国際学院高校陸上競技部

練習日誌や最新情報など更新します

全体表示

[ リスト ]

春季合宿 御殿場


まもなく3月が終わり新年度に入ります。
3月は、様々なことがあり現部員たちは前向きになれないことも多くありましたが、
先日の中学生記録会を成功させた経験が大きく自分たちはできると感じることができました。
また学業面においても、1年間を通して部員の85%が成績優良者になる等、これまでの先輩たちの結果を
上回る部分が出てきたことも自信につながっているようです。
また、陸上や勉強を両立させることはもちろん、人と人とのつながりを大切にすること、「信頼」というのは
この部が活動していく上で大きなテーマです。
卒業生は、大学で競技を続けるものが多くいますが、それぞれの分野で信頼を大切に努力してくれることを信じています。

さて、3/24〜29の日程で、静岡県御殿場市で春季合宿を行いました。
合宿の目的は、チームとしての組織力を向上させること、試合期に向けてスピード感覚を変化させることです。
練習場所は、御殿場市陸上競技場や宿周辺、芝生の公園、プールや体育館など様々な場所で行いました。
この時期としは肌寒い日が多くあったのですが、この条件の中では、質の高い練習ができたと思います。
ミスや課題も多くありましたが、少ない人数の中で選手それぞれが良く考え有意義な合宿となりました。
イメージ 5
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

また、ミーティングや講義を積極的に行い、体だけではなく頭を使う合宿となりました。
競技に関する知識やケガ予防に関する知識など、選手は様々な観点で学ぶことができました。
イメージ 4
特に、大きなけがなく部員全員が継続して練習ができたことはここ数年なかったことなので、
成果を感じています。
冬季練習の中でも例年よりケガが少なくできていることは、練習内容や時間を改革してきたこと、部員全員の自己管理能力(セルフケア)が向上していることが考えられます。
4月に入り、行動面のレベルが一段階上がれば試合での結果につながってくると思います。
これからの仕上げが重要です。

選手には、このような合宿は様々な人の協力があってできることだということを感じてほしいと思います。
面倒を見ていただいた宿舎や競技場の方々、サポートしてくれるトレーナーさん、そして普段から協力を惜しまない保護者の方々、これだけ恵まれた環境の中で練習ができていることは当たり前のことではありません。
ぜひ結果で恩返しができるようがんばってほしいと思います。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事