微酔 〜BISUI〜

趣味にほろ酔い…我が家の些細なニュース(^▽^)

パプアキンイロクワガタ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


平成時代に組んでた、4つのパプキン産卵セット。
セットによっては幼虫が見えて安心な物や、見えないまま不安な物もありました。
とりあえず解体作業に移ります。

1セット目
イメージ 1
入っていたグリーン系の♀

イメージ 3

イメージ 2
いましたね〜
でも、やたらサイズが違い過ぎるのは何故

イメージ 4
他にもいました。まるで初令と3令です。

イメージ 5
結果12頭

2セット目
イメージ 6

この♀、腹側は、また違う色です
イメージ 7

採れれば面白そうだな、と思ってましたが…
イメージ 8
見事なボーズ

3セット目
イメージ 9
見る角度によって、色が変わるタイプ

しかし…
イメージ 10
これも綺麗にボーズ

4セット目
イメージ 11
紫の、これも好きなタイプです。
フセツが1本無くなってるーΣ(゚Д゚)

イメージ 12
ケースをひっくり返した時点で超安心

イメージ 13
こちらは15頭

イメージ 14
採るには採れたが、4セット中2セットだけの50%の結果。
言い方を変えれば4打数2安打で、猛打賞には及ばなかった。
ちょっとモヤっとする内容でした。

しかし、♀達が元気でいてくれたのは幸いでした。
イメージ 15

そして、♂達も全て健在となれば
イメージ 16
こうしたくなります(笑)

今回のセットで、何故2セットもダメだったのか分かりませんが、未成熟なのか未交尾だったのか、または♂2頭も種無し?
全て昨年10月の羽化なので、既に半年も経てば未成熟の問題はクリアでしょう。
そして近々このペアリングから、それぞれペアを変えます。そうすれば未交尾と種無しの問題もクリアできるでしょう。
そうする事により、遺伝的に色がどう出るかは分かりませんが(´・ω・`)

あとは♀個人(個虫?)の気分とゆーか、性格とゆーか(^^;)
セットが気に入らなければ、それまでかも

















開く コメント(12)


昨年、入手した怒涛の4ペアのパプキン。

そろそろ後食が激しくなってきたので、待ちに待ったペアリングをしてみました。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

イメージ 4
先ずは顔合わせ

色の配合も加味しながらのペアリングですが、正直次世代がどの様なカラーで出るのか、それは不安よりも楽しみの方が大きいです。
不安と言えば、カラーの事よりも上手く産卵してくれるかどうかですね(^^:)

1ケースに4ペアをぶち込んでシェアハウス風のみたいな感じも考えましたが、そんな羨ましい酒池肉林(諸説あり)みたいなのはもっと増やしてからにしてみようと…(笑)
この酒池肉林が上手くいけば、もっとカラーが楽しみになりますが結局1ペアづつです

そして、やがて
イメージ 5

イメージ 7

イメージ 6

イメージ 8
上記の画像とでは順不同となってますm(_ _)m

4ペアをハンドペアリングする程の時間的余裕は無く、ましてやほぼ♀殺しの無いパプキンなので、ペアにした後はしばらく放置です。
多分ですが、上手くいってるのではないでしょうか?
メイトガードっぽい光景が見られます。


ただ、これを眺めてての疑問…とゆーか感想ですが、

「そこに愛はあるんか? 信じあえる愛は、あるんか?」

大地真央さんになった気分です(笑)
個人的に、どーもあのCMに感化されてるようです💦

その問いには、
多分、無いでしょう(爆)

無くてもいいから、後に産卵セットを組んだら、まずは産卵してほしいです。

開く コメント(12)

いきなりですが、
12月10日、夫婦で人間ドックに行って来ました。

自分は定期的に血液検査はやってるので、それらの結果はおよそ見当がつきます。
血液検査以外の、心電図・レントゲン・骨密度・エコー・胃カメラ等、普段やってない検査結果が怖いです💦 
特にエコーは、同じ個所を何度も時間をかけてグリグリしながら画面を見てたので、まさか…

また嫁は丁度昨年の今頃、動脈解離という命に関わる病気をしてたので、1年経っての検査は丁度良い機会です。
オプションでMRIもやってきたので、自分より詳しく結果が分るでしょう

既に血液検査と胃カメラは結果を教えてくれましたが…様子を見ましょうって事で💦
他はお互い何ともなければ良いのですが、自信は全くありません(^^:)





ここ最近は、パプキンの産卵が上手くいかなくて、下手すれば途絶えそうな勢いです。
そんな中、2頭羽化し、1頭蛹化しました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
マットでの飼育でしたが、この2頭が蛹の時は、真面目に♀かと思ってました(笑)
しかも2頭とも蛹室を作らず、マット上に転がって蛹化( ̄▽ ̄)
あえて人工蛹室にも移さずにほっておいたら、完品羽化してました(爆)

イメージ 4
もう1頭は蓋沿いですが、ちゃんと蛹室を作り、顎もちゃんと伸びてます(^^)

実はこの3頭で幼虫は終わりです。
親の世代はまだペアでいますが、その♀がなかなか産まなかったので、もう無理でしょう。
その結果ニョロは全て♂なので、終了は目に見えてます。

