればもっと増やせますが、他の種の手前とても無理です(^^;)

早いうちに他の種で産卵&孵化が確認できればいいのですが、このままじゃ慰めのセットでダイトウヒラタばかりが増えそうです( ̄  ̄*)


それだけは避けたいです(;^_^A


この記事に

開くトラックバック(0)


お知らせ

今年もいよいよ始まりました!!
FC2ブログGreen Styleかっつさんプレ企画です
ヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ

第8回 春のプレ企画 開催 

協賛募集:5月21日(月)〜5月26日(土) 
応募期間:5月27日(日)〜6月1日(金)
当選発表:6月3日(日) ※予定


イメージ 5

のバナーをクリック!
かっつさんからの注意事項などが記載されてます。
よく読んで、ルールを守って皆さんで楽しみましょう




昨年の事柄ですが、保管してあったマットに勝手に卵を産んでいった虫がいて、それが孵化してマットがニョロだらけになったあの時の幼虫のその後です。
別に記事にするほどの事ではないんですが、このブログも成り行きまかせなので(~_~)

その時の記事はこちら


そしてAttention, please!
先に忠告しておきますが、
画像の閲覧注意!! 
見る人によってはグロ画像になるかもしれません!!
今回は大量の幼虫画像があります。
なので、それがキモイと思われる方、この先は自己責任でお願いします。




最初は小さかった幼虫も、多分アレじゃないかと思って外に放置してました。
アレとは…そう、カブトムシ。
それ以外に考えられないので、本気モードにほど遠くなおざり飼育。
マットなんか全て廃マット使用です(笑)

しかし侮るなかれ、ちゃんと立派に成長してましたΣ(゚Д゚)
イメージ 1数か月ぶりに見てみましたが、恐ろしいほどの生命力を感じましたね。
ほとんどがケースの下に集中していて、所せましとおしくらまんじゅうww
その辺のマットはドロドロ状態で、材があれば漬け込んでバクテリア材が簡単に出来そうでした💦

一応付けたラベルには21頭と記録してありましたが…
イメージ 2
23頭…(^^;)
どう数え間違えたのか、2頭も増えてます(爆)
全く落ちるのもいなければ、共喰いやケンカなんて国カブには無いんですね(^^)b

しかも、どの子をみてもプリップリ(´艸`*)
イメージ 3
とてもクワガタ用の廃マットで育ったとは思えません。
でも疑いようのないカブトムシそのものです。

また次の廃マットが溜まってたのでそれを利用し(念の為、またクワガタはいないか確認はしました 笑)、今度は底の広いケースに移し替えます。
イメージ 4
正直まだ狭いですね(;^_^A
衣装ケースも考えましたが、マットが追い付かない量となってしまいまして、とりあえず我慢してもらいます。

廃マット処理してもらうのはリサイクルな感じでとても良いのですが、当然その分の糞も出るわけで、更なるリサイクルを考えればバクテリア材作りにも利用できそうです

ただ、この先に蛹化し羽化してきたら、どうしよう
カラーアイでもないノーマルカブじゃ、流石にプレにも出せないし
逃がすわけにもいかないし


まぁ縁あってウチに来たわけだし、なんとかなるでしょっっ




この記事に

開くトラックバック(0)

約2年ぶりの復活種。

先日のKUWATA横浜にて手に入れたペレン産メタリフェル。
購入した時、ワイルドとの事でそのまま♀を産卵セットに入れちゃおうか、とも思ったけど、せっかく♂がいるしペアリングしておきました。
イメージ 1
これは実は数日間同居させた後です。
メタリフェルってメイトガードすると思いましたが、お互い素っ気ない感じでしたねぇ( 一一)

でも天然物だという事もあり、このペアリングが失敗でも♀は交尾済だと思いセットに入れてみます。
イメージ 2
前回に組んだのは、3年近く前になるのかな
セット自体は難しくなかったと思い出しながら進めましたが、ふとみると♀ってこんなに赤かったかな
イメージ 3
♂ほどメタルっぽい感じはしなくても、もうちょっと黄色というか茶色というか鈍い金色というか…そんな感じだったような気もしましたが(^^;)

角度を変えて
イメージ 4
なんか眼まで赤いです(笑)

念のためメタリフェルの♀の画像を探してみましたが、意外とHITしませんね〜。
ワイルドという事でしたので、メイトガードもしてないし、もしや別種では?なんて思ったりして(笑)

それはそれで前向きに取れば何が生まれるか楽しみですが、そうなると産卵セットに余計に自信が無くなってきますヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

自分の思い違いで、この♀がメタリフェルなら良いのですが💦(笑)





この記事に

開くトラックバック(0)

数か月前まで、成虫の♂♀一緒に多頭飼育していたバラタスサスマタサイカブト。
20頭くらいまとめて大ケースで飼育してたんですが、そのうちの5頭の♀を先に産卵セットを組んで、こちらも1ケースにまとめて入れておきました。
爆産種なので、数か月後は当然ニョロだらけを期待しております(´艸`*)

やがて残された成虫達はしばらくすると♂だけ絶えてきて、何故か♀3頭だけ残り、その♀も産卵セットに入れちゃぇーと、一時期は1つの産卵セットに♀8頭入れておきました。
もう一度書きますが、爆産種なので、数か月後は当然更なるニョロだらけを期待しております(*^▽^*)

やがてケース越しに幼虫が見え、「おぉ♀達は仕事をしてるな」と自己満足(笑)
そしていよいよ割り出します。

まず♀達
イメージ 1
驚いた事に、全て健在です( ゚Д゚)
♂達はとっくに亡くなってるのにです。

そしてマットから幼虫を探してみます。



探し出してみます。


結果
イメージ 2
幼虫7頭と3玉。



(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

幼虫が成虫の数より少ない
流石に♀8頭も入れてこれだけとは思いませんでした。
爆産種と言われるバラタスで、この結果には凹みましたねぇ。
悪い夢を見てるようです(ノ_-;)ハア…

何故こんなに産まなかったのか?いないのか?
➀マットが合ってない。
②温度が合ってない。
③ほとんどの♀に交尾が済んでない。
④生まれた幼虫に移動中の♀がキズを付けて死んでいった。
⑤♀が食べた?
⑥♀を入れ過ぎて、落ち着いて産卵が出来なかった。
等々…
ちょっと考えただけで、色々原因と思われる理由が浮かびます。
もちろん、この他の理由もあるかもしれませんが💦

交尾が理由なら♂がすでにいないので、もうどうしようもありませんが、このままでは済みません。
再セット決行です(笑)
ただし、今度は4頭づつ2セットにして、マットもそれぞれ変えてみました。
イメージ 3
産んでくれるでしょうか。。。
なんか自信はありません(^_^;)
本当なら1頭づつのセットが良いんでしょうけど、もうちょっとだけでいいから産んでほしいです(;人;)オネガイ








この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事