ここから本文です
微酔 〜BISUI〜
趣味にほろ酔い…我が家の些細なニュース(^▽^)
2月も中旬に差し掛かり、寒い日と暖かい日が交互にやって来てる感じです。
でもまだまだインフルエンザが流行っており、油断は禁物の日々は相変わらずです。

そんな中、職場の横の桜が咲き始めました (^^♪
イメージ 1

イメージ 2
まだ蕾が多いですが、ほぼ満開状態の木も
これは河津桜でして、桜の中でも早く開花する桜です。
まだ寒い日もありますが、これはこれで春を感じます




これまでの自分の飼育歴の中で、シカクワもボチボチ増えてきており、もちろん累代にも挑戦してきました。
カテゴリーにもありますが、属名は違ってもシカクワとして4種目のボイレアウシカの累代に、なんとか成功しました
これでマキ・スぺキオスス・ボイレアウと3勝
唯一タイワンだけ失敗

そのボイレアウでは、ケース越しに見える幼虫がいたので、成功率100%の鉄板の割り出しです(笑)

早速マットをひっくり返すと
イメージ 3

イメージ 4
居ました居ました
とはいえ見えてたのはたったの2頭。
ボイレアウは材産みだと思うので、多分こぼれ落ちただけでしょう。

期待を込めて、材を確認します。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
こちらも居ました居ました

やはり主に材からですね(^^)
イメージ 8
マットからは3頭。
材からは15頭。計18頭とまずまずの成績です(^。^)
イメージ 9

マキやスぺキオススほどの成果はありませんでしたが、ひっそりと飼育する分には十分な数です。
あとは偏りだけは勘弁してほしい所です(^^:)

両親はまだ健在なので、もちろん追い掛けの再セット!!
イメージ 10
シカクワもズレが怖いので、次の産卵セットで帳尻が合えば良いのですが(笑)

他のシカクワの現状といえば…
マキの♀は昨年6月頃に羽化してますが、♂は11月〜12月頃の羽化で、ほぼ半年のズレ(;´・ω・)
ほとんどの♂はまだ休眠中ですが、そろそろ起こしてやろうかと思ってます。
なぜか♂1頭だけ♀と同じ6月に羽化したのがいる(早期羽化?)ので、累代は何とかなりそうですが、起こした♂はどうしよう…(^^;)
そのうちUPするかもですが(笑)

スぺキオススはほとんどが蛹の状態です。
羽化し始めたのもいるので、今後が楽しみです(^^)
こちらはそんなにズレがないようですね。
累代するにはとても助かります。

こんな感じで増やしていくので、いつも温室がキャパオーバーのすし詰め状態なんですね💦
形だけだけど… ヾ(_ _。)ハンセイ…

この記事に


先日2月9日、4人だけのプチオフ会をしてきました。
メンバーは静岡オフ会でお馴染みのドルクス・タカさん、スッタマンさん、貴吉おやじさんと自分です。
わざわざ自分の地元まで来ていただき、大変恐縮でした。
line_1549703157626_convert_20190212130655.jpg
貴吉おやじさんから画像拝借です

こちらはオヤジ達が熱かった(笑)
皆さん、またやりましょう


                                  

本題ですが、前回と似たようなタイトルなのは前回と同じ内容だからです(笑)
しかし違うのは、今度はゴロファ ガウジョンでやってしまいました。
昨年の4月にKUWATA横浜で10頭購入したガウジョン幼虫ですが、早い者は11月頃に羽化してました。
イメージ 1
先に羽化した4頭。
ケースからは蛹の全容が見えないので、出すまではハッキリ♂♀が分かりませんでしたが結果的に♀4でした。
この時はまぁ♀だから早いのかな…と気楽に思ってて、そろそろ次は♂も出てくるかな〜の期待は無残にも打ち砕かれました( 一一)

イメージ 2
また…♀4頭の追加。
合計8頭の♀
そして残りの2頭はまだ幼虫。
その2頭こそが♂なのでしょうか(^^:)

カブトムシの3令は、多頭飼育した方がズレにくいと聞きますが、ゴロファにも当てはまるんでしょうか
今まで全て1頭づつの飼育でした。

こちらもじゃじゃ馬っぷり感出してます(笑)
イメージ 3
まるで行儀の悪いフチ子ですww
イメージ 4
…(^^;)


サバゲノコに続きまたもや女系になってしまいました。
どうもウチは♀が熱いですね
せめて残りの2頭は、早いとこ♂で羽化してほしいです。

この記事に

♀が熱い ┐(-。ー;)┌


プリンカップにて放置飼育していたサバゲノコギリ。
サイズは期待してないので430㏄で我慢させました(^^:)

イメージ 1

昨年の11月から12月にかけて羽化しており、そろそろ出してみようかと…

ただ、プリンカップ越しの小窓から見えるものは、揃いも揃ってとゆーか、とにかく嫌な予感しかしません
とりあえず羽化している個体だけ取り出してみました。

その個体達ってのがこれ!
イメージ 4
+
イメージ 3
イメージ 2
♀ばかり12頭
プリンカップで我慢させるも何もありませんでした。
最初からプリカで良かったのですww

