ここから本文です
微酔 〜BISUI〜
趣味にほろ酔い・・・

今年は成功☆-(^ー'*)

本日からMINAMIさんの「みんなの合同プレ♪の協賛が始まります
(゚∇^*)

でも本当はもう始まってますww



イメージ 2👈クリック



今までとは趣向が違うようなので、よく読んで理解しましょう(≧∇≦)b



昨年は訳もロクに分からないまま、オオクワの産卵セットは失敗でした。
まず羽化したものが♂に片寄りすぎてる。

ペアリングした数少ない♀を産卵セットに投入するも、しばらくすると潜る前、材を齧る前に落ちてるのを発見

または材の下で寝てて、その間に♂は落ちる
(山梨韮崎産、今でも未亡人で淋しくいます。おそらく交尾出来てないと思い、今年はセットしてません。泣)

そんなこんなで昨年はダメダメでした(T_T)


だが、今年は違います!!

今年は3種のオオクワを組んでます(^^)b
そのうちの1つ、期待のできる久留米産から割り出しました。
イメージ 1
真っ二つにされた材からは、なんと木の屑が見えます。
故に何となくこのセットからは、手招きしてる感覚に陥ります(笑)

これは期待大だと、ニョロとの御対面を楽しみにしながら材を割っていきます(´艸`*)

そしていよいよそのシーンがっ。。。
イメージ 2
長かった…
約2年ぶりのオオクワニョロです。

何頭か回収した後、今度は卵まで見つかるサプライズ(^^)b
イメージ 3
なんと食痕がギリギリ横を通ってますΣ(・ω・ノ)ノ!
まるで卵のある場所を避けてるように。

イメージ 4
こんな生まれたばかりの初令や…

イメージ 5
そこそこ経った初令など、総勢29頭と1タマ

イメージ 6

イメージ 7

こんな感じで、菌糸が無いのでマットで保管します。


久留米でこれだけの数が採れましたが、実はオオクワではまだYGと赤眼を組んであります。
同じように採れるでしょうか。今年は幸先が良いので、期待はしてみたいですが…(^^;)





この記事に

いよいよMINAMIさんの「みんなの合同プレ♪が始まります
(゚∇^*)



イメージ 2👈クリック


なんかもう、協賛募集が始まってる

ようですが(笑)

今までとは趣向が違うようなので、よく読んで理解しましょう(≧∇≦)b



去ってしまった6月9日。
静岡駅近くの中華の店で、大の男5人が集ってました。
ひでのぱぱさんクワカブマイスターさん門さん貴吉おやじさん自分という、なかなか揃わないメンバーです。
門さん、貴吉おやじさんは同じ静岡オフメンバーですので会う機会もあるのですが、ひでのぱぱさんは福岡、クワカブマイスターさんは群馬からお越しいただいたので、とても貴重な時間をご一緒させてもらいました。

この中華の店「味楽天」は前回の静岡オフ会でも利用しており、店長さんが貴吉おやじさんの同級生の店です。
とても仲がよろしいようで、二人の掛け合いは漫才そのものでした(*^▽^*)
また6月30日、この味楽天で静岡オフ会を行うことになってます(^^)b

18時から始めて、気が付けば22時?というあっという間の時間が過ぎ、それでも足りなくて2次会へ(笑)
門さんは時間の都合で先に帰りましたが、自分も電車の都合で23時頃までご一緒させていただきました。
写真が無いのが悔やまれます(^^;)

お土産?として、門さんから苺いちえのお菓子。←こちら、次の日にはいつの間にか半分無くなってました💦
クワカブマイスターさんからパウリアニの♀のヘルプ←ただいまペアリング中(^^)
貴吉おやじさんからは、ミンダナオヒラタ(門ダナオ血統)ニョロを半ば強引に6頭押し付け頂きました。

参加された皆さん、お疲れ様でした。
とても楽しくて良い時間を過ごす事ができました。
また機会があったらお願いします\(^o^)/




先日にメタリフェルの割り出しを行いましたが、もう一つ安心できたセットがありました。
ダイトウヒラタのセットです(^^)
ダイトウヒラタはケースの壁沿いに卵が見えるので、確認がとても楽ですね(^^)b
あとは無事孵化をしてくれるかが心配でしたが、思い過ごしのようでした。
イメージ 1

