ここから本文です
微酔 〜BISUI〜
趣味にほろ酔い・・・
いきなりですが、
12月10日、夫婦で人間ドックに行って来ました。

自分は定期的に血液検査はやってるので、それらの結果はおよそ見当がつきます。
血液検査以外の、心電図・レントゲン・骨密度・エコー・胃カメラ等、普段やってない検査結果が怖いです💦 
特にエコーは、同じ個所を何度も時間をかけてグリグリしながら画面を見てたので、まさか…

また嫁は丁度昨年の今頃、動脈解離という命に関わる病気をしてたので、1年経っての検査は丁度良い機会です。
オプションでMRIもやってきたので、自分より詳しく結果が分るでしょう

既に血液検査と胃カメラは結果を教えてくれましたが…様子を見ましょうって事で💦
他はお互い何ともなければ良いのですが、自信は全くありません(^^:)





ここ最近は、パプキンの産卵が上手くいかなくて、下手すれば途絶えそうな勢いです。
そんな中、2頭羽化し、1頭蛹化しました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
マットでの飼育でしたが、この2頭が蛹の時は、真面目に♀かと思ってました(笑)
しかも2頭とも蛹室を作らず、マット上に転がって蛹化( ̄▽ ̄)
あえて人工蛹室にも移さずにほっておいたら、完品羽化してました(爆)

イメージ 4
もう1頭は蓋沿いですが、ちゃんと蛹室を作り、顎もちゃんと伸びてます(^^)

実はこの3頭で幼虫は終わりです。
親の世代はまだペアでいますが、その♀がなかなか産まなかったので、もう無理でしょう。
その結果ニョロは全て♂なので、終了は目に見えてます。

しか〜し、そこは天の声か悪魔の囁きか、ある御方から「パプが入ったよ。」と連絡があり、即答で見に行く約束をしました(^^)
※ここはブログUPしていいのか分からなかったので、人物等詳しくは伏せておきます。

その結果、入手できたパプキン達。
イメージ 6

イメージ 5
グリーン系・パープル系を各1頭。
ブルー系(モスグリーンかも)2頭。
蛍光灯の下での撮影は発色がムズイです(^^:)
ウチで羽化したのとは違い、かなり立派な顎です(笑)
話を聞いた所、これらもマット飼育だそうですが

このブルー系の♂の腹側が、また面白い。
イメージ 7

イメージ 8
しっかりパープル系になってます(^^♪


そして♀達。
イメージ 10

イメージ 9
グリーン系・パープル系各1頭。
ブルー系2頭。

こちらも腹側が面白い。
イメージ 12

イメージ 11

イメージ 13
足と腹の色が違ったり、前足はグリーンで後ろ足はブルーと前後で色が違ったり、足の付け根だけブルーでそこから先はレッドだったり。

このような素晴らしい色をしたパプキン達4ペアを入手させて頂きました。

最近は時期的にあちこちでイルミネーションが目立ちます。
クワガタは蛍のように発光はしませんが、クワガタの中の色虫と呼ばれるものは、これはこれで光らないイルミネーションって感じです(^◇^)

ちなみにこれらはまだ羽化して間もないので、既にブリ出来るかもしれませんがしっかりと成熟させます。


来年のブリがとても楽しみです





この記事に

最近、初めて飼育しているヘラクレス レイディ幼虫のマット交換をしました。

今年3月にs−れいんさんからいただいた3頭のレイディ。
ヘラクレスでは、ヘラヘラの幼虫は何度か飼育経験があります。
ですが、いつも何故か♀は無事羽化するのですが、♂は不全で落ちてばかりです (T_T)
なので今回頂いたレイディはかなり気を使って、更に気合を入れて飼育してました。
マットもヘラヘラの時とは変えて、高値の専用マットを使ってます (^^)v

それが良かったのかは分かりませんが、3頭とも元気でいます。
ただ、成長具合はどうなんでしょうか? こちらもサッパリ分かりません💦

ヘラクレス レイディ CBF4 2月中旬孵化
イメージ 1
46g

次!
イメージ 2
45g

ハイ! 次!!
イメージ 3
65g

カブトムシの雌雄判別は苦手なので、体重からすれば♂1♀2なのかな?