しか〜し、そこは天の声か悪魔の囁きか、ある御方から「パプが入ったよ。」と連絡があり、即答で見に行く約束をしました(^^)
※ここはブログUPしていいのか分からなかったので、人物等詳しくは伏せておきます。

その結果、入手できたパプキン達。
イメージ 6

イメージ 5
グリーン系・パープル系を各1頭。
ブルー系(モスグリーンかも)2頭。
蛍光灯の下での撮影は発色がムズイです(^^:)
ウチで羽化したのとは違い、かなり立派な顎です(笑)
話を聞いた所、これらもマット飼育だそうですが

このブルー系の♂の腹側が、また面白い。
イメージ 7

イメージ 8
しっかりパープル系になってます(^^♪


そして♀達。
イメージ 10

イメージ 9
グリーン系・パープル系各1頭。
ブルー系2頭。

こちらも腹側が面白い。
イメージ 12

イメージ 11

イメージ 13
足と腹の色が違ったり、前足はグリーンで後ろ足はブルーと前後で色が違ったり、足の付け根だけブルーでそこから先はレッドだったり。

このような素晴らしい色をしたパプキン達4ペアを入手させて頂きました。

最近は時期的にあちこちでイルミネーションが目立ちます。
クワガタは蛍のように発光はしませんが、クワガタの中の色虫と呼ばれるものは、これはこれで光らないイルミネーションって感じです(^◇^)

ちなみにこれらはまだ羽化して間もないので、既にブリ出来るかもしれませんがしっかりと成熟させます。


来年のブリがとても楽しみです





開く コメント(28)

薄幸美人( ̄_ ̄|||)

今回も寒い中、屋外でのパプキンの割り出しを行いました

10月に組んだその数4セット。
しかし、全てニョロが見えません。
少々放置していた影響もあり、乾燥気味にもなってました(*‘ω‘ *)

このまま置いといても、産むことはないだろうと意を決しケースをひっくり返します。
イメージ 1
ケースの底に固詰めした部分は、まるでビスケットのようになってました(笑)
乾燥気味を差し引いても、産卵した形跡がまるでありません(;´Д`)

それでも卵はないか、初令の幼虫でもいいからいないか、もちろん確認はしました。
イメージ 2
やはりいませんでした(/_;)

しかし、これはこれで、綺麗な”産卵二番”が出来ました(笑)

そのまま次々と産卵セットを暴いていきますが、どれ一つ幼虫どころか産卵の確認すら出来ません。
そこまで来ると、頭の中は葬送行進曲がループし始めます
いわゆる撃沈ってやつですね。
イメージ 3
♀は1頭落ちてました(T_T)
残りの3頭は、まだ健在です。
もちろん次のセットに行ってもらいます。ですが、念の為にもう一度♂と一緒に同居させます。

この子達に、ちゃんと♀の役割を果たしてもらいたいですね。
でないと、せっかく美人で羽化したのに、産卵という♀の幸せを体験しないまま★は忍びないです。1頭そうなってしまいましたが…

去年の話ですが、パプキンは3回目のセットで成功した例があります。

今回の4セット全てボーズは凹みましたが、アキラ100%諦めませんよ〜100%('◇')ゞ
この子達は幸薄い事が無いように頑張ります。
裏を返せば自分がホクホク( *´艸`)

ちょとブラックな自分がいましたが、このままでは鬼門種に戻ってしまうので、何処かで負のスパイラルは断ち切りたいですね(^^)

開く コメント(22)

かっつさんの春のプレ企画も大盛況のうちにそろそろ終焉ですね(^^)

そして新たな企画を思案中の人がいるようです(笑)
そのうち発表があるでしょう(^-^)v



昨年12月に割り出したパプキンのニョロが、最近羽化し始めてきました。
まだニョロのままや前蛹、蛹とその姿は様々です。

で、どうしても♀の色が気になって気になって、プリカの窓越しでは見え方はたかが知れてます。
羽化して翅が固まるまでムラムラ・イライラ・他(笑)しながら蛹室から動き出したのを見計らって割り出し決行です。
イメージ 1
ブルーが強めに出たもの。

イメージ 2
グリーンが強めにでたが、角度や光によってブルーが出るもの。

主にこの2種類です。
イメージ 3
親もこんな感じなので、しっかり遺伝してますね(*^-°)v

イメージ 4
♀が先行して多く羽化してますが、♂も羽化し始めてます。
今のところ2頭だけの羽化ですが、同じ色彩です(^^)
明るいグリーンってとこでしょうか。


パプキンは別系統でもう1種類いますが、そちらは産卵が遅かったので、まだ前蛹にもなってません。
こちらは赤系統が出ると思うので、やっぱり待ち遠しいですね(*^^*)


次はブリ作業ですが、必ず成功する自信がありません(*´ω`*)
少しでも多くペアリングできるようにしたいですね。
万が一…いや、億が一(?)爆産したら、その時はその時で悩みます(爆)


♀を産卵セットに入れちゃうと、せっかくの色虫の意味が無くなっちゃうので、それまで色彩を楽しませてもらお!(笑)

開く コメント(16)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事