このダイトウヒラタは家にきて、既に2回目の累代です。
国産のヒラタという事もあり、累代しやすいですね(笑)
とても安定して安心できるセットです。
イメージ 2
採れた数は18頭。
メタリに続いて、これも丁度良い数ではないでしょうか
イメージ 3
親♀は健在で、とても元気なのですが…
再セットはしません。
これだけで十分です(笑)

将来は綺麗な小豆色した個体たちが元気に羽化するのを夢見て、ニョロ飼育頑張っていきます。
ただ、♂は小さく短歯が多いんだよなぁ💦

この記事に

いよいよMINAMIさんの「みんなの合同プレ♪が始まります
(゚∇^*)



イメージ 2👈クリック


なんかもう、協賛募集が始まってる

ようですが(笑)

今までとは趣向が違うようなので、よく読んで理解しましょう(≧∇≦)b



先日組んだ、ペレン産メタリフェルの産卵セットを割り出してみました。

WDなのでそのままセットでも良かったんですが、念の為ペアリングしてみたら、♂がメイトガードするかと思いきや、なんか素っ気ない(笑)
♀もなんか身体が赤っぽい感じを気にしながら投入しといたのですが、なんせメタリはケースの壁沿いに卵は産まないので、幼虫の姿が見えるまでは心配です。
採卵しても孵化まで自信がないもので、時々ケースを覗いてはひたすら幼虫が見えるのを待ってました(^^;)

そろそろ失敗か?と感じ始めた矢先の出来事!
イメージ 1
イメージ 2

PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★

見事幼虫が見え始めました
もう安心です(^^)
ホントここまで見えるとホッとします\(^o^)/
これで心置きなくセットの解体作業に入ります。
イメージ 3
結構幼虫同士で近い所に。まさにご近所さん(笑)

イメージ 4
♀が健康なら、ズレ対策に再セットしたかったんですが、不健康どころか既にお亡くなりに…
亡くなってから暫く経ってるようです。
♂はまだ生きてるのに残念でした。

イメージ 5
結局全部で13頭確保。
まずまずかな(^^)b
初令はいなく、全頭似たようなサイズなので、♀をセットに入れてからすぐに産卵した感じです。
そして産み切ったのか、産卵の途中なのかは分かりませんが、そこで逝ってしまったんですね。

この13頭は大事に羽化まで持っていきたいですね。
ただ、一度ズレで失敗してるので♂♀の判別が出来たら、温度帯変更かなぁ。

この記事に

ただいまかっつさんプレ企画の当選発表を行ってます(^^)

今回、自分は涙を飲みましたが、何名かは自分の協賛品に応募してくれたようです。
誠にありがとうございますm(_ _)m

その中で見事当選のたかパパさん、お茶に対する思いが人一倍かなり凄いです(爆)
受け取りお願いしますね〜\(^o^)/ 送るの3回目(笑)


そして次はMINAMIさんも始まります

(゚∇^*)

イメージ 2

こちらもヨロシクです(^O^)/
MINAMIさんといえばサッカー。
サッカーといえば、もうすぐワールドカップ ロシア大会。
6/19 日本VSコロンビア まさに協賛募集中の最中(笑)
監督が変わったばかりの日本、頑張ってほしいですね( ^ω^ )


え〜…

前回バラタスサスマタサイカブトの記事をupしたのですが、その時の産卵セットの組み方を変えた、その後になります。

おさらいになりますが、バラタスの最初の産卵セットの組み方は、超いい加減でした。
1つのケース(しかも中サイズくらい)に8頭の♀。
爆産を期待してブチ込んだはいいが、採れた幼虫はたったの7頭
(;゚Д゚)
自分なりに原因を考え、今度は小ケースに2頭づつ2個のセット。
その結果は
イメージ 1
6頭(-"-)
イメージ 2
10頭(-_-;)

もう♀を1頭づつにしました。

その結果、これが真の姿と言わんばかりの産み方をされてしまいました。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

