微酔 〜BISUI〜

趣味にほろ酔い…我が家の些細なニュース(^▽^)

ビシグナートゥスコクワ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 
FC2ブロガーさんのかっつさんが、第9回のプレ企画を発表しました(^^♪

イメージ 5←クリック
 

協賛募集:5月13日(月)〜5月18日(土)←今ここ
応募期間:5月19日(日)〜5月25日(土) 
当選発表:各協賛者様から発表

今回は今までとルールが変更してます。
詳しくはバナーをクリック!ヽ(^。^)ノ

さて、、、自分の協賛は…今年もアレかな


今年の3月に、前蛹&蛹だったビシグナートゥスコクワ。
今ではカップの中で、なんかモゾモゾと動いていたので取り出してみました。
イメージ 1
90ccのカップで1本返し(笑)
さて、どんなサイズなのか、ある意味楽しみです(爆)

イメージ 2
最初に取り出したコイツ。

なんだ♀かと思って次を開けたら…
イメージ 3
あれ?
こっちが♀?
じゃ、さっきのは…♂?💦

どうやらそのようで、コクワでコアゴばかりを出しました。
イメージ 4
なんか赤いのも混ざってますが、取り出すのが早かったのかな(^^;)

しかし、ビシグナートゥスの特徴でもある、お尻の紋はしっかり健在です(^^)
イメージ 5
小さいお尻ながらも、綺麗な紋が出ました (´艸`*)

親のサイズは測ってませんが、この子達も測る気はありません(笑)
親越えもしたかどうか

↓今回羽化したWF1
イメージ 6


↓参考の親WD画像
イメージ 7
結論:微妙に親越えしてません(笑)
更に小さくなってる個体もいます(爆)
アゴも、元々こーゆーアゴなんでしょうが、更に短くなったコアゴもいます。

いくらコクワでも、1月に産卵セットから割り出して、半年もしないうちに羽化では無理もないかも ( ̄▽ ̄)
初飼育なので、もしかしたらこういう物なのかもしれない。
次世代はじっくりと育てれば、多少は大きくなるかな (#^^#)



開く コメント(8)


1月に割り出して、まだそのままだったビシグナートゥスコクワ。
そろそろちゃんとした入れ物とマットに交換しようと考えてました。
イメージ 1
先日確認した時にマットの上に出てきてるニョロもおり、大きくなってきたなぁと成長を感じてました。
交換するにしても、そういえばクワ用のマットが無かった事に気づき、この日の為にと発注しておきます。

イメージ 2
マットも届き、いざ交換…と思いきや、なんかカップの底に小窓が見える。

えっ?…ええっ⁉ Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

イメージ 3
前蛹

イメージ 4


1月に割り出して、カップもそのまま90㏄(笑)
12月孵化だとしても、3月に蛹化って…(^^;)
小型のコクワとはいえ、ここまで早く大人になりたいのか

ここまで早い蛹化に心当たりが無い訳では無いんですが、…多分温度が高かったせいでしょう。
温室の中のスチロールに入れておいて、更に冷えないように蓋をしておいたので、恐らく常に28℃〜29℃位じゃないかと💦

理由はこれだけではないかもしれないが、なってしまったものはしょうがない。

って事で、結局交換できずに、またスチロールの中へ元に戻しました。
イメージ 5
カップの底に蛹室を作ってたので、ひっくり返しておきます。

90ccのカップで蛹化は、初めてだな〜(´艸`*)
羽化したら、かなり小さいぞ〜ヾ(≧▽≦)ノ

せっかくマット買ったのに〜(;´・ω・)


開く コメント(10)


今年になってから早くも日付は10日。
早すぎる。ついこの前にクリスマスを迎えたばかりだと思ってたのに、いつの間にか年末年始になり、そして1月中旬になろうとしている。
このような感じで歳をとっていくんだろうな〜(笑)
もうすぐ「よいお年を〜」と言うのかな?(爆)






先日ビシグナートゥスコクワの割り出しをしてみました。
イメージ 1
セットして2ヶ月以上経ってます。

繁殖は簡単と聞いて、セットの組み方も聞いてました。
こんな感じかな?と柔材を1本2/3くらい埋め込んで、マットはクワデブロプロで組んでました。
温度はやや高めだった(とゆーか、なってしまった^^;)。

いざ蓋を開けてみると
イメージ 2
材にかじられた跡が見られません(。-_-。)

そして片隅に
イメージ 3
♀が息絶えておりました

正直、この時点で失敗か?と覚悟を決めましたが、材を持ち上げてみると
イメージ 4
マットに埋まってた部分には、かじられた跡があります(^。^)
どうやら埋まってた部分を集中的にかじったようですね。

そしてマットの方を見ると
イメージ 5
なんとニョロがいるではないかーヾ(≧▽≦)ノ
しかもここだけで3頭(^^)v
材からこぼれたようですね。

気落ちしてた気分が逆転したのは言うまでもありません。
イメージ 6
まずマットから確認していきますが、マットはとても乾燥してました。
もはや硬さはビスケット並み(笑) 水分はほとんどありませんが、そんな所にも1頭出てきました。
このマットを食してたなら、きっと口の中の唾液はマットに吸い取られてたでしょう(笑)

次に材の確認です。
めくっていくと食痕を見つけました
イメージ 10
この食痕をたどっていくと

イメージ 7いました

そして他の場所にも
イメージ 9

イメージ 8
久しぶりに材の割り出しを楽しんでます(^^)
でもセットして2ヶ月以上経ってた割には、初令もそこそこ出てきました

イメージ 11
結果的に15頭。
爆産ではありませんが、細い材ではこのくらいだったかもしれません。
また、もし材を全埋にしていたら…また違った結果だった可能性もあります。

イメージ 12
そうは言っても、初めて組んでみて15頭はまずまずの結果だと思ってます。
あとは出来るだけ羽化させるように努めることですね。

このカップのマットはLBマット使用。
これしか在庫がなかったとも言う(笑)
ある意味、初令からこのマットを使った結果も楽しみです。
しかし所詮小型のコクワ。体長に影響があるかは分かりませんが、せめて長歯のオチが欲しい所です(≧▽≦)









開く コメント(10)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事