そしてまだ残ったカップは3個。
2個はまだニョロ。1個は13頭目の♀の蛹
2頭のニョロは♂かもしれないが(未確認)、1頭は縮んでしまってダメっぽい。
もう1頭は前蛹の気配すら無し
早くも累代危機に陥ってます(-_-;)
ってゆーか、累代終了ですね(。-_-。)

イメージ 5
すでにじゃじゃ馬状態です(爆)


ただ、この子達の♀親がまだ健在です。
意外に長生きで、たぶん御老体だと思うのですが、一か八かで産卵セットを最近組んでみました。
もちろん♂親はとうに亡くなってます。
なので持ち腹になるのですが、問題は産卵モードになってくれるかどうか
こればかりは一縷の望みを託します。


この記事に


以前、とある方のブログに訪問した時、お酒の話題でキンカン酒の話が出ていました。
そこで自分もキンカンの事でコメントした所、キンカンが色づいたら送りますよと有難いお言葉を頂きました(^^♪

そしてそのキンカンが4日に届きました。
イメージ 1

送り主のとある方とはセラっちさん
自宅でキンカンを栽培してるようで、採れたての実を送って頂きました。
イメージ 2
約1㎏ちょっと入ってます。
60サイズで丁度ですね(笑)


そして翌日の5日。
いよいよキンカン酒造りに向けてスタート…ですが、

実は今まで梅酒すら造った事が無く、作り方を知りません。



えっ 聞こえませんでしたか?
じゃもう一度、
実は今まで梅酒すら造った事が無く、作り方を知りません!!

梅酒は大好きですが、出来てるのを飲む専門です。

セラっちさんには前もってカミングアウトしてたので、ある程度のレシピを教えて頂きました。
そしてネットでもググってみた所、セラっちさんとそう大差はなさそうですが、レシピにより一工夫されているので参考にしました ( ..)φメモメモ

一個一個へたを取るのは面倒くさいですが、これをやらないと漬けてる間に取れてしまって、後々大変になるんですね (゜-゜)
イメージ 3
へたを取りながら数えてたら156個。大小様々な大きさですが、およそ1㎏の数のプチ情報(笑)
水洗い後、2個ほどそのまま食べてみましたが、これがなかなか甘くてイケる(笑)
思わず3個4個5個と摘まみそうになるのをこらえます (~_~;)

今度は瓶の消毒ですが、煮沸かアルコールでの殺菌消毒もしくはホワイトリカーで拭く? Σ(゚Д゚)
ホワイトリカーはもったいない。かといって瓶を煮沸できるほどの大きな鍋も無い。
ならばエタノール消毒ならいいのかな?
いいかどうか分かりませんが、とりあえず〇イソーで買ってきました。
イメージ 4
99%除菌のうたい文句は本当でしょうか(^^:)
100均だし気休めかもしれませんが、無いよりはマシだと思って使ってみました。
ひょっとしたら菌糸詰めにも使えるかなと思いましたが、香料が入ってていい香りがする為、そこはどうだろうという感じです💦💦

あとはこんな感じで漬けてみました。
イメージ 5この後は振ってかき混ぜて、暫く放置です。
たまにまたかき混ぜるようですね。
そして1ヶ月後にキンカンの実を取り出せば良いらしいです。


これは出来上がりがとっても楽しみになってきました(^◇^)
これが上手くいけば、今度は梅でやりそうです(^^)

セラっちさん、この度はキンカンを送って頂きありがとうございます。
また、初めての果実酒造りの背中を押して頂き、重ね重ねありがとうございます。
このキンカン酒で一杯やれる日を、今から夢見てます(^-^)







この記事に


産卵セットを組んでいたDHレイディ。
どうやら卵を産んでいて、孵化までしたようです。

今まではDHヘラクレス=ヘラヘラの幼虫を手に入れて、羽化までいかせようとしてたんですが、何度チャレンジしても失敗でした。
そんな中、今度は成虫で手に入ったレイディをペアリングし、セットを組んでました。
正直ヘラクレスが上手くいかない自分にとって、自信などありません。

しかし、ケース越しにやっと見えた小さな幼虫。
「ぉお!! 産んでた!! Σ(・ω・ノ)ノ!」
マットの中で生れ、ケースの壁沿いまでに下りてくるには時間が掛かりました。
失敗か?と思った矢先の出来事は、大きな安堵に変わります(^。^)

イメージ 1
ケース越しに見えてた幼虫はほんの少しでしたが、マットを出してみると、中からそこそこ出てきました。

中には割り出しの時に限ってのあるある(笑)
イメージ 2
脱皮して間もない個体(;´・ω・)
クワカブ問わず他のでも、時々このタイミングで現れます💦

イメージ 3
何とか17頭。
初めてにしてはまぁまぁでしょうか。
得意な人からみれば、全然足りないかもしれませんが、自分は満足です(^^)

これから羽化まで育てる事に当然なりますが、今までのヘラクレス飼育の経験では、一番の峠は♂の蛹化・羽化です。
これさえ越えられれば、更に次に繋がるでしょう(^-^)


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事