あっっっという間に一杯になります(^^;)
中には卵もあり、採卵してると孵化を始めるものも💦
イメージ 7
何というタイミング(笑)

更には脱皮を始めるものも…
イメージ 8

最初に採れた7頭はそれなりに成長してます(*^^)v
イメージ 9
ひょっとしたら、この夏には繭玉を作りそうですね(^^)

それにしても、改めて爆産種の洗礼を受けた気がします。
総勢55頭以上だったかな?+卵…いくつだっけ?(笑)
とにかく、♀1頭にしたとたん急に生み出しました。

バラタスは産ませたかったら♀1頭。
調整したかったら複数入れるですかね(^^)b


やっぱり、ちょっと多いぞっ💦






この記事に


また今年もかっつさんがプレ企画のプ

ゼントを行ってます(笑)


第8回 春のプレ企画 開催中〜

協賛募集:5月21日(月)〜5月26日(土)
応募期間:5月27日(日)〜6月1日(金)) 👈いまここ
当選発表:6月3日(日) ※予定

イメージ 1

応募の最終日は6月1日‼
そして自分の協賛品はこちらです(^^)


そしてMINAMIさんも始まります

(゚∇^*)

イメージ 2

こちらもヨロシクです(^O^)/


先日、毎年行く採集場所に行ってきました。
狙いはヒラタ&ネブト。
早いかもだけど、いればノコ・ミヤマ←まだ両種期待薄(笑)
最悪コクワ(爆)

イメージ 3
毎年ここの河川敷の川柳(せんりゅう× かわやなぎ○)を攻めます。

場所はとっても良い所で、実感はないけど̠マイナスイオンはあると思います(笑)
また自然が好きなら、この風景だけでも癒しになります(^^)

今までは、ここでコクワ・ヒラタ・ノコギリ・ネブト・ミヤマの実績はあります。
しかし、その反面危険な場所でもあります。
この場所で普通にヒル・イノシシ・マムシに遭遇。そして当たり前のようにスズメバチがいます。
毎年、ポイズンリムーバーの購入を考えてはそのままになってます(^^;)


ポイズンリムーバーは無いけど、採集に最低限必要な物だけ持って、現地に着いたら柳の木を1本づつ確認していきます。
イメージ 4
ライトを照らして穴を覗きますが…いませんねぇ💦

やがて他の木で、樹液が出てるのを確認しましたが、いたのはこいつ(-_-;)
イメージ 5

相変わらず禍々しい色をしたスズメバチです。
実はこの周りには他の虫も来てました。
イメージ 6
日本の国蝶オオムラサキです。
しばらく見てると、オオムラサキは樹液欲しさに近付きますが、スズメバチの視界に入ると威嚇または攻撃されてました。
ずっとスズメバチの独占であり、国蝶を冷淡に扱うその様は、全く非国民ならぬ非国虫である。
とは言ったものの、国蝶と決めたのは人間であり、スズメバチにとってはただの邪魔者(^^;)
でも見てて腹が立ったので、叩き落とそうかとも思ったが、飛行能力を奪うか一発でとどめを刺さない限り、自分に勝ち目は無いと思ったので、モヤモヤしながら他の木に移る事にした。


途中、こんなキノコだらけの倒木を見ながら材割りも考えたが、本来の採集ではないし、道具も無いのでやめておいた。
いてもコクワだろうし(笑)
イメージ 7
材割り採集はやった事がないので、このような木がいいのか分かりませんが(^^;)

結局、10本以上の木を見て回りましたが、今年は樹液が出てる木がめちゃくちゃ少ないです。
たまにあったと思ったら、やっぱりスズメバチがいる始末。
うかつに穴も覗けません。

たまに穴を除けば、いたのはヨツボシケシキスイの群れ(笑)
コクワすらいなくて、いっそこいつらを持って帰ろうかと思ったり…(^^;)

そこは止めておきましたが、流石に近年まれに見るボーズでした。
ここの場所だけいないのか、元々少なくなってしまったのか。
或いはまだこれからなのか分かりませんが、機会があれば、もう一度チャレンジしたいですね。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事