KFT むかし ものがたり

魚釣りと昔話とフライフィッシング

KFTむかしばなし

すべて表示

第八十六章 レイクトローリングの奨め

第八十六章 レイクトローリングの奨め

イメージ 1

おいらは、疑似餌(ルアー、フライ)餌釣り、投網もやりますが、の主に湖沼で油鰭の有る魚を釣る事が大好きです。
釣人の中には、竿を振ってるだけで満足だとか、釣れなくても竿を出せれば良いなんて言うことをよく聞きますが、おいらには、そんなの釣れない人の、負け惜しみにしか聞こえません。
釣人は誰でも、大きい魚を多く釣りたいと思うのは誰でも同じ筈です。
キャスティングでは、一人で操作出来るロッドの数や、攻略できるポイント(棚も含めて)や範囲も限られます。
それこそ、良い時期と良い場所がドンピシャでないと釣果が期待できないのですが、しかし、多くの釣り人は頑な拘りでキャストをしているように感じます。
このロッドが良いと言えば、そのロッドを購入して、あのルアーが良いと言えばルアーを購入すると言う様にキャスティングに固執してます。
また、ウェーディング等は冷たい湖水に腰まで浸かるため、いくら良質ウェーダーを着用しても体は冷えるし腰痛になりそうです。
おいらには、これらの事は、販売側の戦略に巧く乗っているとしか思えません。
キャスティングでは場所取りも多く盛期の良い場所は、ほとんんど空き無し状態です、良い時間ともなると、 気配を消す処か隣でバシャバシャとこれじゃ魚は釣れません。
 
そこで、レイクトロ−リングの奨めなのです。
レイクトローリングとは、湖での引き釣りの事で、ルアーでもフライでもキャストするのでは無く、船で引くことです。
フライでキャスティングするまで、移動をボートで引っ張る事をハーリングと呼びますが、おいらはこれらもトロ−リングでOKだと思います。
レイクトロ−リングのメリットは、色々有ると思いますが〜まずは、レッドコアーラインやダウンリガーを使用して深い棚でも疑似餌を長く通す事が出来ることでしょう。
また、釣人から距離を離しての釣りも出来るのです、さらにはキャスティングでは届かない距離まで疑似餌を到達させることが出来、有効なポイントを、長く通す事が出来る釣り方だと思っています。
例えば、50mキャストして、水深10mの深さの長い距離を通すことが可能でしょうか?実際はキャストした距離の50mの半分以下でしょう。
キャスト地点で、いくら沈めてもキャストでは限界が有るのです。
魚釣りでは、この、ヒットゾーンと言われる場所に長い時間、釣針を置く事、ヒットゾーンに疑似餌(ルアーやフライ)を長く通す事が魚のヒット率を上げる事では必要となるのです。
ただし、表層に魚が集中している時等は、キャスティグの方がピンポイントのコントロールも可能で、さらには手返しも早く有効だと思います。
この様な、良い時期は滅多にあるモノではありませんし、この瞬間を待ち続けるのも、拘りの世界の事ですから、それも有りとしますが、おいらはそんなの待てません。
レイクトローリングには、速度やタックルで、いろいろなバリエーションが存在します。
山上湖で春のお祭りが終わり、山上湖も夏へと様変わりしますと、表水温は18〜24度となり、一定の水深までが、表水温とほぼ同じで18〜24度となります。
この状況では油鰭は生活適水温では無くなります。
しかし、一定の水深以下では、水温が急下降する場所が出現します。
この水温が急下降する層が、Thermocline(サーモクライン:水温躍層)と言い、有る程度水深の有る温帯地域に属する湖沼で夏場に発生する状態なのです。
この時が、レイクトローリングが有効な季節となるのです。
この、水温躍層は、その湖沼の高度、地形や場所、水流でそれぞれ違います。
琵琶湖では深い場所に出現し、中禅寺湖では浅く、芦ノ湖はその中間と言うように形成されます。
夏場に、このサーモクラインを狙うのがトローリングのセオリーとなっているのですが、レイクトローリングは全シーズンの釣りが可能となります。
例えば、モノフィララインでの表層引きも可能になるのです。
初期の浅場では船から距離を離し人の気配を消すことも、レイクトローリングの活躍のステージだと思います。
次はセオリー。
レッドコアーラインでの、浅・中層引きです。
深場ではダウンリガーでさらに沈めた釣りを、プラナーボード(アウトリガー)で船のサイド方向に離して釣りをする事も可能です、これら全てがレイクトローリングなのです。
また、中禅寺湖で発達した姫トロもレイクトローリングの釣りですし、最近ではレイクトラウト狙いで、底スレスレを引くズル引き、ホンマス狙いの高速引きや、琵琶湖のダウンリガーで水深40mに生息するビワマスを攻略することも可能となりました。
ダウンリガーの釣りでは、ロッドは通常のスピニングロッドでも可能で、別のウエイト(10LB以上)にリリーサーと言う洗濯バサミ見たいなモノで、ラインを挟み目的の棚まで沈めるのですから、ただ、魚を釣るロッドの他にウエイトを沈める道具が必要ですが、狙った棚へのアプローチは正確です。
以上の様にレイクトローリングと言ってもいろいろ有りますが、狙う油鰭の生態の適したタックルで釣る事、これが最大の要でして使用するルアーも1cm程の物から10cmを越える物まで、材質も多種多様です。
以上の事から、湖沼で魚を釣りたいのなら、レイクトローリングしか無いと思っています。
でも、キャスティングで魚を、釣る事も楽しい事は釣った者にしか分からない事でしょうし、おいらも承知してます。
同じ、50cmの魚を釣っても、レイクトローリングで釣った魚と、キャスティングとでは、喜びが違うの事も知っています。
レイクトローリングの最大の醍醐味は、自らの操船で如何様にも出来ることで、過去の経験値を活用し、現在の魚影を確認して、操船を駆使して、魚の居る棚を出来るだけ長い時間釣針を通過させること、この一点でしょう。
キャスティングは、より面の釣りに近い釣りであり、レークトロ−リングは、キャスティングより、さらに、立体的な釣り言えると思います。

湖沼で、魚を釣りたいならレイクトローリングでしょう。

                                         By〜KFT会長

その他の最新記事

すべて表示

あれから1年がたちました。

2012/3/11(日) 午後 3:28

あれから1年がたちました。   去年のあの日、私は家族の安否を確認すのに必死でした。 その晩は家族と妻の両親と避難所に避難しました。 一晩中余震が続いていました。 暗く長い夜でした。   今特集のテレビを見ています。    

最悪の事態発生!!中禅寺湖に解禁延期要請 3月8日、中禅寺湖に栃木県が解禁延期要請 栃木県発表 http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/houdou/gyoruihousyanoukensa120306.html 検査結果 http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/houdo ...すべて表示すべて表示

鬼怒川漁協からの発表がありました。 原文のまま引用 2012年解禁延期のお知らせ 当組合管轄の河川から採取したヤマメから1キロ当たり100ベクレルを超える放射線セシウムが検出されました。 これまでの基準500ベクレルの放射性物質暫定基準値が、4月に新基準値の100ベクレルに引き下げられる事に伴い、 解禁を日を延期せざるを得 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事