国際学院高校陸上競技部

練習日誌や最新情報など更新します

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

最後の競技場練習

今日は、午前中に学校での練習組と午後から熊谷での練習組に分かれて練習を行いました。
午前の学校は、県大会に出場しない選手たちと混成・投てき・100mHの選手で行いました。
分かれて行った分、選手たちの動きを丁寧にみることができました。
イメージ 1
イメージ 2

午後から行った熊谷では、走幅跳の選手と400mRや400m、400H等の周回種目が中心でした。
県大会前最後の競技場練習です。
400Hでは200Hを小林が28秒台でまとめ、小川も28〜29秒で走りました。
いよいよ小林は本来の動きを取り戻してきました。
もう少し時間があれば自己ベストも狙える状態なのですが、県大会ではひとまず関東出場権に狙いを定めます。
小川は2台目以降のインターバルが19歩となるため、少し前半部分が遅れてしまいます。
しかし、持ち味である200m以降の切り替えがうまくいけば62秒台は確実に出ると思います。

走幅跳の木下は助走がかなりよくなってきました。
課題である踏切までのリズムアップも3回に1回くらいですがかなり良い感触の跳躍ができるようになりました。
この踏切までの流れが安定してくれば県大会はビッグジャンプが期待できます。

ロングスプリントは300mT.Tがメインでした。
小笠原が40秒台をマークするなど調子を上げてきました。
しかし、マイルリレーでの活躍が期待される大谷や青田は
脚の状態が良くなく練習を見合わせていたことから今日の記録はよくありませんでした。
南部では結果が良かっただけにここで調子を落としてはいけません。
反省が必要です。

さて、課題が最も多かったのは400mRのバトンパート練習でした。
新井や村松が加速走で練習ベストを大きく更新するなど、調子が上がっているのは
間違いありませんが、
初歩的なミスも多くあり、バトンパスの精度がよくありませんでした。
オーダーを変えたということもあり、
混乱している部分もあると思いますが、
3年生主体のメンバーだけに工夫をして乗り越えてほしかったところです。
バトンパスは常に100発100中でなければならず、
なおかつラウンドがあがるごとに精度をあげていかなければいけません。
そのためには、「決めごと=コンセプト」の共通理解が必要です。
本校では、「受け手の出るタイミングを一定にすること」と「受け手は逃げる意識、渡しては追い越す意識」
を大切にしています。当たり前のことですが、コンセプトを理解して実施すればバトンパスは安定します。
今日は、そのコンセプトが見えず準備段階でのミスもありました。
昨年は7位という厳しい結果を体験しているメンバーたちだけに
気づいてほしいところです。

県大会まで後6日です。
選手たちの主体的な取り組みに期待します。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事