2月孵化との事なので、約10ヶ月でこのサイズは如何でしょう。
やっぱりサッパリ分かりません(^^:)
でも、やたら元気です(^^)

問題は蛹化不全と羽化不全ですね。
ヘラヘラの♂は、いつもこの段階でやられてました。

来年、蛹室を作り始めたらまた注目ですね。

因みに、一緒に頂いたゴロファ アエギオンは羽化し始めてます(^^♪
蛹室内でゴロゴロしてます( *´艸`) きっと小さい(´Д`)

この記事に

最近は夜から朝にかけて冷え込む日が増えました。
もう12月だというのに日中は暖かいですね。たまにですが、まだ半袖シャツに短パンの人も見られます。
自分はとても真似できません(^_^;)

昼と夜の気温のギャップはありますが、11月後半つまり最近になって簡易温室に加温を始めました。
しかし、春に産卵セットをこらしょと組み、夏に増種とくれば、当然温室は狭くなりなかなか入り切りません💦
圧迫してたケースを眺めていると、これってひょっとして…と思うケースがあります。
そのケースの中身はバラタスサスマタサイカブトのニョロ。
ケース越しに見えてた幼虫は、今やなにも見えません。
そうです。ひょっとして…繭玉を作って、幼虫が見えなくなったのかな?と。

だとすればラッキー☆
繭玉だけ取り出せば、ケースもコンパクトになるじゃん!(^^)!

で、やってみました(^^)
イメージ 1
ちょっとほじっただけで、すぐ出てきます(笑)
これを別の小さい容器に移していきます。
イメージ 2

中には近付きすぎて繭玉を作ったのか、2個くっついたものも(笑)
イメージ 3

途中、マットの塊と思って崩したら、それが繭玉だったり( ̄▽ ̄)
イメージ 4
羽化した♀が出てきました。羽化してて良かった〜 ε-(´∀`*)ホッ

他にも
イメージ 5
羽化した♂が出てきたり。

イメージ 6
蛹どころか、前蛹のものもΣ(・ω・ノ)ノ!

最初は数えてましたが、
イメージ 7
もはや、何個なのか(爆)

こうしたおかげで、スムーズに温室に入りました(^^)
後は、何頭羽化してくるか(笑)




この記事に

先日、行われたKAZクンプレ企画&MINAMIさん裏プレ企画にて、おかげさまで両方に当選を頂きました。
旧知の方、最近ブログでの交流を始めた方、そしてお初の方とそれぞれですが、皆さん宜しくお願い致します。
また当選品が到着した暁には、ここで紹介をさせて頂きます (^^)v


デジャヴではありませんww




23日、立て続けに着弾がありました。
表のKAZクンプレからは「よりさん」から。
裏のMINAMIさんプレからは「fugajin」さんから。
それぞれ頂きました。

先にきたのは表のよりさんからです。
イメージ 1
ビークワ3冊の割にはデカい箱(笑)
シールの量が凄いです(^^)

蓋を開けると
イメージ 2
ファブリース タカクワイのニョロが出てきます。
実は先日のやり取りの中で、タカクワイをいりませんか?と聞かれました。
まだ飼育した事が無かったので、お言葉に甘えてしまいましたが、フルストルファーノコギリを撤退しようかと考えてた矢先に増種です💦

ド初令と聞きましたが
イメージ 3

イメージ 4
ホント小さい(笑)
この中に7頭も入ってます(^^)

そして本命
イメージ 5
ビークワ3冊(^^)v
時間のある時にゆっくり読ませて頂きます(^o^)丿

よりさん、この度はオマケのファブリース タカクワイを付けて頂いて、更に送料まで本当にありがとうございました。


続いて1時間後くらいに、今度は裏のfugajinさんからの着弾です。
イメージ 6
こちらも思ったよりデカい箱で到着です。こちらもシールが凄いですね(^^)
たしかヘアーワックス1個のはず…

蓋を開けると
イメージ 7
いきなりの安室奈美恵wwwww
カッターを突き立てて開けなくて良かった(^^:)

