微酔 〜BISUI〜

趣味にほろ酔い…我が家の些細なニュース(^▽^)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


平成時代に組んでた、4つのパプキン産卵セット。
セットによっては幼虫が見えて安心な物や、見えないまま不安な物もありました。
とりあえず解体作業に移ります。

1セット目
イメージ 1
入っていたグリーン系の♀

イメージ 3

イメージ 2
いましたね〜
でも、やたらサイズが違い過ぎるのは何故

イメージ 4
他にもいました。まるで初令と3令です。

イメージ 5
結果12頭

2セット目
イメージ 6

この♀、腹側は、また違う色です
イメージ 7

採れれば面白そうだな、と思ってましたが…
イメージ 8
見事なボーズ

3セット目
イメージ 9
見る角度によって、色が変わるタイプ

しかし…
イメージ 10
これも綺麗にボーズ

4セット目
イメージ 11
紫の、これも好きなタイプです。
フセツが1本無くなってるーΣ(゚Д゚)

イメージ 12
ケースをひっくり返した時点で超安心

イメージ 13
こちらは15頭

イメージ 14
採るには採れたが、4セット中2セットだけの50%の結果。
言い方を変えれば4打数2安打で、猛打賞には及ばなかった。
ちょっとモヤっとする内容でした。

しかし、♀達が元気でいてくれたのは幸いでした。
イメージ 15

そして、♂達も全て健在となれば
イメージ 16
こうしたくなります(笑)

今回のセットで、何故2セットもダメだったのか分かりませんが、未成熟なのか未交尾だったのか、または♂2頭も種無し?
全て昨年10月の羽化なので、既に半年も経てば未成熟の問題はクリアでしょう。
そして近々このペアリングから、それぞれペアを変えます。そうすれば未交尾と種無しの問題もクリアできるでしょう。
そうする事により、遺伝的に色がどう出るかは分かりませんが(´・ω・`)

あとは♀個人(個虫?)の気分とゆーか、性格とゆーか(^^;)
セットが気に入らなければ、それまでかも

















開く コメント(12)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事