彼女にどいてもらうと、今度は
イメージ 8
九州しょうゆ味のポテチ&こちらではもう手に入らないカール。これは嬉しい
 O(≧▽≦)O ワーイ♪
カール自体久々に見るので、なんか懐かしいですね(^^)
カールおじさん元気そうで何よりです(笑)

カールとポテチにもどいてもらうと、いよいよ本命のヘアーワックスです。
イメージ 9
マンダム製 ルシード ヘアーワックス まとまり&ハード

昔は色々な整髪料を使いましたが、歳を取るにつれてオシャレ等に無頓着になりました( ̄▽ ̄)
自分は癖毛なので、まだ毛があるうちにまとめてみようかと (^_-)-☆

と、これで終わりかと思ったら、一番下に誰かいました。
イメージ 10


… 誰?(^^:)


fugajinさん、この度は貴重なお菓子まで付けて頂き、また送料まで本当にありがとうございました。
ヘアーワックスも大事に使わせて頂きます。


よりさん、fugajinさん。
そしてきっかけを作ってくれたKAZクン、MINAMIさん。
皆さん本当にありがとうございました。
今後とも末永く宜しくお願い致します。
m(_ _)m










この記事に

撤退目前 ( ̄_ ̄|||)

先日、行われたKAZクンプレ企画&MINAMIさん裏プレ企画にて、おかげさまで両方に当選を頂きました。
旧知の方、最近ブログでの交流を始めた方、そしてお初の方とそれぞれですが、皆さん宜しくお願い致します。
また当選品が到着した暁には、ここで紹介をさせて頂きます (^^)v



フルストルファーノコギリクワガタ。
このクワガタは自分が初めて外国産を飼育したという、思い入れのあるクワガタですが、累代を続けていくうちに、段々と産卵数が落ちてきてしまい、ついには途絶えそうな感じになってしまいました。
いえ、多分このまま途絶えます。

WF5辺りから産卵がおかしくなり、無精卵が増えてきました。
そのF5を使用した親ですが、使えたのは♂1♀2だけです。しかも同じF5で今現在蛹化中の♀が1頭います💦 これは完全に観賞用ですね。♀でも色ノコだから良いけど 
(^^;)

その♀2をそれぞれセットを組んでたのですが、どうも幼虫の気配が見えない。
で、このままでも時だけが経つ気がして、セット解除してみました。

セットその1
イメージ 1
柔材まで入れたのに何もいません (;´Д`)
もともと壁沿いには幼虫はおろか、卵すら見えなかったので期待は薄かったです。
一縷の望みは材でしたが、見事に玉砕です (ノД`)・゜・。

セットその2
イメージ 2
こちらはケースから出すと同時に1頭転がってきました \(^o^)/

しかし…
イメージ 3
産卵痕はありますが、そこは全て卵が消滅しています。
これはケース越しに見えてたので、色が変わっていく卵をみる度に切なさがありました。

イメージ 4
結局、最初の1頭だけで他は見あたりません。
こちらは材は入れてないですが、もし入れても結果は同じかも。

幼虫が1頭でもいたって事は、♂は種有です。
なのにほとんどの卵が消滅した原因が分りません。

F5の親は、今は♂1♀1がまだいます。更に♀の蛹が1頭…
このままではF6の幼虫が1頭なので、累代が完全に終了となります。
でもF5を再度ペアリングから始めても、産卵するのか自信がありません。
また、躊躇するのも他に理由があります。
新しい種が増えてきているのです。つまりキャパオーバーを脅かしているからです。
ここで一度、終わらせてみてもいいかなとも思い始めています。

昔は人に贈るほど爆産した種なのですが、全然産まなくなってしまいました。
また、産んでも消滅とは…これ如何に? (-_-;)
まだF5程度なら累代障害でもないと思うのですが、最近の飼育がおざなりだったので、そのツケが回ってきたのかなぁ。
心残りは、もう一度長歯をだしたかった(笑)

唯一のニョロ。
フルストルファーノコギリ ロンボック島産 WF6
イメージ 5
まだ雌雄の確認が出来てませんが、もし♂ならロングアゴーを真面目に目指してみようかな (*^。^*)



過去の長歯の参考画像 (^^♪
イメージ 8
こんな良い時代もあったな(爆)


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事